初心者(私)のためのデイトナ考~16520

予定を変更して、一度没にした「初心者(私)のためのデイトナ考」原稿をアップ。最初に書いておくが、私はデイトナを所有していない。今は本文を書き終わって、最後にこの冒頭文章を書いているのだが、所有していないくせに、よくもこんなに長い原稿を書いたものだと我ながら呆れている。こんな酔狂な人間はなかなかいないのではないかと。

デイトナに対する淡い憧れのようなものが心中に芽生え、旧型デイトナ16520を候補にしたのが、この原稿のきっかけであった。3月ぐらいのことかと。いつものように買うなら最終に近いAやPと考えていたが、書いている途中にちょっとその辺りの気持ちは変わってしまったのだが、それについては別の機会に。いずれにせよ、所有していない者が書いたという意味で、深みや愛情には欠けるかもしれないが、公平かつ中立な視点ではあると思っている。

書くにあたって、結構な数をショップで確認、また幸い知り合いが古いシリアル(R,L,T)を所有しているので、つぶさに観察をさせてもらった。感謝である。

一度この原稿を没にしたのは、実を言うと書いた後で画像をアップすることが苦痛だったから。ただそれだけ。画像を探してアップすることというのは私にとっては単純作業でしかなく、そういう行為は苦手かつ嫌いである。

「かばち(方言)はよかじゃ」と怒られそうなので本題へ。この方言は広島周辺の友人にうつされた。まあ文句とか屁理屈とかいう意味である。

かばちたれ(屁理屈をたれる人のこと)。。。苦笑

////////////////////////では、以下もう数週間前に書き終えていた原稿をアップ/////////////////////////////////////////

コスモグラフデイトナの旧モデル16520の古いシリアルにはベゼルや文字盤の組み合わせが何バージョンもあり、今日の記事は自分への備忘録として残しておく。

まず16520の文字盤にはmark1から7まで、そしてベゼルはmark1から3までが存在する。文字盤の種類については諸説あるが、私はmk7までを認識している。最初の発売は1987年、今から27年前ということになるので、初期シリアルもはやアンティークに分類してよいかもしれない。シリアルはRからスタート、L, E, X, N, C, S, W, T, U, Aと続き、2000年のPでディスコン、現行の116520へと引き継がれた。

まずは文字盤(mk1~mk7)から。
mk1はいわゆる段落ち。1行目にROLEX、以下OYSTER PERPETUAL, SUPERLATIVE CHRONOMETER, OFFICIALLY CERTIFIED, そしてなぜか1行空けてCOSMOGRAPH。これはフローティン・ダイヤルと呼ばれる。下のインダイヤルの6が逆6。なぜ1行空けたかという意味を知りたくなるが、どこを読んでも出てこず、この現実をただ受け入れるしかない。

mk2はOFFICIALLY CERTIFIEDの表記が取り払われているが、もちろんクロノメーターの検定は通っていることは言うまでもなく、なぜこの表記が消えたかはやはり謎。4段目にCOSMOGRPHの表記。最初期のR番とL番のみに見受けられるたいへん稀少な文字盤。やはり逆6。それと大事なことなので、よく見ていただきたいのだが、mk1とは文字のフォントがまったく違う。

mk3は通常5段表記。mk1で空けてあったところを単に詰めたということがわかる。mk1とまったく同じ書体であることに注目したい。これにより、mk1とmk3は同じ工場での製造と推測される。同じ5段で字体の違う文字盤があってこれがmk4。mk2と同じ書体ならわかりやすかったのだがまったく違う。短期間の逡巡の末に5行表記に落ち着いたのは、これが最もバランスが良いとロレックス社が認識したからだろうが、皮肉なことに生産極少のmk1,mk2に今では人気が出てしまっている。ここまでが逆6。

mk1からmk4までの文字盤上部のパターンの違いについては海外サイトから拝借した画像を載せておく。くどいがここまではすべて逆6。従って単に逆6であることはレアでもなんでもない。文字盤で稀少なのは、mk1とmk2、つまり段落ちと4列表記。
dial16250-mk1.jpg

dial16520-mk2.jpg

dial16520-mk3.jpg

dial16520-mk4.jpg


mk5はN番の途中からU番までで、通常5段表記、逆6が正6に修正されたもので、最初の数年はmk3やmk4が混在している(たぶん)。意外と知られていないが、同内容で記載位置だけが大きく違う文字盤があって、それがmk6。5行目のCOSMOGRAPHの位置が左右インダイヤルの頂点との比較で、それぞれ違うということがわかるように赤線を引いた。写真はともに90年代後半の正6。ここまではすべて最下段はT-SWISS MADE-Tとトリチウム表記。一応mk5とmk6の比較画像を乗せておく。
5列1 - コピー5列2 - コピー 左がmk5、右がmk6。


最後にmk7。これはAとP番。夜光がトリチウムからルミノバに変更され、最下段からtが取れて、SWISS MADEとなる。ただA番にもT表記があるものがあり、それが後述する表記はTだが実際にはルミノバ仕様なのか、それともA番でトリチウム文字盤があるのかはどうかはよくわからない。いずれにせよT-SWISS MADE-T表記のA番があるということは書いておく。


次にベゼル。mk1がいわゆる200タキ、mk2が225タキ、そしてmk3が一般的な400タキ。本当はタキメーターにもmk4以降があるのだが、あまりに微小な差異なので省略させていただく。

さて、16520は、文字盤もそうだったが、ベゼルもmk1とmk2が稀少で、これらの組み合わせは最初期のRとLの品番にしかない(E番にも極少有りとの噂)。以下に文字盤とベゼルの組み合わせを羅列していく。

まずは文字盤mk1 & ベゼルmk1の組み合わせがこれ。いわゆる段落ち&200タキ。初期の最も古典的な組み合わせ。サンプルは少ない。黒文字盤は特に稀少。
rolex_daytona_floating_dial_bonanno_3-318x331.jpg
この前コメントをいただいたきむーさんがこの組み合わせのブラック文字盤mint品を所有されている。10年後のPNになるかもしれないと勝手に予想。⇒きむー!の趣味人生謳歌 with ロレックス。

次に文字盤mk1&ベゼルmk2。段落ちに225タキメーター。なぜタキメーターの目盛が変わったのか、やはりわからない。これも個体は少ない。
mk1mk2.jpg


文字盤mk1 & ベゼルmk3。このベゼルは400タキという、その後の標準デザインとなったもの。この組み合わせの実物は見たことなし。だが、この写真は当時の冊子からなので(違ったかな?)、あるにはあるのだろう。
mk1mk3.jpg


では次に4列表記の文字盤mk2 & 200ベゼルmk1。サンプル少。特にこの黒文字盤。
2740930gross.jpg


文字盤mk2 & 225ベゼルmk2。サンプル少、やはり黒文字盤は滅多に見ない。
mk2mk2.jpg


文字盤mk2 & 400ベゼルmk3。
b3c21a6f3343a3dd247d321eed5f084d.jpg


最後にノーマル文字盤mk3。まずはmk3 & ベゼルmk1。これは多分オリジナルでは存在しないのではないかと。この写真の文字盤はT表記がないので、後年に交換されていることがわかる。あるいはベゼルを後で着けたか。ただし、先週ヤフオクでこの組み合わせが出品され、150万円弱で落札、それはT表記だった。あっても不思議ではない。
pro_image211632395032465.jpg


文字盤mk3 & mk2。これもレアだが存在する。私はギャラ付きのこの個体を見たことがあるので。
449_3527c7f57b9e6a.jpg


そしてノーマル&ノーマルなmk3 & mk3。現行116520も基本はこれ(インダイヤルの位置は違うが)。
2670284c.jpg


数学の3×3で9パターンだが、mk3 & mk1のみ未確認で、あとの8パターンは存在する(多分)。ちなみに便宜上、文字盤mk3にはmk4以降も含ませてもらった。それと最初のR番にmk3 & mk3の通常型も発売されたという、1987年当時時計店に勤務していた人の書き込みを読んだことがある。つい先ごろそういった個体が売られているのを見ているし、L番でも散見される。多分事実だろう。


組み合わせについてはここまで。このmk3のあとに字体だけが3と違うmk4があることは前述したが、mk4とベゼルのmk1,mk2の組み合わせは調べていない。それとSぐらいまでに黒文字盤の3つのインダイヤルにブラウンダイヤルが存在。これはWとSに顕著で、この時期ににそれまでと違う塗料を塗ったか、あるいは上塗りしたかよくわかっていない。ただ、いくつか見た限りだと、それ以前のシリアルでもやや薄いブラウンに変色している個体は存在し、同時にほぼ白色のものもある。ロレックス社はこれを劣化ではなく、ただの変色と認識しているので、このことによる強制的文字盤交換はなされていない。現行にはない現象であり、アンティークぽくて個人的には嫌いではない。
16520ブラウン


次に(今日は長いゾ)、ベゼルの彫り(数字とアルファベットの部分)。基本的には深掘り。最後期であるAの一部(未見)とP番に浅彫りがあり、日ロレで交換すると今はすべて浅彫りタイプとなる。なお、この部分はインクが落ちた個体も多いが、後からの墨入れが可能なので、マジックで書いたりしてはいけない。

ブレス。N番の途中まではシングルロックでセンターもヘアライン、つまりキラキラしていないタイプ。78360のFF503。Nの途中(だったかな?もう確認が面倒)からセンターが鏡面、かつダブルロック(78390&FF503B)に。A番からはFF(フラッシュフィット)が一体型(78390A)に。ちなみに、78360も78390もともに他モデルとの共用だが、FF(フラッシュフィット)の503,503Bはデイトナ16520専用のもの。パーツとしてあまり出回っていない。またP番の一部に、クラスプのロックの王冠マークが小さくなったタイプがある。今交換すると小さいタイプになるらしい。こだわる人はとことんこだわろう。んなこたあどうでもいいだろうという人はスルーで。はい、そこ、喧嘩しない。

ブックレット。デイトナの冊子は、最初期のみ、表紙の英文字が白で、ここではmk1の200タキモデルが掲載、1988年か89年の途中から金文字に変更、ベゼル400の記載のみとなっている。尚、この白表記の冊子はすごい高値で取引されている。おそらくRとLの初期までにしか付属していないので稀少なのであろう。私はなぜかこの冊子を所有しているが、本体を所有せずに冊子だけを所有しているというのも実に情けない話ではある。
16520booklet-1.jpg 16520booklet-2.jpg


いくつか例外について。最初期の白文字盤にporcelain dialという、エナメルのようなキレイな文字盤が存在する。実物は見たことないのだが、写真(前掲のmk1 & mk1がそう)で見る限りはたいへん美しく、個人的には最も魅かれる16520である。その分目玉が飛び出るぐらいに高価。

逆6について。最初期からS番の途中までに見られ、前述したように逆6はまったくレアではない。
逆6-1a


又、16520の後半はUが過渡期だったようで、本来はA番からのFF一体型がU番最後期にも一部見受けられ、かつU番とA番にはトリチウム表記なのにルミノバが施されているモデルがある。たぶん細かいことに拘らないロレックス社が余ったT表記の文字盤を使い回したものと思われ、調べれば調べるほどに、ロレックスにはこういう、ある意味ずさんな事例が多く、人々が希少性を見い出してもその本質はその程度のことが多い。注:A番のT表記はもしかしたら実際にトリチウムなのかもしれないが、調べるすべが私にはない。

ああ疲れた。これから写真を貼りつけるのか、面倒である。読んでいる人はもう画像が貼りついているはずだが、冒頭に書いたように私はこの作業が嫌い。だが、これをやらないと今回の記事は訳がわからないので後で仕方なくやる。

そうそう裏蓋のことを忘れていた。裏蓋は16500表記である。これはコンビモデルと共有しているからと思われる。それとこのデイトナリサーチで知ったのだが、ムーブメントにも実は年代を特定できる固有のシリアルが刻印されており、OH技術者はそれで改造品を初期的には見極められるとのこと。知っている人には周知のことであろうが、私は知らなかったので蛇足ながら書いておく。

調べてみて、まあ単なる工場による種々の違いを、オタクたちはよくぞここまで追いかけたものだと、自分のことは棚に上げて述べておく。それが中古価格に反映することの下らなさと可笑しさ…。でもこういう部分に価値を見い出すこと、そのものは否定しない。というか、私は好きなほうで、そういう私のような人間を狙って、希少なものには高値が付けられるというわけ。ただ、さすがに数百万円の値付けを見ると、どうぞどうぞご随意にと。と言っても古いRやL番は少なくとも私が知る限り、国内ではどこの店にも在庫はなく、仕方なく冒頭にも書いた知り合いの所有物(200タキ、225タキ)を見せてもらったのだが、彼いわく16520の最初期は文字盤が痛んでいる個体が多く、非常に手を出しづらいモデルなのだそうだ。

元々ムーブメントについてはよく分からないので、私はエルプリメロに価値は見い出してはおらず、このコスモグラフ・デイトナというモデルがスポロレのキングなのかどうかはよくわからないが、デザインは数ある中で圧倒的な格好よさを誇っていると思える。それと、個人的にはブレスの中駒が鏡面であることは好きではないが、鏡面であるベゼルとのバランスにおいて、デイトナにはきらきらブレスの方が合っていると思う。そうそう、そのこと。書いておかなくては。色々な16520を見て、このモデルの恰好良さはベゼルの輝きにあると思えた。それゆえここが傷だらけの個体はまったく良いと(私は)思えなかった。鏡面で傷が付きやすい箇所だけに、ここの見極めは重要だと思える。ベゼルが傷だらけだったり、そこの文字がはげているようなアンティーク感丸出しの16520は、この時計本来のきらびやかさが失われており、そこは枯れにこそ価値があるGMTやサブ系のアンティークとは違うなあと、やはりデイトナはドレス系に近いと、これは個人的な感覚。

これより過去に遡ると手巻きということになるが、もう私の手に負える領域ではないし、興味も持たないように戒めている。日ロレでOHを受け付けてくれないという事実はやはり大きいが、それ以上に何度も書いてきた通り、私のような初心者が真贋を見極めることは難しい。私個人に関しては、前々回記事の“知らぬが仏”の境地にでも達しない限り、そこへは足を踏み入れないようにしたい。6265シルバー文字盤にはひっじょうに魅かれるが。

OHについて補足。あるショップの方の弁によると、過去に日ロレでOHを受けている個体は、手巻きであっても今も受けてくれることがあるのだという話も聞いた。おそらく上顧客と認識した顧客に対してだけなのだろうし、真偽のほどは定かではないが一応記載しておく。

といったところで、やっと今回の記事はおしまい。間違いもあるかもしれないが、正直言ってもうどうでもいい。特にブレスの変遷は調べるのが面倒だったのでかなり適当。写真だけでは後年に代えられている可能性もあり、判断が難しい。他にももっと細かい差異があるし、実は付属品についても、16520にはどんな赤タグ(裏のホログラフ[三次元画像]が今とは違う)やグリーンタグが付いていたか、パスケースはどうかとか、紙製の外箱のデザインの違いとか、もろもろ知識は得たのだが、今日のところはこの辺にしておく。

なぜならこの後古いサブマリーナが控えているから。というのは嘘。サブマリーナについては書かない、多分。

くれぐれもこんな記事にインスパイアされないように。何といっても私自身がこの時計を持っていないのだから。

大事なことを忘れていた。デイトナ16520はどうか。総体的に自分はどう思うか。それぐらいは書かないと締まらない。ショップでいくつも見て、とってもいいと思った。思ったが、私には針が見づらく、時計なのに時間がよくわからない(特に黒)、というのが今日のオチ。
スポンサーサイト

ノンポリッシュ1019

デイトナ記事の前につなぎを。

先日onomaxさんに出ていたミルガウス1019。あれはよかった。奇跡的な一品だったのではないかと。だいたい1019を狙っている人など、そう多くはないだろうから、大抵の人にとっては「ふ~ん」程度だったと思うが、1019に魅かれ、相当に調べつくした私にとっては、あれは超絶なまでの個体である。

1979年のアンティーク品で使用歴極少、磨き無し、100番スイスのギャラと陰気なブックレット付き。

もちろん280万円の時計を買うだけの財力は私にはないので悔しかったということはないが、もし資金を準備して探し回っていて、あれを発見し、HOLDであることを知ったのなら、相当に気落ちしただろうと思う。お店のブログを読むと、HPにアップした20分後にHOLDとのこと。無理だなあ。PCに貼りついてでもいない限りは無理だ。

ちょっとここで1019の200万円を軽く凌駕する相場について書いておく。私はこの時計が好きだが、かといって200万円を超えるような価値は見い出してはいない。価格のことは関係なく、私はこのモデルのデザインに魅かれているだけで、私の相場と世間の相場に最も乖離があるモデルのひとつ。なので、私がこの時計を手に入れることはたぶんないと思っているし、決して強がりではなく、資金があっても私は買わなかったはず。ギャラも付属品も満足になく、バリバリに磨かれた本体オンリーでも250万円が平均の世間の相場というものから計るとこの280万円は安かったという意味。補足までに記しておく。

何か月か前に、ある個体(1019)を店舗で手に取らせてもらったことがある。そのときにちょっとアレ?と思った感覚があって、上手く言えないのだが、たぶん相当な研磨痩せを感じ取ったのだと思う。その後で、結果的に即売れした未研磨の1019を銀座のクォークさんで拝見する機会に恵まれ、そのぶっくり太ったケースに驚き、逆に研磨というもののすさまじさを思い知ったのだった。

実は私は今は以前ほど未研磨にはこだわってはいない。ある程度は許容していかないとと思っている。だが、所詮研磨とは、付いた傷と同じ深さだけケースを削って傷をわからなくしてしまうものであり、古い時計で3度4度と繰り返していけば、当然感覚的にわかってしまうほどに痩せてしまうもの。いくつかのアンティークウォッチを手に取った際のあの違和感は覚えこんでおきたい。

今回のは前所有者がデッドで購入してほぼ使わなかったとのこと。35年前の貴重な、そのまんまのmilgauss1019であり、購入した方にはおめでとうと、会ったことはないが、1019好きの端くれとして申し述べたい。売れる前に一度現物を拝見しておきたかったとは思うが、、もし何かの間違いで私が買ったなら、果たしてこのmint品を普段使い出来たかどうかは大いに疑問である。いや無理だろう。はっきり無理だろうなと思う。

たぶん永遠に所有することのない時計。でもそういうのも悪くない。手の届かない時計への思いが自分の胸の中にずっとあるというのもいいことだ。

雑談風に

久しく更新をしていない。GW後の風邪のあとちょっと体調の戻りが遅く、免疫が落ちたせいか持病のアトピーが悪化してしまっていた。これは子どもの頃からずっと引きずっていて、数ヶ月単位で良くなったり悪化したりを繰り返している。もう一生付き合っていくしかないと思っている。幸い顔には一切出ないので、精神的なストレスにはなっていないのだが、発作のように悪化すると夜も寝られず睡眠が極端に不足してしまう。

時計の話題に。ここのところ希少なモデルが立て続けに出てきたが、すごく高額だったり、即売れしたりと、誰にとってもなかなか入手が難しくなってきている。だからというわけでもないが、一度海外から直接買い付けてみようかと思ったりもしている。折角はまった世界なので、いろいろと経験してみようかなと。ロレックスはないが、過去にオメガやタグホイヤー、その他の商品で個人輸入したことは何度もある。海外ではGMTマスターⅡM番あたりはぽつぽつと出始めている。それと少し不思議なのは、外国、特にヨーロッパでは税金が20%近くかかっていることを考えると、デイトナの価格がやや安い気がする。特に16520のA番。

今日は肩の力を抜いて雑談風に。

500円玉貯金のペースを再び上げている。今度は長期計画で。将来、高価なモデルを購入したくなったときのためである。具体的なターゲットはないが、そういう思いは持っておこうと。昨年末からこれまでで300枚ほど。気合のハイペースである。経費削減で職場のコーヒーメーカーが撤去され、仕方なくセブンイレブンで毎日100円のコーヒーを買うのだが、このときには必ず千円札を使うことにしており、ここでの500円は貯金に回るので、要するに600円のコーヒーを飲んでいることになる。日に二度買うこともあるから、そうなるとさすがに貯まる。だが、もし1019を買うとして(別に決めてはいないが)、この相場が250万円ぐらい。そうなると500円玉が5,000枚必要となり、1日2枚では7年かかる(笑)。馬鹿馬鹿しくて買っていられないなと思えば、それもまた良し。まあ、さすがに500円玉貯金だけでと思っているわけではないし、その間に他のモデルを買うこともあるかもしれないが、背伸びモデルのための夢貯金はこれからもずっと続けていこうと考えている。

売買のことをすべて書いているわけではないが、手持ちは少しずつ減らしており、先日は自分のハンドルネームでもあるオイスターパーペチュアル116034を手放した。訳あって、たいへん世話になり、かつ個人的なトラブルを抱えて苦しむ仕事仲間にエールを込めての進呈。急にオイパペさんがシードさんとかになるのは変なのでハンドルネームはこのままで。

次はパースさんのブログのコメントに書いたシードV番の出荷国について。海外の掲示板で所有するシードV番の出荷国を書き込むスレッドがあって、そこのを抜粋した。ただし訳すのが面倒臭そうなものは省略させていただく。 オーストラリア、バルバドス、イタリア、アメリカ、シンガポール、アメリカ、イギリス、アメリカ、イギリス、イギリス、イギリス、スウェーデン、スコットランド、イギリス、イギリス、イギリス、カナダ、イタリア、カナダ、ギリシャ、アメリカ。 これまで410日本正規品のそれは見たことがないので、おそらく日本には出荷されなかったのだと思われる。アジア圏が少なく思えるが、以前、ヤフオクで韓国413が売られていたのは覚えているので、結構幅広く売られていたことがわかる。

おやおや、夜が明けてしまう。まだ雑談をし足りない気もするが、明日はようやく中間テストが終わった娘と桃鉄(ゲーム)をする約束なので、今日のところはこの辺で。次回は一度は没にしたデイトナの記事。

ロレックス大全

ゴールデンウィーク後半は少々体調を崩していて、ほとんど家にいたのだが、その間に読んだのが表題の本。岡田修一郎さんという方が書いた「ロレックス社非公認 ロレックス大全」。この本の評判の良さはしばしばネットで目にしていたのだが、残念ながら今は絶版、仕方なくamazonのマーケットプレイスで注文した。定価の3倍以上の価格だが、それ以上の価値が、少なくとも私にはあった。

基本的には4桁モデルの解説なのだが、中味はサイコーである。サイコー。話し言葉で書かれているために、まるで横で解説してもらっているみたいに読める。「困ったね」が随所に出てくるところが可笑しい。

この本で4桁の真贋がわかるわけではない。ただ、私の少し暗いかった部屋の窓がひとつ開いて明るくなった気がする。要するにわからないのだということがわかったというか、いや、この人ぐらいになると高いレベルでの判定は可能なのだろうが、それでも最後の最後はわからないから、「困ったね」が出てくる。フフフフフと楽しく、発熱しているのも忘れて読みふけった。

特にDAYTONA表記なしの文字盤が、後に大量の偽ポールニューマンの書き換えの餌食になった話はなるほど~と。赤シードや赤サブも同様。そのページに、その後に書いてあることはこれからも胸に刻んでおきたい内容であった。そういうのをひっくるめた世界なのだなと。

圧倒的にページが割かれているのは、やはりサブマリーナ。それにしても古いサブは何でこんなに格好いいのだろう。そして何十年という歳月をともに過ごしたこんな時計を所有するということはどんなに幸せなことだろうとも思う。そのことと、高騰したこれらを今買うことはまた違うこと。少なくとも私は乗り遅れたと自覚している。

中古本とはいえ、さすがに人様の著作を無断で転載はしたくないので、ここまでにしておく。

この本は4桁に留まらず、ロレ好きは一度は読んで損はない。決して短くはないロレックスが歩んだ軌跡を垣間見ることができるし、当時の貴重な広告や箱、ブレスの記述も読める。そして何よりも読んでいて楽しい。それはきっとこの著者が真に時計を好きだからではないかなと。それが伝わってくる良書。返す返すも絶版が残念である。


ロレックス大全
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR