ヴィンテージはどこへ

以前、製造から半世紀近く経った1960年代70年代の時計のパーツ、特に針がそろそろヤバいのではないかという記事を書いた。トリチウムが焼けたオリジナルの文字盤に真っ白いハンズのバランスはとても恰好悪いとも。

今回は他のパーツの話。少々マニアック。「いつまでも交換用パーツがあるわけではない」がテーマ。一例を挙げる。まだ記事にしていないが、デイトナ16520のサファイアグラス(風防)は私が探した限りではどこにもなかった。これはちょうど2年ぐらい前、仕事でアジア中を飛び回っている多忙な友人からOH代行を頼まれたときのこと。軽い気持ちで引き受け、代理で日本ロレックスにOHに出した際、後日ロレックス社から電話がかかってきて風防の交換を勧められたのだ(絶対条件ではなかった)。サファイアグラスの交換などもっての外だと思った。なぜなら、ご存知のように初期のエルプリは当然透かしの王冠マークなし、日ロレで交換すると王冠マーク付きの風防にされてしまうからである。しかも交換したことがわかる、王冠の下のスペースにSが横向きに記載された変な王冠マークに。預かり物にこんな処置を施すわけにもいかないので風防交換は断った。書き忘れていたが、預かり物は黒文字盤の初期225タキ4ラインである。針や文字盤はもちろん、竜頭もプッシャーも交換無しだから極上品といって良い。いつかこの時計を譲って欲しいとあれから2年経った今もそう思っている。

それでOH期間中に正規品の風防をどこかで入手して、日ロレ以外の工房で交換しておいてやろうと、まあ親切な私は考えたわけである。そこで色々と探したのだが、王冠マークのないオリジナルパーツの風防25-295(サイクロップ無し)はどこにもないのだ。私が甘かった。八方手を尽くしたがどこにもない。有名なメンテ屋さんに問い合わせたがどこも「在庫なし」。海外もない。いや海外は怪しいのならある。ひとつだけ香港のショップでそれらしい中古を見つけたが、純正品の保証はないし、WEBでは傷の有無もよくわからず断念。仕方なく先ほどの連絡のあと、OHが上がり、その受け取り時に日ロレのカウンターで相談。そうしたら白衣の人が出てきて、「いえね、この風防は他の16520のとちょっと違うんです。かといってマガイ物や社外品と断定するには質があまりにも良すぎるんです。このモデルの最初期には他にもちょっと他と違うところがある(変な日本語で申し訳ない)んですが、全貌はもうわからないんです。だから先日電話で交換のお話をさせていただきましたが、ワタシ個人の見解としてはこのままでいいと思います」。このコメントはマジで現役の日ロレ技術者の言である。深いなあ。80年代後半の時計でこれである。まあ頻繁なオーバーホーラー(ハハハ)として優遇されているのかもしれない。いや実際のところ、恐ろしくて計算していないが、私が日ロレにOHに出した数と金額はなかなかスゴイゾ。

少し話が逸れたが、今回書きたかったことはデイトナ5桁のオリジナル風防の入手がきわめて困難というかほぼ不可能だということ。ロレックスのオリジナルパーツの豊富さには自信があるという某工房もこれには「う~ん無理です」と。もちろん、あるところには有るのかもしれないが、私が探した範囲ではどこにもなかった。ついでに書くとフラッシュフィット503も入手は難しい。503Bではない。初期3駒ヘアライン・シングルバックルブレス用のフラッシュフィット503。つい先週、私が見る限り初めてヤフオクに出てきて結構な入札が入り、2万円近い価格で落札されていた。何度も書くが、80年代後半の時計のパーツでもこんな具合である。60年代となると…。

後日談。デイトナを返却するときに、上の経緯を話すと、所有者は海外のショップに頼めば風防なんていくらでもあるよと。げっ、そうなのか。ヴィンテージはネットワークさえ持っていれば、まだまだ全然オッケー、大丈夫だとも。それに風防など社外でもいいのだ、意外と細かいことを気にするのだなとも。そ、そうなのかー。

これからのヴィンテージはどうなるのだろうか。発売から結構な歳月が経った今は曲がり角なのだろうか。いやたぶん曲がり角なのは我々の側なのだろうという気がするが、そのあたりは次回に。
IMG_2162.jpg
スポンサーサイト

週末はデイトナを

この前ちょこっと普段使いの時計について書いた。基本的には赤サブ1680。これを毎日。文字盤と針、ベゼル以外すべて(ケース、ブレス、リュウズ、裏蓋、風防)オールニューとなったこの時計を使い倒すことにしている。月曜日の朝から木曜日の帰宅時まで。そして気持ちウキウキの週末金曜日はデイトナ白16520。これを翌土曜日いっぱいまで。日曜日は基本的には時計をせず、やや進み傾向の1680の時刻を修正して翌日の月曜日に備える。たまの旅に出るときはGMTマスターⅡ16710。ここ一番の勝負時はエクワン114270。

ということで明日はデイトナである。これが妙にうれしい。私は前回の記事で告白したように、元々きらびやかな時計は苦手。何度でも書くが、本当にこの時計は私には似合わない。申し訳ない気持ちすらしてしまう。ゆえに、L番のブレス78360シングルロックの中駒が鏡面ではないことは私にとっては救い。だが、デイトナはベゼルとブレスの中駒がキラキラするから美しいのもまた事実。矛盾しているようでそうでもないことは、前回の記事を読んでいただければわかってもらえるはず。ただ、何年製を選ぼうとも、5桁だろうが6桁だろうが、デイトナが似合う男はそうそういないぞと、これも繰り言になるが書いておく。それはファッションとの取り合わせとかではない。品性とか品格とかの問題。それぐらい秀逸なデザインだとつくづく思う。

このデザインの素晴らしさに最も貢献している(と最近個人的に思うようになった)のは、ど真ん中に真っ直ぐ王冠マークを貫く太く大きなクロノグラフ針の存在ではないだろうか。この基本的には動かないハンズが中心に鎮座していることのすばらしいさ。バランスの絶妙さ。眺めるたびにそう思う。

現行との比較では好き好きではあろうが、私はやや派手になった現行よりはエルプリの方が好みである。特に現行のデカくなった米粒のようなインデックスがやや苦手。インダイヤルの位置(現行はやや上に上がった)はどっちでもよい。

着け心地はサブやシードよりこっち。6桁のデイトナは着けたことはないので比較できない。色の人気は黒のようだが、私はまったく迷わず白。この時計は美しい。その美しさは私の中で純白の白でこそだ。毎週金曜日の朝、私はこの時計をするときにうれしくてちょっと照れる。そういう時計。週末の恋人。書いていて気恥ずかしいが、だから白。プッシャーからの浸水がおっかなくて私はこの時計を水洗いしたことは一度もない。サブやエクワンはジャブジャブだ。そのぐらい扱いが違う。

東京の桜はそろそろ満開。当たり前だが2015年の春は一度きり。みなさん、よい週末を!

16520LW.jpg

逡巡の末に

昨年末に知り合いから旧エクワンを入手してから、途中で想定外のGMTマスターⅡの海外購入というオマケはあったものの、それを除くと今年の上半期は新たなロレックスの購入はなかったわけだが、それはこれから先自分がどういう方向に向かうべきかずっと惑っていたからに他ならない。あくまで5桁にとどまるか、現行6桁にも目を向けるか、4桁アンティークに行くか、この3択である。

5桁にとどまるということは、おそらくはもう購入のペースは落ちることになる。欲しいモデルはほぼ手に入れたからだ。だが、ずいぶん冷めたとはいえ、まだくすぶるロレックスの余熱が私の中にはあり、それはエアキング5桁や、あるいはサブノンデイトの買い戻しぐらいで収まるとも思えない。そのことはロレックスの強烈な熱波にやられてしまっている諸兄にはわかっていただけると思う。ただ多くの人と同様に私にも有り余る金があるわけでもなく、とどまらないならば、手持ちもある程度はリリースしなければならないわけで、どれもがお気に入りで手放せる5桁がほとんどない私にとってそこが悩ましいところであった。

6桁だとシンプルにデイトナだと思っており、バーゼル以降はそこに新シードも加わったのだが、正規店には入荷しないのに、転売用だったのか、並行ショップに大量に並ぶ現行デイトナ、そして大幅な値上げ、どうにもこうにも今のロレックス社に共感する気持ちを持てないこと(そんなことはそうでもいいじゃないかという意見はごもっとも)がブレーキとなった。それについては春先にさんざん記事にしたのでここでは割愛。それでもデイトナに魅かれる気持ちは確かにあった。現行6桁、エルプリ搭載5桁デイトナともに。ただ6桁のデカいインデックスよりは5桁エルプリのほうがやや好み。

おそらくデイトナは、そういった惑いの中で、3択の内、6桁と5桁という2択を横串にするモデルとして、私の意識にその存在が浮かび上がってきていたのだと思う。今日はそのことについて書くが、その前にもうひとつの選択肢である4桁について簡単に書かないと、今回の記事は意味がなくなってしまう。

私が最も向かいたいとおもったのは実は4桁である。一体何度店舗に足を運んだことか。何度所有者の時計を拝ませてもらったことか。4桁のデイトナ、ミルガウス、GMTマスター、サブマリーナー…。ヴィンテージ物の魅力とはまさに世界にひとつの時計との出会いに思えた。新しい時計というのは、カスタマイズしない限り、どれも同じようなもので、私の5桁もそうである。だが、数々見てきたヴィンテージ物は様々な環境における経年変化を遂げ、どれもが世界にふたつとない顔となったいて、それはまさに世界にひとつしかない時計との出会い。もちろん各人が所有する時計はそれがどんなものであろうと世界にひとつしかないものだということはわかって書いている。だがベゼルに傷が走り、ハンズとインデクッスが絶妙に焼け、時の流れを感じさせる、ややくたびれた文字盤、そうした個体を見ると、そこに多くの人が魅せられる理由は理解できた。

その一方で私はアンティークロレックスにはどこか脆さというか儚さというかそういうものを感じざるを得なかった。5513のトリチウム縁なしインデックスとハンズはもうぎりぎりのところで何かが保たれており、やはり私は“遅かった”のだと感じた。この感覚はわかってもらえるだろうか。年を取ったとはいえまだ続くであろう我が人生を、熟からむしろ枯れへと変貌しつつあるこれらの時計とともに過ごすことに、果たして意味はあるだろうかなどとジメジメ(&うじうじ)と考えるのであった。この半年、5桁の時計とともにとどまりながら、現行へも行けず、4桁にも向かえず、その逡巡の中に私はいた。

春先に訪問させていただいた際にJFKのオーナーに「次はデイトナを考えています」と話をした。だがデイトナと一言で言い、仮に手巻きを除外しても1987年の生産から今日まで27年もの期間があり、私は自分で口にしながらもよくわかっていなかった気がする。帰京してからも私は何度も店舗に足を運び、多くの“デイトナ”を眺めたが、よくわからないは、ますますよくわからないにおちいっていくも、やはりヴィンテージ志向が強くなっていったのだろう。一度高年式のデイトナ(エルプリ)を案内いただくも辞退させていただいたことも記しておく。

前置きが長くなったが、このたびようやくデイトナエルプリ(L番)を購入した。もちろんさんざんお世話になったJFKさんからである。初期L番白、ベゼルも文字盤もノーマルなものというのは、稀少好きの私にとっても珍しいことかもしれない。絶妙なタイミングだったのは、私がデイトナに行くのならアンティークへの入り口ともいえる、できるだけ古いモデルと、ようやくにしてほぼ決めた時期だったことである。

20年以上も前に生産されたこの時計を入手したことは私にとって意味深い。今私は4桁の入り口にいる。この時計のことを好きになれば、たぶん私は新しい扉を開くことになる。今回私があまり悩むことなく、ほぼ最初期の16520を購入させていただいたのは、そういう意味合いを持ってのことであったということを重ねて書いておく。

ようやく手にしたデイトナ。私がこの時計に魅かれる理由はデザインしかない。それにしても参ったな、満足度は抜群に高いが、きらびやかで自分には全然似合わない(笑)。デイトナの魅力のひとつにブレスの中駒がポリッシュであることが挙げられるが、この時計は古いのでヘアライン、その地味さが私には救い。これまで日中に時計をしていて、文字盤を眺めることなどほとんどなかったが、この時計だけは頻繁に目を遣ってしまう。参ったな、これがキングか。最高だ。自分の仕事の周辺でデイトナが似合わない幾人かの人を見てきたが、自分ももろにそうだ。金さえあれば買えるが、こいつは持ち主を選ぶ時計。個人的な感覚だが、それは社会的地位や金の有る無しではなく、その人が持って生まれた品格というか気品というか…。特に白は。やっちまった、似あわない分不相応な時計を買ってしまったもんだ。参ったな…。気に入ってしまった。

16520L.jpg

初心者(私)のためのデイトナ考~16520

予定を変更して、一度没にした「初心者(私)のためのデイトナ考」原稿をアップ。最初に書いておくが、私はデイトナを所有していない。今は本文を書き終わって、最後にこの冒頭文章を書いているのだが、所有していないくせに、よくもこんなに長い原稿を書いたものだと我ながら呆れている。こんな酔狂な人間はなかなかいないのではないかと。

デイトナに対する淡い憧れのようなものが心中に芽生え、旧型デイトナ16520を候補にしたのが、この原稿のきっかけであった。3月ぐらいのことかと。いつものように買うなら最終に近いAやPと考えていたが、書いている途中にちょっとその辺りの気持ちは変わってしまったのだが、それについては別の機会に。いずれにせよ、所有していない者が書いたという意味で、深みや愛情には欠けるかもしれないが、公平かつ中立な視点ではあると思っている。

書くにあたって、結構な数をショップで確認、また幸い知り合いが古いシリアル(R,L,T)を所有しているので、つぶさに観察をさせてもらった。感謝である。

一度この原稿を没にしたのは、実を言うと書いた後で画像をアップすることが苦痛だったから。ただそれだけ。画像を探してアップすることというのは私にとっては単純作業でしかなく、そういう行為は苦手かつ嫌いである。

「かばち(方言)はよかじゃ」と怒られそうなので本題へ。この方言は広島周辺の友人にうつされた。まあ文句とか屁理屈とかいう意味である。

かばちたれ(屁理屈をたれる人のこと)。。。苦笑

////////////////////////では、以下もう数週間前に書き終えていた原稿をアップ/////////////////////////////////////////

コスモグラフデイトナの旧モデル16520の古いシリアルにはベゼルや文字盤の組み合わせが何バージョンもあり、今日の記事は自分への備忘録として残しておく。

まず16520の文字盤にはmark1から7まで、そしてベゼルはmark1から3までが存在する。文字盤の種類については諸説あるが、私はmk7までを認識している。最初の発売は1987年、今から27年前ということになるので、初期シリアルもはやアンティークに分類してよいかもしれない。シリアルはRからスタート、L, E, X, N, C, S, W, T, U, Aと続き、2000年のPでディスコン、現行の116520へと引き継がれた。

まずは文字盤(mk1~mk7)から。
mk1はいわゆる段落ち。1行目にROLEX、以下OYSTER PERPETUAL, SUPERLATIVE CHRONOMETER, OFFICIALLY CERTIFIED, そしてなぜか1行空けてCOSMOGRAPH。これはフローティン・ダイヤルと呼ばれる。下のインダイヤルの6が逆6。なぜ1行空けたかという意味を知りたくなるが、どこを読んでも出てこず、この現実をただ受け入れるしかない。

mk2はOFFICIALLY CERTIFIEDの表記が取り払われているが、もちろんクロノメーターの検定は通っていることは言うまでもなく、なぜこの表記が消えたかはやはり謎。4段目にCOSMOGRPHの表記。最初期のR番とL番のみに見受けられるたいへん稀少な文字盤。やはり逆6。それと大事なことなので、よく見ていただきたいのだが、mk1とは文字のフォントがまったく違う。

mk3は通常5段表記。mk1で空けてあったところを単に詰めたということがわかる。mk1とまったく同じ書体であることに注目したい。これにより、mk1とmk3は同じ工場での製造と推測される。同じ5段で字体の違う文字盤があってこれがmk4。mk2と同じ書体ならわかりやすかったのだがまったく違う。短期間の逡巡の末に5行表記に落ち着いたのは、これが最もバランスが良いとロレックス社が認識したからだろうが、皮肉なことに生産極少のmk1,mk2に今では人気が出てしまっている。ここまでが逆6。

mk1からmk4までの文字盤上部のパターンの違いについては海外サイトから拝借した画像を載せておく。くどいがここまではすべて逆6。従って単に逆6であることはレアでもなんでもない。文字盤で稀少なのは、mk1とmk2、つまり段落ちと4列表記。
dial16250-mk1.jpg

dial16520-mk2.jpg

dial16520-mk3.jpg

dial16520-mk4.jpg


mk5はN番の途中からU番までで、通常5段表記、逆6が正6に修正されたもので、最初の数年はmk3やmk4が混在している(たぶん)。意外と知られていないが、同内容で記載位置だけが大きく違う文字盤があって、それがmk6。5行目のCOSMOGRAPHの位置が左右インダイヤルの頂点との比較で、それぞれ違うということがわかるように赤線を引いた。写真はともに90年代後半の正6。ここまではすべて最下段はT-SWISS MADE-Tとトリチウム表記。一応mk5とmk6の比較画像を乗せておく。
5列1 - コピー5列2 - コピー 左がmk5、右がmk6。


最後にmk7。これはAとP番。夜光がトリチウムからルミノバに変更され、最下段からtが取れて、SWISS MADEとなる。ただA番にもT表記があるものがあり、それが後述する表記はTだが実際にはルミノバ仕様なのか、それともA番でトリチウム文字盤があるのかはどうかはよくわからない。いずれにせよT-SWISS MADE-T表記のA番があるということは書いておく。


次にベゼル。mk1がいわゆる200タキ、mk2が225タキ、そしてmk3が一般的な400タキ。本当はタキメーターにもmk4以降があるのだが、あまりに微小な差異なので省略させていただく。

さて、16520は、文字盤もそうだったが、ベゼルもmk1とmk2が稀少で、これらの組み合わせは最初期のRとLの品番にしかない(E番にも極少有りとの噂)。以下に文字盤とベゼルの組み合わせを羅列していく。

まずは文字盤mk1 & ベゼルmk1の組み合わせがこれ。いわゆる段落ち&200タキ。初期の最も古典的な組み合わせ。サンプルは少ない。黒文字盤は特に稀少。
rolex_daytona_floating_dial_bonanno_3-318x331.jpg
この前コメントをいただいたきむーさんがこの組み合わせのブラック文字盤mint品を所有されている。10年後のPNになるかもしれないと勝手に予想。⇒きむー!の趣味人生謳歌 with ロレックス。

次に文字盤mk1&ベゼルmk2。段落ちに225タキメーター。なぜタキメーターの目盛が変わったのか、やはりわからない。これも個体は少ない。
mk1mk2.jpg


文字盤mk1 & ベゼルmk3。このベゼルは400タキという、その後の標準デザインとなったもの。この組み合わせの実物は見たことなし。だが、この写真は当時の冊子からなので(違ったかな?)、あるにはあるのだろう。
mk1mk3.jpg


では次に4列表記の文字盤mk2 & 200ベゼルmk1。サンプル少。特にこの黒文字盤。
2740930gross.jpg


文字盤mk2 & 225ベゼルmk2。サンプル少、やはり黒文字盤は滅多に見ない。
mk2mk2.jpg


文字盤mk2 & 400ベゼルmk3。
b3c21a6f3343a3dd247d321eed5f084d.jpg


最後にノーマル文字盤mk3。まずはmk3 & ベゼルmk1。これは多分オリジナルでは存在しないのではないかと。この写真の文字盤はT表記がないので、後年に交換されていることがわかる。あるいはベゼルを後で着けたか。ただし、先週ヤフオクでこの組み合わせが出品され、150万円弱で落札、それはT表記だった。あっても不思議ではない。
pro_image211632395032465.jpg


文字盤mk3 & mk2。これもレアだが存在する。私はギャラ付きのこの個体を見たことがあるので。
449_3527c7f57b9e6a.jpg


そしてノーマル&ノーマルなmk3 & mk3。現行116520も基本はこれ(インダイヤルの位置は違うが)。
2670284c.jpg


数学の3×3で9パターンだが、mk3 & mk1のみ未確認で、あとの8パターンは存在する(多分)。ちなみに便宜上、文字盤mk3にはmk4以降も含ませてもらった。それと最初のR番にmk3 & mk3の通常型も発売されたという、1987年当時時計店に勤務していた人の書き込みを読んだことがある。つい先ごろそういった個体が売られているのを見ているし、L番でも散見される。多分事実だろう。


組み合わせについてはここまで。このmk3のあとに字体だけが3と違うmk4があることは前述したが、mk4とベゼルのmk1,mk2の組み合わせは調べていない。それとSぐらいまでに黒文字盤の3つのインダイヤルにブラウンダイヤルが存在。これはWとSに顕著で、この時期ににそれまでと違う塗料を塗ったか、あるいは上塗りしたかよくわかっていない。ただ、いくつか見た限りだと、それ以前のシリアルでもやや薄いブラウンに変色している個体は存在し、同時にほぼ白色のものもある。ロレックス社はこれを劣化ではなく、ただの変色と認識しているので、このことによる強制的文字盤交換はなされていない。現行にはない現象であり、アンティークぽくて個人的には嫌いではない。
16520ブラウン


次に(今日は長いゾ)、ベゼルの彫り(数字とアルファベットの部分)。基本的には深掘り。最後期であるAの一部(未見)とP番に浅彫りがあり、日ロレで交換すると今はすべて浅彫りタイプとなる。なお、この部分はインクが落ちた個体も多いが、後からの墨入れが可能なので、マジックで書いたりしてはいけない。

ブレス。N番の途中まではシングルロックでセンターもヘアライン、つまりキラキラしていないタイプ。78360のFF503。Nの途中(だったかな?もう確認が面倒)からセンターが鏡面、かつダブルロック(78390&FF503B)に。A番からはFF(フラッシュフィット)が一体型(78390A)に。ちなみに、78360も78390もともに他モデルとの共用だが、FF(フラッシュフィット)の503,503Bはデイトナ16520専用のもの。パーツとしてあまり出回っていない。またP番の一部に、クラスプのロックの王冠マークが小さくなったタイプがある。今交換すると小さいタイプになるらしい。こだわる人はとことんこだわろう。んなこたあどうでもいいだろうという人はスルーで。はい、そこ、喧嘩しない。

ブックレット。デイトナの冊子は、最初期のみ、表紙の英文字が白で、ここではmk1の200タキモデルが掲載、1988年か89年の途中から金文字に変更、ベゼル400の記載のみとなっている。尚、この白表記の冊子はすごい高値で取引されている。おそらくRとLの初期までにしか付属していないので稀少なのであろう。私はなぜかこの冊子を所有しているが、本体を所有せずに冊子だけを所有しているというのも実に情けない話ではある。
16520booklet-1.jpg 16520booklet-2.jpg


いくつか例外について。最初期の白文字盤にporcelain dialという、エナメルのようなキレイな文字盤が存在する。実物は見たことないのだが、写真(前掲のmk1 & mk1がそう)で見る限りはたいへん美しく、個人的には最も魅かれる16520である。その分目玉が飛び出るぐらいに高価。

逆6について。最初期からS番の途中までに見られ、前述したように逆6はまったくレアではない。
逆6-1a


又、16520の後半はUが過渡期だったようで、本来はA番からのFF一体型がU番最後期にも一部見受けられ、かつU番とA番にはトリチウム表記なのにルミノバが施されているモデルがある。たぶん細かいことに拘らないロレックス社が余ったT表記の文字盤を使い回したものと思われ、調べれば調べるほどに、ロレックスにはこういう、ある意味ずさんな事例が多く、人々が希少性を見い出してもその本質はその程度のことが多い。注:A番のT表記はもしかしたら実際にトリチウムなのかもしれないが、調べるすべが私にはない。

ああ疲れた。これから写真を貼りつけるのか、面倒である。読んでいる人はもう画像が貼りついているはずだが、冒頭に書いたように私はこの作業が嫌い。だが、これをやらないと今回の記事は訳がわからないので後で仕方なくやる。

そうそう裏蓋のことを忘れていた。裏蓋は16500表記である。これはコンビモデルと共有しているからと思われる。それとこのデイトナリサーチで知ったのだが、ムーブメントにも実は年代を特定できる固有のシリアルが刻印されており、OH技術者はそれで改造品を初期的には見極められるとのこと。知っている人には周知のことであろうが、私は知らなかったので蛇足ながら書いておく。

調べてみて、まあ単なる工場による種々の違いを、オタクたちはよくぞここまで追いかけたものだと、自分のことは棚に上げて述べておく。それが中古価格に反映することの下らなさと可笑しさ…。でもこういう部分に価値を見い出すこと、そのものは否定しない。というか、私は好きなほうで、そういう私のような人間を狙って、希少なものには高値が付けられるというわけ。ただ、さすがに数百万円の値付けを見ると、どうぞどうぞご随意にと。と言っても古いRやL番は少なくとも私が知る限り、国内ではどこの店にも在庫はなく、仕方なく冒頭にも書いた知り合いの所有物(200タキ、225タキ)を見せてもらったのだが、彼いわく16520の最初期は文字盤が痛んでいる個体が多く、非常に手を出しづらいモデルなのだそうだ。

元々ムーブメントについてはよく分からないので、私はエルプリメロに価値は見い出してはおらず、このコスモグラフ・デイトナというモデルがスポロレのキングなのかどうかはよくわからないが、デザインは数ある中で圧倒的な格好よさを誇っていると思える。それと、個人的にはブレスの中駒が鏡面であることは好きではないが、鏡面であるベゼルとのバランスにおいて、デイトナにはきらきらブレスの方が合っていると思う。そうそう、そのこと。書いておかなくては。色々な16520を見て、このモデルの恰好良さはベゼルの輝きにあると思えた。それゆえここが傷だらけの個体はまったく良いと(私は)思えなかった。鏡面で傷が付きやすい箇所だけに、ここの見極めは重要だと思える。ベゼルが傷だらけだったり、そこの文字がはげているようなアンティーク感丸出しの16520は、この時計本来のきらびやかさが失われており、そこは枯れにこそ価値があるGMTやサブ系のアンティークとは違うなあと、やはりデイトナはドレス系に近いと、これは個人的な感覚。

これより過去に遡ると手巻きということになるが、もう私の手に負える領域ではないし、興味も持たないように戒めている。日ロレでOHを受け付けてくれないという事実はやはり大きいが、それ以上に何度も書いてきた通り、私のような初心者が真贋を見極めることは難しい。私個人に関しては、前々回記事の“知らぬが仏”の境地にでも達しない限り、そこへは足を踏み入れないようにしたい。6265シルバー文字盤にはひっじょうに魅かれるが。

OHについて補足。あるショップの方の弁によると、過去に日ロレでOHを受けている個体は、手巻きであっても今も受けてくれることがあるのだという話も聞いた。おそらく上顧客と認識した顧客に対してだけなのだろうし、真偽のほどは定かではないが一応記載しておく。

といったところで、やっと今回の記事はおしまい。間違いもあるかもしれないが、正直言ってもうどうでもいい。特にブレスの変遷は調べるのが面倒だったのでかなり適当。写真だけでは後年に代えられている可能性もあり、判断が難しい。他にももっと細かい差異があるし、実は付属品についても、16520にはどんな赤タグ(裏のホログラフ[三次元画像]が今とは違う)やグリーンタグが付いていたか、パスケースはどうかとか、紙製の外箱のデザインの違いとか、もろもろ知識は得たのだが、今日のところはこの辺にしておく。

なぜならこの後古いサブマリーナが控えているから。というのは嘘。サブマリーナについては書かない、多分。

くれぐれもこんな記事にインスパイアされないように。何といっても私自身がこの時計を持っていないのだから。

大事なことを忘れていた。デイトナ16520はどうか。総体的に自分はどう思うか。それぐらいは書かないと締まらない。ショップでいくつも見て、とってもいいと思った。思ったが、私には針が見づらく、時計なのに時間がよくわからない(特に黒)、というのが今日のオチ。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR