知らぬが仏

ここのところ、相変わらず時間を見てショップを巡っているのは、古いロレックスを見るのが楽しくて仕方がないからで、どうにも私はアンティークに魅かれているようである。ただし、不思議なことに買いたいとはまったく思わず、ネットでロレックスの歴史を調べ、たまに店で眺める。購入意思がないため、最近は申し訳なくて手に取らせてもらうことはせず、単にショウケース越しに眺めるだけ。時計そのものより、古い時計の世界観が好きなようである。一本も持っていないので、自慢になどならないが5桁までのデイトナについては結構詳しくなった。特にエルプリの文字盤やベゼルの無数の組み合わせは、世界中のHPに掲載されている様々なパターンをデータ化している(笑)。どの年代にどういう冊子やタグが付くかまで。

エルプリの逆6にはいつも笑ってしまう。何だろう、これ(笑)。ある時期にこそっと正6に戻したあたり、意図的ではなくミスプリントだろうという気がして、密かに私はこれをエルミスプリと呼んでいる。だが、他のインダイヤルはセンターから見た向きで数字を記載しているので、逆6こそが正しかったのではないの?と突っ込みたくもなる。ロレックスの歴史をたどると、実はいい加減というか、そう思わざるを得ないことがたくさん出てくるが、その曖昧さもまたロレックスの魅力でもある。

今日の記事はケースのシリアル番号と販売時期のずれについて。

地味なテーマである。シリアル番号がその時計のある程度の製造年を示すものだというのは誰もが知っていることであるが、古いロレックスを見ていくと、どうにもおかしな個体に出くわすのである。先代のミルガウス1019の実物をある店舗で見せてもらった際に、シリアルは1980年を示す6で始まるのに、ギャラの日付が1988年の個体に出会ったのがきっかけ。実はミルガウス1019を海外のショップも含めてリサーチしていると、6から始まるシリアルが非常に多く、やはりギャラの日付が後年であるパターンが多いのである。

普通に考えられるのは1980年に作られた個体が売れ残って、ようやく8年後に販売されたという推測。店員さんもきっとそうだと。これは基本的にはシリアルは製造年を示すものとしてある程度は機能しているという見方。

一方で、ケースの製造と実際の製造にずれがあるのではないかという推測も成り立つのではないか。つまり1019のケースを大量生産したものの、各国からのオーダーが少ないため、何年かかけてそのケースを使いまわしたか。これはケースに刻印されたシリアルはあくまでケースの製造年であり、実際の製造(組立)は別であるという見方。

実際のところはわからないが、シリアルの数字順に製造されているのなら、Z番でなぜ若い番号にルーレット刻印があり、後半でなしがあるのか。いくつかのパーツを製造している供給元からの異なった形状やプリントの文字盤を組み合わせて作っているというのが私の推測で、デイトナの16520の200タキや225タキ、そして段落ちや4列表記のことを調べているときにも、そのことを思い出したのである。1987年頃にR番として登場した最初期のエルプリ・デイトナは一般的にmk1ダイヤル(段落ち&逆6)に200タキから始まったはず。(通常400タキもある)。次のL番だと、mk2(4列&逆6)に225タキやmk3(通常5列&逆6)に225タキや通常400タキなどが混在する。いや正確に言うと、それらのほとんど(すべてではない)の組み合わせが散見される。

このいい加減さというか、法則の無さはどういうことかと考えるわけで、これは先ほどの考察の後者が正しいのではないかと。つまりベゼル、ケース、ムーブメント等は別個に生産され、その組み合わせによって何パターンもの初期16520が存在するということ。言い切ってしまえば、我々日本人にはそういう正確さを求める部分が濃厚でも、欧米人はそういう細かいことは気にせず、いい意味で適当なのではないかと思うし、そこに過去のロレックスの洒落っ気というか、おおらかさを感じるのである。

ただ、そのあいまいさゆえ、アンティーク市場においては、ガッチャや模造が絶妙にからまってきて、魑魅魍魎が跋扈する世界にもなっていることも事実。これらパーツの違いが大量のパチがはびこる要因のひとつともなっているのだから、ロレックス社も頭が痛かったことだろう。

リダンも同様。足を踏み入れていないだけに気楽なものだが、何百万出してオリジナルと思いきや、実はガッチャだったとなると泣くに泣けないが、今は真贋を測るすべがあまりないことがむしろ幸いとなっている側面もあるのだろう。あるアンティーク店の人が他の客に「市中に出回っている手巻きデイトナでオリジナルなどほとんどないですよ。まあ知らぬが仏ってやつですわ。グワッハッハッハ」と豪快に笑っており、その言い草に光の加減でショウケースに映る私の顔もまた思わず笑っていた。フフフ、知らぬが仏か。深いなと。深すぎるなと。常々思っていることだが、時計との関係は女性との関係と似ている…、いやいやこれ以上は書かない。ただ、知らぬが仏の境地は何事にも大事ですぞ、グワッハッハッハと、いろいろと経験した50オヤジの私は言っておく。知らぬが、ホ・ト・ケ。大事、大事。

サブやシードの赤表記、縁のあるなし、怪しげなダブルネーム、フォント(書体)の違いなど、アンティークロレックスは本当におもしろい。今あるやつを全部手放して、ガッチャのポール・ニューマンでも入手して、「うむ、知らぬが仏である」という境地でいられれば、私も大したやつだと自分をほめるだろう。もっと突き抜ければ、時計など所詮取るに足らない自己満足の世界でしかなく、ロレックスのオリジナルだろうと、どこかの職人が作り上げたまがい物だろうと、どちらも大した違いはないなどと思えればもう怖いものはない。

何百万円を出してアンティークを入手、10年後に売却する際に、社外品を使われたまがい物だと告げられたら、私は腹を立てるか、あるいはショックを受けるだろうが、そういうのは嫌だなと思う。へえ、そうだったんだと思えるようでなければという意味。まあよほどの大人(たいじん)か阿呆か。その紙一重の域に達しなければ、もう自分のブツはオリジナルだと無理やりでも思い込むしかなく、そのスタンスは少々息苦しい。これは、パチモンでもいいではないかと言っているのではない。だが、本当にオリジナルのロレックスであることを証明することが困難な以上、最後の最後は“知らぬが仏”の心境も大事だという私の勝手な結論。

時計というものは、いやロレックスというブランドは、つくづく人の心を写す鏡であるなあと思う。欲望の深さ、浅さ、執着、やっかみ、見栄、自尊心…、普段は蓋をしているそういうものが噴出する。そういう意味では、ロレックスという時計もやっかいであるが、真にやっかいなのは正に人の心であろうかとも思う。

「ケースのシリアルと製造年のずれ」というテーマから横道に大きく逸れてしまったが、この原稿を下書きに入れてしまうと、またいつ日の目を見るかわからないので今日はこのままアップ。皆さん、よいGWを!
スポンサーサイト

簡単に記載

先週は九州へ。数ヶ月振りにJFKさんを訪問。時計を買いにではなく、単に寄らせていただいたのだが、原稿はえーすさんがブログにアップされているし、これからシン店長さんもアップされると思うので、まあいいかと筆不精な私であった、というのは嘘で、実は帰京後仕事で少々トラぶっており、ブログをきちんとアップする時間がない。

飲みの席では途中激しい睡魔に襲われウトウトとしてしまい、後半はほとんど話を聞いておらず、おまけに仕事が入って退席したことが悔やまれるが、そうは言っても真夜中の25時半だったと書いておく。四国&九州男児は酒が強かね。

えーすさん、シン店長さんは実に素敵な人たちであった。


JFKの皆さん、えーすさん、シン店長さん、ありがとうございました。楽しいひととでした。またつまらない手土産に対して、えーすさんの奥様&お嬢様から丁寧なメッセージをえーすさんのブログでいただき、わざわざご丁寧にありがとうございました。お嬢様が最高にかわいい今という時間は一生の宝だと思いますので、ご家族でその時間をどうぞ大切になさってください。

世界の二極化とロレックス

バーゼルでの発表から数日が経ち、これまで漠然と思っていたことを記事にしてみようと思い至った。普通に生活していると、世間のことを俯瞰するのは難しい。自分が大した激流の中にいるとは感じないものだが、実はこの10数年、世界はとてつもない変革の真っただ中にいるのかもしれない。

80年代に多くの共産主義国家が崩壊し、米ソの雪解けによって、世界はようやく調和に向かうと思われたが、次にはキリスト教とイスラム教との対立が顕在化、欧州各国では失業率が悪化、通貨危機が勃発して経済は破綻寸前、そしてアメリカでは9.11とリーマンショック、経済大国日本が退潮していく一方、中国やインドなどアジア新興国の台頭…。世界が大きく変化していく過程で、世界を根本から変えたインターネット革命が起きて、従来の価値観が根底から覆ったと。

ロレックスが明らかに変貌していったのはほんのここ数年のことだと認識しているが、最大のトリガーとなったのは、ここで何度も書いてきたように世界の二極化だと思えてならない。私たち日本人にはどこか世の中というものは歳月の流れとともに、次第にみんなが豊かになり調和に向かう、つまり少しずつでも発展していくのだという幻想があるのではないか。事実、戦後の日本は確かにそうだったから。豊かになり、便利になり、清潔になり、安全になった。だが、それがずっと続くというのは幻想でしかなかった。90年代半ばにあの超絶的なバブルが弾け飛んで以来、失われた10年、いや20年といってもよい長いトンネルに入り、その間にかつては就職ランキングで上位だったソニーやパナソニックなど、大企業の多くが業績の構造的悪化にもがき苦しみ、凄まじい勢いで国際競争力を失っていったことは周知の事実。

現在の日本の貧困率(相対的貧困)はヨーロッパと比較すると驚くほど高く、約16%(!)である。これは先進国の中で悪い方から4番目ぐらい。ヨーロッパは平均しても10%ぐらい。北欧は約5%。いつの間にか、こんな国になっていたのだ。この国の若者の失業率や離職率は驚くほど高く、そして働いていても非正規雇用の率が高い。それは中高年にまで及び始めている。ご存知の通り、日本は少子高齢化の波にさらされていて、年金問題も不透明、はっきり言ってこの国の将来は決して明るくはない。

経済的な停滞や苦境は何を生むか。二極化である。その国の限られた富を、何らかの権力や権益を有するごく一部の者たちが中間層や貧困層から吸い上げにかかる。通貨危機に陥ったギリシャがよい例で、ほんの一部の超富裕層が白亜の豪邸に住み、しっかりと防御された塀と警備システムに守られ、国家の富のほとんどを独占した。国民の大多数は高い失業率に苦しみ、その日の生活もままならない。まして欧州には移民問題もある。そして貧困は犯罪の温床を生むという負の連鎖におちいる…。それが国家単位ではなく、地球規模で起ころうとしており、日本もまたその大きな波に飲み込まれ、ゆっくりとその坂を転がり始めたところである。

これから世界はさらに二極化に向かう。多分全人口の数%のごく一部のすさまじく富める者と、大部分を占める貧しい者とに。前者が世界の富の大半を独占する異常な世界に向かって進んでいる。当然、そのまま行くと先に待っているのは破たんである。なぜなら食料とエネルギーが足りなくなるから。そのために権力者が何をしようとしているか。日々のニュースを追うと、ぼんやりと見えてくる。これ以上はただの時計ブログには不要であろうから書かない。ただ、世界は二極化に向かう。それだけは間違いないと、偉そうに書いてしまったが私はそう確信している。

ロレックスは実用時計としては5桁でもう極めたのだ。これ以上深海や極寒地での性能を誇っても仕方ないレベルにまで性能は向上した。これ以上性能を高めても、もはや市場にニーズはなく新たな価値は産まない。これからは、富が集中する層に向かって、新たなブランド価値を創出していかなければならない。スイスは西ヨーロッパのほぼ中心にあり、この地域で起きていることには当然敏感であったろうし、主要な輸出先の日本が国際競争力を失ったことも認識したはずである。1997年に、これもまた重要な拠点だった香港が中国に返還されたこと、その中国やインド、シンガポールなどが急速に台頭してきたことも彼らの志向や戦略に大きな影響を与えたはず。20世紀の世界地図は塗り替えられようとしている。

ランダムシリアルの登場はいつだったか。2010年頃だったであろうか。それなら符号する。2008年の64兆円という莫大な負債額によるリーマンショックとそれによる世界的な金融危機はロレックスを震撼させたはずである。何度も書くが二極化というのは先進国における中間層の崩壊であり、中間層が貧困層に転落していく構図である(発展途上国ではほとんどが二極化で硬直)。世界中でロレックスを支えていたのは先進国の中間層(アッパーミドルとミドル)だったのだ。

ランダム、乱数。それはロレックスがそれまでの秩序を自ら放棄したことに他ならない。アルファベットで製造年が判別できる仕組みを放棄したことは、彼らが自身の過去と決別したことであり、そして私たち中間層との決別をも意味する、と私は勝手に思っている。もうひとつ中古市場に本格的なダメージを与える意図もあったと考えるが、それについては別途。

ロレックスにとってかつては主要な輸出先であった日本はもうあまり眼中にないのだろう。特に中間層には。町のカジュアルな時計ショップがどんどん契約を切られたこと、残った正規ショップにもスポロレがほとんど出荷されないこと、相次ぐ値上げ、宝飾化…、考えてみると彼らがやっていることはとってもシンプルなことだ。

今年のバーゼルでロレックスは世界に対して非常に明快な意思表示をしたと思う。では私たちはどうするか。これからのロレックスとどう向き合っていくか。これからもロレックスの新作を買うのかどうか。問われているのは私たちの意思や決意ではなく、私たちの金であり経済力であろうが、もう少し踏み込めば、私たち自身の生き方であるとすら思う。時代は変わり、価値観も変わる。常にあらゆるものが移ろいゆき、ロレックスもまたしかり。そして、私たちもまたとどまっていても仕方ない。古き良き時代は、もはや帰っては来ない過去のものであり、私たちもまた変化とともに生きていかなければならない。

デイトナについて少しだけ

初心者のためのデイトナ講座というのを書こうと思っていた。初心者というのはもちろん私のことであり、備忘録としてここに記しておこうと。そしてここ数週間ぐらい、夜な夜なネットでまじめにデイトナのことを調べ、書籍を紐解き、休日には多くの店舗に足を運んで実物を見せてもらう、そんなこんな繰り返している内に、いつでも1019のようにそれなりの原稿をアップできる状態にはなったのだが、もう結構な知識が頭に入ったので面倒くさくなってしまった。ので、やめ。

前にブログで、デイトナについては記述しないなどと書きながら撤回したのには訳があって、昨年末にエクワンを安価で譲ってくれた知り合いとこの前酒を飲みながら話していたときに、「デイトナを持たずにロレックスを語らないほうがいいよ」と言われたことがきっかけ。本当はそのときのすごくおもしろいやり取りをこのブログにアップすべく原稿を書いたのだが、メールで送ったら当の本人の検閲に引っかかってしまいNG。まあポール・ニューマンとか持っている男なので…。彼のmac book airに入っている手持ちロレ画像は壮観である。ちなみに最も気に入っているのはGMT1675のミラーダイヤルだそうである。彼についてはここまで。

デイトナについては、今はもう所有しているかのごとく知識は得た(と思う)。最初は225タキとか段落ちとか、浅彫り、深彫りなど、まったく知らない世界だったのだが、こういうささいな希少性は好きである。手巻きでは6265のシルバーが好みかなと。

先日、中野の某店で16520A番のエルプリを手に取らせてもらったのだが、ものすごく綺麗で、「これビンビンに磨いたでしょう?」と聞くと、「はい、一応」と。15年前の時計がこれだけ綺麗だと少々違和感があるが、腕に乗せた感じはとてもよかった。数日後には売り切れ。クォークさんの某支店。PNが置いてある。他にも6263、6265、16520A番デッドストックも。非売品扱いが多かったが、それでも滅多にない機会なので勉強になった。

冒頭に書いたように、面倒なので「初心者(自分)のためのデイトナ講座」は中止。まあネットで何でも調べられるご時世だし。ただ、ちょっと感覚的にわからないのが、エルプリについて。エルプリという他社ムーブが搭載されていることの価値が、浅学ゆえ自分はいまひとつわからない。名機エルプリ搭載といわれても、ムーブメントの性能についてまで調べていないので。デザインについては、16520と現行では特に好みに差はないが、どこへ行っても現行116520がずらっと陳列されているのには食傷、正規店では手に入らないと聞くだけに何だかなあとやはり感じる。

最終のP番に気持ちがかき立てられるものは意外なことにあまりなく、もし買うことがあれば個体重視でいいのかなと。それとインダイヤルの機能は、おそらくまったく使わないであろうから、シンプルな時計が好きだという自分の好みからは少々???だが、絶対的なデザインの良さは認めざるを得ず、見れば見るほど恰好いいし、多くの人を魅了することはわかった気がする。結論から書くと、焦ることもないので、いい個体と出会えればそのときに考えようと。前にも書いたように、昨年あまりにも欲しかったモデルをいくつか入手できたので、今は自分にブレーキをかけている。

いろいろなショップを回ったお蔭で、赤サブや赤シード、ミルガウス1019、手巻きデイトナ、エクワン1016など、多くのアンティークを見ることができ、良い機会であったと思う。段々と眼が肥えたのか、単に影響を受けたのか、オリジナルにこだわることの意味も少しはわかった気がする。後年に付け替えられているものは、それが針だろうと文字盤だろうと、どこかアンバランスというか、歪(いびつ)なのだなと。だが、いずれにせよ4桁はやはり私には敷居が高いようで…。

今回の文章は淡泊だが、密度の濃い日々であったと書いておく。ロレックスの持っていた世界観はやはりいいなと。多くの時計からそれは感じた。それは理屈ではない。理屈ではないから上手く表現することは難しいが、あえて書けば、完成に向かって途上していく力強さとでもいおうか。それは、今や高級宝飾メーカーに向かいつつあるロレックスが失ってしまった何か。いや意思を持って捨てたのであろう何かという気がするのだが、やはり私の筆力では上手く書けないようである。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR