アンティークロレックス

アンティークロレックス。いい響きである。あの枯れた独特に味わいとともに、私のように希少好きにはたまらない魅力がある。いや正確にはあった。赤サブや赤シード、チェ・ゲバラがつけていたというGMTマスター1675など。

だが、幸い今の私はアンティークロレックスにはまってはいない。それには理由がある。

あるときネットで状態もよく、付属品完備が完備されているGMTマスター1675を見つけた。二週間ぐらい悩んだ末に、現金をディーパックに入れて、その店を訪問して見せてもらったのである。それを手に取ったときの感触が、その後の私を決定付けた。それは決して大げさなことではない。あの軽さ、特にブレスのチープさ、ああこれは自分は駄目だと思えたのだった。いくつかある個体すべて、私にとって魅力的には思えなかった。

そこにあるのは、今の堅牢性を有するロレックスとは比べ物にならない進化する前のロレックスであり、私のまったく知らない人とともに時間を共有し、良くも悪くも枯れてくたびれた時計であった。アンティークロレックスを批判しているのではない。むしろ逆である。長い歳月をともに過ごし、そのことが刻まれた時計を持つことができるのは素晴らしいと感じる。自身もまた歳月によって枯れていく存在であるがゆえにだ。あの時、手に取った時計たちに私は愛着を持つことはできないと感じ、そして私がまだそういう時計を持っていないことを、多少の寂しさとともに恥じたのであった。時計というものが人と時を刻むために生み出されたのだとということを、あれらの時計が改めて教えてくれた気がする。

あの時の感覚によって、自分にとっての時計というものが何なのか、どういう意味を持つのかがぼんやりとだが見えてきたのだった。どれだけ人に恵まれ、充実した人生を送ろうとも、人はひとりで生まれ、一人で生き、そしてひとりで死んでいく存在であり、当たり前のことだが人生というものは孤独なものである。そういう意味で、何年も何十年も時間をともに過ごす時計というものは、ただの“モノ”以上の何かではないのか。そんなことを考えたのだった。

買う気満々で店を訪問したため、店主に詫びを入れたあと外へ出て私は大きく息をついたことを覚えている。何かが閉ざされたが、逆に何かが開いた瞬間だった。私はロレックスデビューが遅かったために、だからこそ好きな時計とともに残された時間を今からでも刻みたいと思ったのだった。

下記はちょっとすごいアンティークロレックスマニアたちの集まり。これを見たら傷とかまったく気にならなくなるから不思議。

Passion Meeting 2010

アンティーク3
スポンサーサイト

ロレックス最新モデル

本日、日本ロレックスのホームページで新しいロレックスのモデルがいくつか発表されている。あまり現行品には興味がないので、さほど楽しみにしていたわけではないが、中々のラインナップである。

デイトナはプラチナ仕様なので、おそらく価格はとてつもなく高いものになるだろうが、このアイスブルーの文字盤はとても美しい。サイズアップの噂もあったが、40mmにとどまった。

ニューGMTマスターⅡ。こちらも現行よりは数段恰好よくなっている。個人的には意表を突かれたブラック&ブルーのベゼルカラーはたいへん美しく、針のブルーも悪くない。価格次第では人気モデルになる気がする。ニューヨットマスターといい、ブルーが今年の、あるいはこれからのロレックス社のコーポレートカラーになるのかもしれない。

今回の発表を受けて、現行や中古品の相場がどうなっていくかを読むことは難しいが、おそらく現役続行が確定的な現行のデイトナSSの価格は落ち着く方向に向かうのではないかと予測する。現行GMT116710lnはこれまでのディスコンモデルのように高騰するのかどうか、多分それはないと思うのだが…。

この後に控えているのは、全体的な現行品の値上げであり、そのことと今回のラインナップを併せて鑑みると、ロレックス社が着実に富裕層にターゲットを絞ってきたことを痛感する。そのターゲットから外された自分を含む日本の中間層は、これからもロレックスを愛好するにしても、一体その全体のフィールドの中でどこに居場所を見つけるべきのだろうかと、そんなことを改めて考えさせられた今回のニューモデル発表であった。

new daytona

大らかに

いくら大衆時計とはいえ、やはり高額商品なのだから、ロレックスの時計に完璧性を求めてしまうのはわかるのだが、時計関連のの掲示板などを見ていて、あまりにも細部にこだわるのはどうかと思う。

多いのはベゼルの三角マークが12時の位置とわずかにずれているとか、24時ジャストに日付が変わらないとか、リューズの王冠の向きが真っ直ぐではないとか、まあその類である。

時計に限ったことではないが、海外の人、特に欧米人はあまり細かいことを気にしない。だが日本人は自分も含めて、新品には完璧を求める傾向があり、特に高額品はそうあるべきだという思い込みがある。

そういった細かいことを気にして、日本ロレックスに持ち込んでも、大抵は許容範囲ですといわれるのがオチだ。よく見れば、自分のロレックスだって、ルミナスポイントは微妙にズレているし、キズミで見れば風防の中に怪しげなものも見えなくはない。

もちろん購入時によく確認することは大事なこと。だがそれにも限界はあるし、使えば当たり前に傷だらけとなる消耗品ゆえ、細かいことは気にしないでおこうと自分を戒めている。数少ない楽しみである分野でストレスを感じることは馬鹿馬鹿しいという思いもある。どうせなら大らかに楽しみたい。

最近使い始めた旧シードゥエラーは一体何時ぐらいに日付が変わるのだろうと注視していたら、約2分前だった。ちょっと早いとは思うが、まあ別にどうってことはない。

下記は自分の所有する旧型グリーンサブ。よく見るとベゼル上部のルミナスポイントがのっかった▽と文字盤の12時の位置がややずれている。ただそれだけのことだ。

そのことについて付記しておくと、先日ルミナスポイントが取れて、日本ロレックスへ修理に出したサブマリーナ14060Mもやはり最初からわずかにずれており、調整依頼を出したわけではないのだが、戻ってきた際にはピッタリの位置に直されていた。ベゼルプレートを自分で外せる人は簡単に調整できるようだ。

16610lvzure.jpg

これからのロレックス中古品相場

2013年のバーゼルワールドが近づいてきており、またロレックスの一斉値上げが噂される今、つらつらとこの先のことを考えてみた。元々現行品にはあまり興味のないほうなので、主として関心は現行品値上げ後の中古動向に向いている。

ここ数か月の円安による並行品の価格高騰に引っ張られる形で、ロレックスの中古も結構な値上がりをして、今は高値で安定している状態だが、中古ロレは正規価格改定以降、更に高騰していく気がし始めている。特に旧モデルの中で人気の時計はそうなるのではないかと。

具体的にはここでも何度も書いてきた、旧グリーンサブ16610lv。これは間違いない。絶対に入手困難になる。他では今や貴重となった36mmの旧エクワン114270、2~3色ベゼルの付け替えが可能なGMTマスター16700、16710などもガンガンと値上がっていくという嫌な予感がある。これらはすべて後継である現行品に大きな変更があり、歴史が継承されなかたゆえに貴重さが増したモデル。大穴で、ディスコンとなったターノグラフにも一票(前も書いた)を入れておく。

逆にヨットマスターやサブデイト、サブノンデイト、黒サブ、青サブなど、マイナーチェンジのみで6桁モデルへ継承されたこれら5桁の各モデルは今ぐらいの水準をキープするのではないかと予想する。

だが、それらだってどうなるかわからない。近い将来にやってくるのは、正規ショップにおいて、現行のデイトナSSやディープシーが120~130万円、サブデイトが90万円などという状況である。ある意味そんな異常事態になった際に、ロレックスの中古が気軽に(と書けば語弊はあるが)30~40万円台で買える状況が続いてくれるであろうか。そうであれば幸いだが、「ちょっとがんばればロレックスが買えた時代もあったんだよなあ」などと振り返る嫌な時代が来てしまうかもしれない。

こういう状況を踏まえると、将来手に入れたいと思うモデルがあるなら、やはり今の内に買っておくべきかもしれないと考える。個人的には、上述したモデルの中では、すでに所有している16610lvや売却した114270は別としても、やはりGMTマスターは手に入れたいと思う。だが、我がこだわりの16710M番はまったく出てこないという状況ゆえ、将来さらに高騰するのであれば、最終品番に拘らずに状態のよいのにいくか、その前の16700も射程に入れるべきかなどと考え始めている。

いずれにせよ、ロレ好きはいま、将来を見渡す眼力が問われていることは間違いない。16610lvと高年式の114270で程度のよいものは今のうちに手に入れておくべき。個人的な見解に過ぎないが、強くそう思う。

追記:先日、中野のかめ吉を覘いた際、114270のデッドストックがあった。HPには載っていない。価格は確か60万円台だったかと。探している人は電話して確認を。

4/20追記:本日、DUELでは114270が549,770円と55万円を割った値段で掲載されている。シリアルは不明も、これならかつての正規価格にもうひと息。

012.jpg
休眠中の16610lv


委託品

GMTマスターⅡの旧モデル16710の最終品番Mシリアルについては、このブログで何度か触れてきた。最も欲しいロレックスで、探し出すことも困難なモデルなのだが、実は少し前からクォークの委託品のページで販売されている。価格は中古で998,000円。定価をはるかに超える価格で、さすがに購入する気は起きないのだが、正直にコクると気になって仕方がないデス。早く誰か買ってしまってくれないものかと。

他にもここではシードのV番デッドストック(1,038,000円!)、旧グリーンサブのランダム品番デッドストック(878,000円)など、価格は別として最終品番好きには興味深い個体がずらり。

ついでに書くと、デイトナのポールニューマンモデル白は700万超え。これはもう笑って眺めるしかない。

http://ikebukuro.909.co.jp/cat94/


シードゥエラー~16600

サブノンデイトに代わり、現在普段使いしているシードゥエラー~16600、ケースの大きさは気にならないが、厚みと重さは相当なもの。そういう意味では存在感は抜群の時計である。これまで、私はどちらかと言うと小ぶりな時計をつけることが多かったので、なおさらそう感じるのだろう。

最大の難点はブレス。私は腕周りが16cmとやや細いほうなのだが、シードのブレスは6時側の駒が5つまでしか減らせない(同じ5桁でも旧型サブは4.5駒まで減らせる)ため、クラスプの位置が安定せず、時計本体が手首の向こう側、つまり小指の方向に流れてしまうのである。これを解消する方法は下記の3つかと。①右手首につける、②6時側4つ目の駒をカットする、③ブレスを逆付けする。

①については、右利きの人は普通は右手首の方が太いので、私のようにやや緩い者には有効。ただし自販機やポストに手を突っ込んだ際に、かなりの確率でガリっとやってしまう。

②はネジのない6時側の4番目の駒を外す。つまりそのネジを切断して外してしまって、ネジのある5つ目と3つ目を繋ぐというやり方なのだが、これは大変な労力だし、後戻りも出来ないという意味において少々非現実的。

③はバネ棒外しで6時と12時位置のブレスを外して逆に付ける。ただし、やった人は分かるだろうが、ラグに横穴のないバネ棒は外すのは簡単だが、戻すのは結構大変で、気をつけないと傷だらけになってしまう。

今はまだ少々の不具合には耐えながら、そのまま着用しているのだが、これから暑い季節になり、ブレスを洗浄する際に③にしようかと考えている。

そのブレスの不具合と重さ&厚ささえ克服できれば、シードゥエラー16600は最高に格好良く、これが似合う男となるようがんばらねばと、そんな風に思わせてくれる時計である。

053.jpg

Gシリアルとランダムシリアル

G番とランダムについて書く。当初Gシリアルはわずかな期間にのみ製造され、その後はランダムという流れになると予想されていたが、現状では両方とも普通に並行して製造されているので、自分の中ではどちらが後先という認識はない。従って、私が所有していた旧エクワンと今も所有する旧グリーンサブはそれぞれG番とランダムだが、自分の気持ちの中ではともに最終品番の扱いである。

ロレックス社としては、アンティーク市場の活性化はまったく社の利益とはならないため、勝手な推測だが、その将来の市場を縮小させるために、製造年が判別できないこのランダムシリアル発行に踏み切ったのではないかと考える。アンティークの世界では何年製かということは判断の非常に重要な要素だからだ。実際問題として、国際保証書が欠損した多くのロレックスが中古マーケットで売られているが、これまでは6時側のブレスを外した箇所に刻印されているシリアルナンバーによって、おおよその製造年を推し量ることができた。だが、ランダムだとそうもいかないため、発売日が記載されているギャランティーは、これまで以上にとても大事なものとなるはずだ。

この先ずっとランダムだけで、Gの後にアルファベットシリアルが出ないのであれば、やはりG番は将来そこそこ貴重なものになるのではないかという気がするのだが、やることに謎の多いロレックスのこと、しれっとGの後に何か他のアルファベットシリアルが出てきて、またランダムと並行することもあるのかもしれない。そういうよくわからないところが、またロレックスの魅力でもある。

旧グリーンサブは将来の希少モデル?

相変わらずロレックスは新品・中古を問わず高値安定中である。今の円安傾向は当分止まらないだろうから、過去1~2年はまさに“買い”だったのは間違いない。問題はこれから更に急激な値上がりがあり得るということで、そうなると新品に手が出せない層による、中古市場の活発化につながっていく可能性がある。

間違いなく価格が上昇していくと個人的に予想するのが、旧グリーンサブ16610lv。これは生産年が短かったため個体が少ないのと、後継機種が大幅なモデルチェンジ(文字盤が黒から緑)を遂げていることが主たる理由。つまり歴史が途絶えているがゆえに貴重なモデルとなっている。比較として書くと、例えばサブマリーナのノンデイト14060Mは生産も長期に渡った上に、後継の114060がマイナーチェンジであったため、歴史は継承されており、希少性というものはまったくない。サブマリーナ・デイトの16610lnも同じ。そういう意味では、逆に現役時代は不人気だったターノグラフあたりは将来化ける可能性もあるかもしれない。

GMTマスターⅡは、通称PEPSIといわれる赤青や赤黒カラーのベゼルが現行ではなくなっているため、おそらくこれからも16700や16710はそれなりの人気を持ち続けるのではないだろうか。ただし今年の新作でその2色のカラーが復活するという噂もあるので、そうなると話は別であるが。

デイトナはちょっとわからない。このモデルはこれまで射程に入れたことがなく、知識も乏しいので記載することは控える。おそらくは今年のバーゼルでの目玉はこのシリーズのはず。

旧グリーンサブに話を戻す。このモデル、今は未使用だと70万円台の後半の値付けだが、数年後にはそれよりはるかに高い値がつく気がする。所有しているからといって、贔屓目に書いているつもりはない。先週中野のONOMAXで売りに出されたランダム未使用が798,000円で、今現在商談中。九州のJFK collectionではFシリアルの未使用が750,000円で販売中ある。ちょっと前まで500,000円前後で買えたわけだから、過去に視点を向ければもちろん高いのだが、物の価値というものは常に移ろいゆくものであり、今を起点として将来を見据えるならば、欲しい人は今買わなければ、この旧グリーンサブがこれから先、今より安くなることはまずない。

当分はこのぐらいの価格が続いて、ブツがマーケットで枯渇した後はもう手の届かない値段になっているのでは?というのが、私の(外れることも多い)予想である。

14060M帰還

002.jpg

ルミナスポイントが取れてしまって、日本ロレックスにベゼル交換に出していたサブマリーナ・ノンデイト14060Mが帰還。元々この時計のベゼルディスクは文字盤の12時位置から若干ずれていのだが、特に調整依頼をしなかったにも関わらず、そこの部分は矯正され、上の写真のように真っ直ぐになって戻ってきた。ちなみに今回の交換はベゼル全体ではなく、ベゼルディスクのみである。

この時計はリリース候補なので、そのまま大事に箱にしまう。先週あるショップに14060Mの下取り価格を尋ねたところ、結構な価格(購入価格より遥かに高い)が示された。実物を見せたわけではないので、割り引いてとらえるべきだろうが、それにしてもここ数か月のロレックスの高騰を改めて思い知ったのであった。あえて急ぐ必要もないので、この先に欲しいモデルでも出てきたら、そのときに売却をと考えている。今は収納棚の中で、グリーンサブ16610LVと仲良く並んでいる。

この14060Mを箱にしまった代わりに、ようやく普段使いする決心をしたシードゥエラー16600の保護シールをすべて剥がしたのが数日前。2008年の生産から5年を経て剥がされるシールは、べっとりと付着していて、何というかそれは自分の執着の象徴のようなものでもあった。購入から約1年。随分と時間がかかったものだ。シードを腕につけてみて、やはりそのデカさというか、厚みと重さを実感しているところだが、シードについてはまた別に書く機会を設けようと思っている。

さて、この14060M。同じサブマリーナでも、街中では圧倒的にサイクロップレンズがついたモデル(16610,116610LN)のほうをよく見かけるが、私は時計で日付を確認する習慣はないし、その大きなレンズ(嫌いではない)は多少文字盤のデザインバランスを悪くしているように感じるのでノンデイトのほうが自分は好ましい。

やや話は逸れるが、少し前まではサブマリーナやシードゥエラーには潜水士が映っている取説が附属されたが、あれを見るたびに、潜水士の時計に日付表示があって、探検家(EXPLORER)の時計にないことはどう考えても変だろうと、多少の可笑しみとともにそう思う。いくらなんでも水深200mの海底で「今日は何日だったっけ?」と日にちは確認しないだろうと。逆に探検家にはぜひとも付けてあげたい機能だ。そういう意味でも、サブマリーナといえば、自分の中ではノンデイトこそが正統なモデルであると勝手に思っている。

このモデルは昨年後継である114060が発売されており、堂々としていて恰好いいが、やはりラグのあのデカさはやや苦手。買ってしまえば気にならないのかもしれないが、私は5桁モデルのほうが好きである。

エクスプローラーⅠ~114270

034.jpg

リリース時計第3弾。エクスプローラーⅠの114270。この時計はすばらしい。この36mmというサイズと100gちょっとという軽さは、自分にとってはジャストフィットである。エアキングの34mmでもいいが、やはり36mmが自分の腕周りにはベスト。今でもこの時計を手放した自分の決断には驚く。

探検家を意味するこの時計は一般的にはスポロレの位置づけだが、日付表示(探検家には大事だろう)をはじめ、ほとんど何の機能も付いていないことから、個人的にはロレックスのスポーツ系というよりはカジュアル時計と認識している。

何度も書いているが、吉祥寺のDUELで手に取ったときのあの感動は忘れられない。この時計の究極的なまでのシンプルさにはある種の“美”を感じたほどだ。知り合いが1016を所有しているが、これもまたすばらしく、どうも私はエクスプローラー・シリーズが持つ雰囲気や個性がとても好きなようである。

だが新型214270は駄目。単にケース径を大きくし、針はそのままのサイズというのは、いくらアバウトなところがあるロレックスにしても、これは受け入れがたい。基本的に長針は分を表す印字にギリギリ届く長さが普通であるし、視認性からもそうあるべきなのだが、この新型エクスプローラーはたぶん前の114270と同じ針を使っているのではないかと思われ、長針の先は印字にまったく届いていない。天下のロレックスがそんな不精なことをするのかと訝る人もいるかもしれないが、そういうところのあるメーカーだと思っている。それでも視認性が増すとか、デザインがよくなったのならともかく、その逆な結果だけに、私はこの新型には魅力を感じない。所有し愛好している人には不愉快な文章で誠に申し訳ないのだが。

世界的な傾向で時計の大型化が進み、それに対応したのだろうが、エクスプローラーは超然と36mmのままであって欲しかった。あのシンプルさ、軽さ、それでいて何ともいえない颯爽とした格好よさ。本当にいい時計だと、手放した今もつくづく思う。あえて難点を書けばブレスだろうか。中空で高級感がまったくないことと、6時側の駒が5つまでしか外せないため、腕の細い者が装着すると、小指の側に時計が落ちる。ちなみにそのあたりのことは今の6桁モデルのブレスでは改良されている。だが、そのチープさも、この時計にはそれが合っているというか、そういうところも含めて、不思議な魅力に溢れた時計だった。

もしもこの先エクスプローラーⅠが36mmに戻ることがないのならば、程度がよく高年式の114270には、将来にわたって高い価格がつくに違いなく、Gシリアルのデッドストックなら、もう少し寝かせておいてもよかったのでは?などというヨコシマな思いもなくはない。それ以上に、これだけ好きなモデルを手放したことへの後悔も多少はある。だが時計を売るっていうことは、多かれ少なかれそういうものだろう。一度は強烈に好きになって手に入れたものなのだから。そう考えると、それはまるで男女の関係にも似て、自分は多情な男であるなあと思ったりもする。

038.jpg

オイスターパーペチュアル日本限定〜116000

096.jpg

リリースした時計の振り返り第2弾。この時計は私が知る限りは未使用ではもうどこにも売っておらず、そういう意味では希少な個体なのだが、まったくと言ってよいほどプレミアはついていない。

元々オイパペの位置づけが中途半端な上に、一見すると似ているエクスプローラー114270の黒い文字盤との差別化が図れなかった。文字盤で両者の最も違う部分は、12時のところが116000はロレックスの王冠マークでエアキングと同じ仕様である。114270は白い逆三角のマーク。パッと見はそれぐらい。

ただし両者を並べると質感はまったく違う。両方を持っていたので、その感覚は間違いない。高級感は116000のほうが断然上である。ブレスも6桁仕様特有の堅牢性がある。

だが、その高級感が裏目というか、それは両者における差異ではあっても、ロレックスというブランド全体においては、中途半端な高級時計の位置づけでしかなく、結果として個性に乏しい時計となってしまった。それはオイスターパーペチュアルというシリーズ全体の不人気の要因に通じることであり、要するにこのモデルに反応する顧客の顔が見えないのだ。

114270は軽くて薄っぺらく高級感には乏しいものの、そのことが逆にカジュアルな時計としての価値を持ち、流行に敏感な若者層を中心に高い支持を受けた。ロレックスといえばコンビや金無垢の成金趣味であるという、一般的な概念を打ち破るに格好のモデルとして人気を博したのではないか。

どういう経緯で黒文字盤の116000が生産され、それが日本にだけ卸されたのかを知る由もないが、確かなマーケティングに基づいたものではなかったのであろう。ロレ初心者だったとはいえ、日本限定に反応して、苦労の末に手に入れた者としては、多少の痛みを伴う振り返りである。

だが、この116000は控え目で個性に乏しいからこそ、仕事ができる知的なビジネスマンが、さりげなく着けるにはいいモデルだと思う(残念ながら自分はそういうビジネスマンではなかったが…)。サブマリーナあたりのスポーツ系はスーツには合わないというか、大事な交渉の席などでは個性が強すぎる。あくまで個人的な感覚だが。

最後に日本限定ということについて。日本人はブランドといえばヨーロッパという固定概念があることは否定できない。どれだけセイコーの時計が機能において優れていようと、ロレックスというブランドを超えることが出来ないのは、そういう日本人のメンタルゆえであろう。カルティエだろうとヴィトンだろうと、日本限定は日本人には響かないのではないか。もしも116000が「スイス限定500個」であったら、また違ったのではないかと想像したりもする。

これが入手できたときはうれしくて、苦労して裏蓋のシールを剥がしたことを思い出す。一番愛着の持てなかったモデルだが、それでも手放すとさみしいもので、いやはやロッレクスというブランドの力は怖ろしい。

094.jpg


プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR