新しい扉

今日は前回予告した記事を書く。結論から。「私はヴィンテージロレックスが好きではなかった」の巻き。

最初に関心を持ったヴィンテージロレックスはミルガウス1019のシルバー文字盤である。私はスポロレも好きだが、エアキングやオイパペ、旧エクワンなどドレス系に近いモデルも好きであり、1019も私にとってはそういう範疇のモデルであった。端正なミドルケースとベゼルの形状、そしてシルバーの地味目な文字盤にやや派手な赤いMILGAUSSのラインと赤いハンズ。最初にこれがヴィンテージのカテゴリーと意識せずに、単に自分の好きなデザインなのだということを強く意識すれば、道を誤ることもなかった。ここが入り口だった。

市場におけるこの時計の平均価格は本体のみでも250万円前後と、現役時代の不人気ぶりが嘘のような価格。ひとえに生産数が少なかったことがその要因で、ヴィンテージ市場においては、皮肉なことに“売れなかった”ことが、その後の異様な価格高騰の大事な要因となっている。ポールニューマンも然り。現役時代の不人気も、それゆえの価格高騰も私にとってはあずかり知らぬことであり、そういう意味ではこの時計が好みであったことはアンラッキーである。エアキング5500のような扱いであれば、どれだけ幸運だっただろうか。10万円台という価格である。私たちは幻惑されてしまっているが、30年も40年も昔の時計の値段としては、ハワイにだって行けてしまう真っ当な価格である。250から350ほどもするミルガウスは憧れながらも高価過ぎてリアリティーに欠ける“心のロレックス”にとどまることになり、私はそこを入り口として多少強引にヴィンテージの世界を覗き込むようになる。要するに手が届く古いロレックスに向かったのだ。

ある海外サイトで見た5513のプラドームに魅かれ、1680の黒い文字盤に一本だけ引かれた赤い文字に魅惑された。元来凝り性の私はこのブログに書くことをモチベーションとして、古いロレックスのことを徹底的に調べた。実際の時計とは乖離して、私は妄想の中でヴィンテージロレックスに深く深くはまり込んでいったことになる。

だが、春先にある店舗で初めて憧れの1019をじっくり手に取って見せてもらったときに味わったあの失望感。研磨されまくって痩せたミドルケース、痛んだ文字盤に錆びたハンズ。感動は湧き上がっては来ない。いわゆる“ヤレた”感に魅かれることのない自分のおかしな感性、これだけ頭の中ではヴィンテージに魅かれるくせに、実物での感動の無さはどうしたことかと、興味を抱いた最初期から私はそんな自分でも説明の出来ないモヤモヤとした感覚のまま結構な日々を過ごすことになる。

サブ5513のドーム風防は心底格好いいと思い、だが休日に中野のショップを訪問、ショウケース越しに眺めると、やはりトキメキはない。針だけ交換されたアンバランス感、ひび割れた文字盤、伸び切ったブレス。会ったことのない誰かによって徹底的に使い古された時計。う~ん、これ欲しいかあ?普段なら欲しいと思えば、多少は無理をしても手に入れる性質の私が躊躇したのは、無意識レベルで警鐘が鳴っていたからとしか思えない。ビジネスでよく経験する、理由はわからないけど、これは「違うぞ」という “ぞわぞわ”した感覚がここで働いたのだ。

何度も書いてきたが、私は時計を時間を知る道具と位置づけてはいない。自己を真に満足させるもの、そしてファッションでもあり、願わくば生き方の自己表現でもありたい(←上手く言えていない)。トキメキもなく何十万も出せるわけがない。

覚醒するきっかけとなったのは、先般のミニオフ会。某氏のvery mint な5桁サブデイト16610LNを見たとき。それまで見向きもしなかったモデルなのに、増してヴィンテージにハマっていた真っ最中なのに、私は確かにその時計の美しさに心魅かれたのである。当時はあまりにも経年劣化した時計を見過ぎていた所為だろうと思ったが、そうではないことが数日後にはっきりとわかった。会社からの帰り道で。嗚呼、わかったと。もう少し正確に言えば、そうだったと忘れていたことを思い出したのだった。最初の頃、私は確かに自覚していた。自分はヴィンテージが好きではないと。あの感覚は気持ちの底のほうできちんと生きていたのだ。

そう、私はヤレたヴィンテージロレックスが好きなのではなかった。私が好きな(デザインの)ロレックスがたまたまヴィンテージなのだと。似て非なるもの。私は女子大生が好きなのではなかった。たまたま好きになった女が女子大生だったのだ。違うか。私は熟女が好きなのではなかった。たまたま好きになったのが人妻であった。だから人妻全般が好きだというわけではない。う~む、違うようでもあるが、言い得ている気もする。

私にとってロレックスの良し悪しとは機能・性能ではなく、デザインがすべてだと以前書いた。それは今も変わってはいない。私はシルバー文字盤に赤い文字と針が映えるミルガウス1019のデザインが好きなのだと。その時計が不幸にして何十年も昔に生産中止になって、ヴィンテージのカテゴリーに入れられているだけなのだ。サブノンデイト5513も同じ。あのシンプルな文字盤、縁のないインデックス、ドーム風防が好きなのだと。赤サブも同様。サブのベーシックな文字盤をベースにした、あのたった一本の赤いラインが私は好きなのであって、インデックスが濃く焼け、そこにシミや剥がれがある、いわゆるアンティーク感満載の1680レッドサブが欲しいわけでは決してない。前々回の赤サブ記事の写真がすべてを言い表している。

嗚呼、自分は徹頭徹尾デザイン主義の男であった(単に面食いとも言う)。簡単に書けば、美しい個体の1019や5513を私は求めていたのだ。そんな奇跡的な個体がそうそうあるわけではなく、私はリアルな古くヤレた時計たちに失望し続けていたことになる。こういうことが自覚できていなかったことは愚かしいとは思うが、実はそれなりに筋は通っていたんだなあと少し自分を褒めたい気もする。あの「どこか違うぞ」という ”ぞわぞわ” した感覚はこれだったのだ。大金をはたいてから気付いたのではなかったことは素直に喜ばしい。

そして、最新こそが最良、あるいは時計はきれいな方が好ましいという当たり前の感覚を持っていたのだということも改めて自覚したのだ。それでも6桁に行かないのは、その大きく華美な基本デザインが好きではないからであり、徹底的にデザインをこそ最上位に置いているのだということを、今回の長かった思考の末に改めて自覚できたのであった。私はビジネスでもそうだが、感覚的に動いてしまう男で、であるがゆえに後で思考を凝らして、自分の感覚が正しかったかどうかをよく検証する必要に迫られる。文章から理屈っぽい、あるいは理詰めなタイプを想像されるだろうが、日常においては逆のタイプ。

全部氷解してゆく。実は私は不思議だったのだ、これだけヴィンテージにハマりながら、なぜGMT好きの私が1675にはまったく魅かれないのか。今は理解できる。青赤のペプシGMTのデザインは好きではあるものの、その基本デザインは5桁までは継承されているがゆえに、私には必要がなかったのだ。選択肢が多いなら、時計は新しいほうが私は好ましいから。その結果として、最も新しい最終品番の16710だったのだ(現行の6桁GMTのデザインは好きではない)。だが、1019や5513、1680は違う。5桁や6桁にその歴史は継承されていない。赤い表記があるサブマリーナは1680で、縁なしインデックス&プラドーム風防の5513は、そのデザインが引き継がれることなく何十年も昔に生産が終わってしまったのだ。

改めて書く。私はヴィンテージ時計が好きなわけではなかったと。

だが、覗いたからからこそ感じ得ることだが、たぶん、ヴィンテージロレには深い真髄がある。多くのヴィンテージマニアにしか分からない世界があるのだろう。それは単に外観のヤレだけではなく。古いロレックスの作りの良さや手作り感、丁寧さ、黎明期ゆえの制作者のこだわり、もっともっとあるのだろう。足を踏み入れた者だけにわかる良さがあるのだろう。そこをくぐった者にだけわかるヤレの味わいというものもあるのだろう。だが、私はそこへは足を踏み入れないつもりである。私にはもう時間がなく、そしてたぶんそこまでの情熱がない。1019のようにヴィンテージの世界には異様に高い価格の壁がある。簡単に書くと、そこまでの金もない。

それでも私はいつか好きな古い時計を1本は持ちたいと思う。それはヴィンテージだからではなく、好きなデザインの時計として。自分の心に従えばそれは言葉通りに“きれいな”時計であって欲しく、だが40年も過去のミントな時計などにそうそう出会えるものではなかろうが、もし出会えたら幸せであるな。

この扉を開いたことで、たぶんこれからロレックスとの向き合いは劇的に変わる。事実、私はすでに集約に動いている。本当に好きな時計だけを持っておこう。もし、それが一生を共にすることになるのならばそれは幸せなこと。手放すこともあるかもしれない、先のことはわからない。今を生きる。今日の続きのネタがもう少しあるが、それはまたいずれ。もう少し掘り下げてから。今回の記事は極めて個人的な彷徨でしかなく、だらだらと長い文章にお付き合いさせてしまったことを申し訳なく思う。私自身の為にはどうしても書き留めておかないといけないことだったので。
スポンサーサイト

ロレックスに関する検索ワード

私はこのブログへの訪問者を増やしたいとはまったく考えておらず、従ってSEO対策などはしていないし、日々ランキングの確認もしないのだが、検索ワードだけは結構気になって、ちょくちょく見に行く。このブログにどういう検索ワードで訪問してくれたのだろう。少しは役に立ったのだろうかと。


前述のように、SEO対策をまったくしておらず、例えば「ロレックス ブログ」で検索してもこのブログは上位には来ないはずである。と書いて一応試してみたが、やはりどこにも見当たらない。タイトルに「ロレックス」という言葉を入れていないし、リンクをひとつも貼っていない引き籠りブログなので当然といえば当然である。

で、実は私のブログで毎日圧倒的に多い検索ワードは、「ロレックス 裏蓋 開ける」というものである。次が「ロレックス出荷国番号」。「ロレックス ブレス 逆付け」というのも地味に多い。悩めるロレラーたち。

正確に説明すると、毎日上位に来るのではなく、この検索ワードで訪問する人がとにかく毎日いるために、月単位で見たときに、これらの検索ワードが圧倒的に多いという意味。「ロレックス ブログ」ではまったく表示されないのに、「ロレックス 出荷国番号」では最上位表示、「ロレックス ブログ 裏蓋開ける」でも同様であった。

さて、昨日、私のブログに「ロレックス 裏蓋 どうしても開かない」というキーワードで10数回訪問した人がいるようで、どこの誰か知らないのだが、一応ここでお伝えしておく。あきらめたまえと。錆とパッキンの劣化と思われるが、日本ロレックスに持っていったほうがよい。先月、某手持ちロレックスが故障して同社のサービスカウンターを訪問、そこで顧客の時計を開けることができずに預かりになった事例を見た。ロレックスのサービスでも簡単に開かない蓋というものがあるのだ。

私の経験では裏蓋は拍子抜けするほど簡単に開く。もし古い時計でこれが開かないというのはなかなかにやっかいなはず。ただ裏蓋に傷がつくことを厭わないなら、思い切っていくのも手である。私は自分がつけた裏蓋への傷など気にしないし、仮に交換するにしても、10万、20万かかるミドルケースやブレスと比べたら、裏蓋はそんなに高い物ではなく、SSのスポロレだと15,000円ぐらいだったかと。

前に、裏蓋は押すが7割、回すが3割と書いたが、開かないときは開ける方向・閉める方向の両方向にクイっクイっと。押すの7割は絶対に忘れずに。回すをメインでは駄目、なめるかすべる。後は潤滑油を塗るとか、ゴンっとハンマーで叩くとか(笑)。いや、ネジの場合はそうするのである。時計はさすがに無理ではある。これらは学生時代の自動車修理工場アルバイトで教えてもらったこと。それで、駄目だと思ったら、素人はあきらめる。ギザギザの部分を間違いなくなめるので。ただ、開けても別にいいことは何もない。あっ、開いた!で、覗き込んで「ふ~ん」という感じと言えばいいか。一回ぐらい経験してもいいとは思うが、6桁あたりのピカピカを持っている人にはお奨めしない。

昨日は「ロレックス 413」という検索も複数。これは韓国製であるな。新品の並行品では香港、イタリア、台湾、ドイツあたりと並んで韓国ギャラが多いように感じる。昔は出荷国にややこだわりもあったが、今はどうでもよくなった。どこでもござれ。今も昔も変わらないのは、汚い手書きのサイン、あれは徹底的に苦手である。幸い手持ちにそういうものはひとつもない。マイネームギャラも私は要らない。

次に多い検索ワードは相変わらず「114270」である。以前はそんなことなかったので、やはりこのモデルは地味にブームなのだろうと、これはもう認めざるを得ない。今日は得意先のパーティーがあったので、今年初のスーツ。ネクタイの結び方を忘れてしまったよ。よくも昔はこんな面倒臭い服を毎日着ていたものだと感心する。時計は114270である。スーツにはこれと決めている。小ぶりであるなあ、やっぱりいいな、これ、と。それでいつものデイパックで出かけようとしたら、ものすごい違和感。スーツにデイパックは、スーツにサブ系より変(私は否定派)。仕方なくビジネスバッグに代えて出勤。ちなみにスーツにサブは私が自身に抵抗を感じるだけのこと。他人がしていても別に何とも思わない。というか他人のファッションや時計にほとんど興味がない。

今は手持ち(特に、似合わないデイトナ白)で満足しているのと、ヴィンテージ物には悟りの境地に至ったので(笑)、当分はこのままでよくなり、、だったら手持ちを少し整理するかなあと考え始めている。悟りについては次回。いや、もう本当にぱあ~っという感じで悟って台風一過、それからは呪縛から解き放たれたようで快適。それにしてもヴィンテージ物を買わずにここまでハマった人間も珍しいかと。ヴィンテージにとどまらず、今までモヤモヤしていた自分の時計観がすごく明快になった。次あたりで。

赤サブ~1680

誰も待ちに待たない赤サブの記事第2弾。今回調べていく中で、私はある発見をした。それによって自分の中のこれまでのいくつかの疑問はほぼ氷解し、それは結構画期的ではあるものの、多くの人にとってほとんど関心がないというその落差が悩ましい。この冒頭、ささやかに書くが、結構なところ定説を覆す内容である。

【赤サブ&白サブの謎~生産年】
一般的にサブマリーナデイト1680の赤サブはごく短い期間に生産されたもので、多くの偽物や交換ダイヤル物も多いと言われている。1680の生産はおそらくは1968年頃あたりから1980年ぐらいまで、赤サブについては一般的には1970年頃から1974年ぐらいのわずかな期間という説が多い。これをベースに、赤サブについて話を進めることとする。

これに基づき、赤サブには以下2つの定説がある。
①1970年から1974年までのたった4~5年の生産説(圧倒的に白サブが多い説)
②1968年に赤サブのみで発売され、1974年頃まで生産説(白サブは後から生産説)

①は、よく書かれている、いわゆる赤サブ稀少論につながる。つまり12年近い1680生産の中で、赤サブはわずか4年少々しか作られなかったので、本来は希少なはずの赤が多く存在するのは、それだけ偽物が多かったからというもの。私はこれを否定する。60年代後半の赤サブは普通に多く存在しているからだ。

②は、サブマリーナ初の日付表記有りの1680は1968年頃に赤サブのみで発売されたというもの。ここは大事なポイントで、スタート段階では白サブは発売されていない。おそらくは1970年頃に後追いで白も発売され、数年間だけ赤白は並行して生産、やがて赤は1974年頃に生産が終了して、以降白サブだけになったというもの。私はこちらの説を採る。

1680の白サブについて、60年代後半物はほとんど存在しないのだ。どれだけ探しても出てこない。従って、スタートの1968年から1974年頃までの前期に圧倒的に赤サブが多いのは、何も偽物や交換物が多く出回っていたのではなく、当たり前のこと。12年間の生産期間中、前期は赤サブ主体だったのだ。世界中どの個体をネットで見ても、その思いは確信として深まっていった、先日、あるサイトを発見するまでは。

それはすでに売れ切れているが、ある日本のショップでの販売履歴。1968年製白サブ(シリアル25始まりで1968年製と記載)、しかも日本の正規保証書付き。これを見たときはがっかり。白サブは1968年のスタート時には発売されていないという②の定説が崩れたからだ。1680白サブ1968年製。

これがもし赤から白へのダイヤル交換物だとしたら、私も救われる。初期の赤サブ・ハック無し、ドット無し竜頭の個体をわざわざ後年の白サブダイヤルに載せ替えたということ。白を赤にではなく、人気の赤を白に。むむむ。まあ世の中にはいろいろな人がいるので、その可能性も無くはない。「ミーハーな赤などダセえよ」と付け替えたか。あるいは職人さんがOH中にダイヤルに傷を付けてしまい、やべえ、あっ赤サブの予備はねえよ、仕方ねえ白サブを付けとくか・・・とか?だが、普通に考えると、1968年の発売初年度、同時に白サブも発売はされていたと考えるほうが正しそうである。と私は一度自説を曲げそうになった。

ここで私はふと考えたわけである。シリアルの年式ってそもそも正しいのかと。私は特にこれというサイトではなく、どこも同じだろうと都度検索して調べ物に使っていた。例えばこういうサイト。ロレックスシリアル。 確かにこれを参照すると、シリアル25*****は1968年製であり、多くのショップが記載する製造年もだいたいそのシリアル表に沿っている。他のサイトに行くと、同じものもあれば微妙に違うものもある。

これが私のミスであった。ネットに掲載されているものを盲目的に信じていた。ネットの情報は転載されていく。間違ったものが検証なしに普及していく危うさは知っていたはずだったのに。

そこで私は海外の有名なロレックスサイトである「vintage rolex forum」を訪問した。そこには「The Vintage Rolex Case Number Project」という膨大なデータページがあって、メンバーが自分の個体やショップで売られている情報から、様々な時計のシリアルを書きこんでいくことで、リアルなデータを作ろうという試みがあることを知っていたからだ。少なくともそのリストは他とは違い出典が記載されていることによる根拠のリアリティーがある。他の多くのサイトのシリアルリストには出典がない。結論を書く。そこではシリアル25*****は1970年だった!それどころか、これまでネットに出回っていたシリアル、特にヴィンテージ物の常識を覆す内容にすらなっている。

一例を挙げよう。前のリストでは私のバースイヤーである1963年製は16*****(7桁)であり、私もよくそのナンバーの個体を探したものだが、「vintage rolex forum」では1963年製は一桁少ない95****(6桁)である。何ということだろう。70万も数字がずれているではないか!forum の細かい情報を元にリスト化したサイトを掲載しておく。先ほどのとは随分と違うことがわかってもらえると思う。ロレックスシリアル2。

ここで以前にサブマリーナの記事でさらっと書いたことを改めて書く。そこで私は手元の分厚い洋書には、1680は1969年発売(赤サブのみ)となっていると書き、その発売年度についてやや懐疑的なニュアンスを残した。これまでさんざん1967年製、1968年製と記載された赤サブの販売履歴を見てきたからだ。だが、もしその年表記の論拠となるシリアルが今回と同じように間違っていたら…。調べていくと、、すべての事実がその洋書通りに進んでいくのだ。驚くほどに。先ほどのリストを見ていただきたい。1969年は20*****から始まっている。私は今後その説を採りたいと思う。

まとめる。1680は赤サブのみで1969年に発売された。

シリアルは20*****あたりから39*****あたりまで。1966年製赤サブ(シリアル20*****)などと、画期的な年度が記載された過去のショップ販売履歴(私はこの1966年という記載にずいぶんと惑わされた)も、先のリストから導けば、単に1969年製である。白サブは1970年(頃と曖昧にしておく)に25*****あたりから発売された。1974年以降になると、赤サブが消え始める。シリアルでいうと40****あたりから。1978年製の赤サブが売られていたりするが、私には何ともいえない。一般的には1974年までである。これが結論。冒頭の①も②どちらも、微妙に正しく、微妙に間違っていたことがわかる。

*この説が正しければ、シリアル20*****から24*****台の赤サブが、白サブから書き換えられた偽物である確率はほぼない。白サブはまだ発売されていないので。

最後に、年式を安易に表記することのリスクを改めて感じた。自分のバースイヤーだと思って買ったら、何年も数字がずれていたら泣くに泣けない。年式は次の4要素から推測が可能である。ケースのシリアル、裏蓋刻印、クラスプコード、保証書。たぶん製造年度を最も近く表しているのは裏蓋刻印であろう。シリアルは年度が推測でしかないこと、その数字はケース製造年である可能性が否定できないことから、私はヴィンテージ物についてはそれほどはアテにならないと感じている。クラスプコードはもっとひどい。数年は簡単にずれている。多くはシリアルから推測される年より後のものが付くことが多い。最後の保証書の日付は論外である。私が過去に見たミルガウスはシリアルが79年なのに、保証書日付は88年だった。


【赤サブの偽物】
次の話題。私は偽物の赤サブというものも見てみたかった。知らない人のために画像を載せておくと、白サブはSUBMARINERの表記が、ft/m表記より長い。赤サブは基本的には短い。なので、白サブの上にそのまま赤を載せると下記のような感じになり(ただし画像は書き換えではなく偽造ダイヤル)、これはもう問答無用のパチ物なのだが、こんなシンプルなものはさすがに滅多にない。で、色々と調べると、やはり可能なようである。載せ替えではなく、書き換え。たぶん見抜くことは容易ではないし、日本ロレックスは文字盤が書き換えられていようと正規物であればOHは通すのだと。ここから先は立ちいらないほうがよい。赤シード、TIFFANY、COMEX。前に書いた「知らぬが仏」の境地にでも入れば別。所有していない私にとっては他人事といえば他人事。
fake sub 1680 
偽物の赤サブ。
フィートファーストではSUBMARINERのSは下左端の6よりも必ず内側にくる。
この写真のように外側にくる表記はない。
他に、オレンジで囲われた王冠マークや大文字Lの跳ねもそうだが、OYSTER~の表記で一発でわかる。
左端のオレンジは、このラインは5分刻みに太くないと駄目デス。



【トリチウムの焼け】
赤サブはあまり出回ってはおらず、それでもいくつかの個体を拝見。インデックスや針のトリチウムはオリジナルだと普通はこんがりとオレンジに焼けていて、さすがに経年変化によるシミが出来ているものが多い(ちなみにトリチウムの焼けは英語で“patina”である)。中にはほとんど焼けていないものもあって、最初は交換用文字盤かと思ったが、調べてみるとそうではなく、古いロレックスのトリチウムの焼けはひじょうに個体差が大きく、ある海外サイトの検証では、普段使いで使い込んだヴィンテージ物ほど白く、箱にしまわれたままの個体が濃く焼けるという事例も紹介されている。真偽は所有したことがないので不明。個人的には、赤サブに限っては、あまり文字盤や針が焼けていないオフホワイトが好みである。黒ときれいな白に、赤い文字はひじょうに映える。下記の赤サブは何と最初期のメーターファーストである。奇跡的な個体ではなかろうかと。 
1680index.jpg     forum1680.jpg
          これぐらいの色合いが個人的には好みである(MK-Ⅱダイヤル)。


【赤サブの付属品】
以下、おまけ。私はどうやらコレクター気質満載であることは前にも書いたが、今回もまあ調べに調べた。何を?いや付属品のことを。しようがねえなあ自分と、やや汚い言葉を吐きながら書き記しておく。まずイカリ。アンカーである。これは鎖が付いていたら偽物。赤サブに限っては当時モノは銀色のヒモが正しい(笑)。もう書きながら笑う。実はこのアンカーにも時代によって細かい変遷があり、実に興味深いのだが、興味深いのは私ぐらいのものだろうから書くのはやめた。サブのアンカーは実に多様であることと、オークションに出ているモノは偽物が多いということは書いておく。と書いて、やっぱり自分のブログだし、便利なのでリンク(個人サイト)だけは貼っておくことにする。オタクってすばらしい。どの分野でも文化をつくっているのはいつもオタクだ。ロレックスアンカー。sub anchor

冊子は有名なこれ。入手するには軽く5~6万はする。クロノメータータグ(赤タグ)は、ホログラムでないもの。それと緑タグは稀にSUBMARINER表記有りのものがあり、表記無しも含めて王冠マークが飛び出たもの。箱は数種あって、内箱底のナンバーは、「10:00.1」、「67.00.3」あたり。時計の枕は画像のような下敷き。紙箱は古いのはベージュに緑ストライプ、後期は例のタツノオトシゴ。月の表面(ムーンクレーター)の箱は、赤サブに限っては後付けである。ギャラは前期はどれもそうだが、今我々が目にするものとはまったく違うが、途中からは例のパンチングギャラ(海外物)。ちなみにパンチングギャラはシリアルがパンチされていない手書きの物も多く、いかにも怪しい。後はパスケースやカレンダーが付いていたりいなかったり。以下、まとめて写真を載せておく。
EARLYSUBBOOK.jpg
ebay 1680 tag
forum1680 box papers


【補足】
こんなところで赤サブについての考察は終わり。何度も書くが、ブレスは93150が付いていたら交換されている(後期の白サブは別)。正しくは9315の巻きブレスである。あまりにも多くの交換されているものが、何の但し書もなく売られているので、くどいが書いておく。前にも書いたが、それが悪いということでは決してなく、もし買うなら知った上で買ったほうが良いだろうということ。カレンダーディスクもそう。真っ白なものは交換されたディスクであり、これは白がすごく目立って個人的には好きではない。ベゼルの細字も同様。最後に赤サブの今の相場的は100~130万円ぐらいで、ギャラや正規の箱付きはほとんど出て来ない。赤サブは白サブより30~40万は高いが、シードの赤と白の格差はもっと激しく、赤ラインの有る無しで100万は違う。ラグはさすがに磨きこまれている個体も多いが、これはさすがに40年近く前のヴィンテージ物では仕方ないかと。ただ針だけ交換されて白く、文字盤のインデックスが黄色いままという何ともバランスの悪い個体が多い。日ロレではまだOHは受け付けているはずだが、出すとかなりの確率で針はルミノバに交換になり、文字盤を交換すると白サブになって戻ってくるという非情なことが待ち受ける。4桁ヴィンテージはそろそろ曲がり角であろうと思い、それでも行くなら個人的にはノンデイト5513の方かなと、身も蓋もないことを書いて終わる。

再び114270、今日はG番のこと

前回、旧エクスプローラーⅠ114270の記事をアップしたせいか、その検索ワードで訪問する人の数が多いようで、これは本当に“売れている”のかもしれないと実感。海外ではまったくといってよいほど人気がないモデルで、日本だけの現象のようである。やはりキムタクか!

今後ロレックスから36mmサイズのスポーツモデルが発売される可能性は極めて低いと思われ、そういう意味ではこの114270は貴重ではある。私も今後は手放すつもりはない。ただこういう流れは読めなかったなあと思う次第である。

何度か書いてきたように、私はこのモデルを2度購入しており、ともにシリアルはG番である。もちろん偶然ではなく狙ってのこと。114270は特に最終シリアルがどうのと言われるモデルではないのだが、このG番の数の少なさは、同じく希少といわれるGMTマスターⅡのM番あたりの比ではない。個体としてはひじょうに少ないと推測される。

最初に入手した個体のGの次の数字は0、現所有のシリアルも0であること、ほとんど市場に出てこないこと、これらを考えると、おそらくG番の最初期のみの極少生産だったのではないかと私は勝手に推測している。ランダムとの関連はわからない。

最近は新着情報のアップはやめていたので、書くかどうか悩んでいた個体があった。昨日3日目にしてようやくHOLDになったようなので、自分への備忘録として残しておく。久々にG番が売りに出ていた。やはりシリアルは0番台。ギャラ付き50.8万円という価格も私の感覚では安い。私の知る限りでは市場に出てきたのは、一年以上前に、質屋の大黒屋で70万円弱という高値で出て以来のことである。ただこのショップでは買ったことはないし、当然個体も見てはいないので、あくまで情報として。

114270 Gシリアル

こんなブログでも毎日見に来てくれている人がいるのに滅多に更新せず、してもこんな内容で申し訳なく思う次第。週末に、これもまた誰も望んではいないであろう、赤サブについての続編をアップする予定。せっかくの3連休にまた台風が近づいてきているようで、大きな災害とならなければよいが…、と思っている。今日はこんなところで。

エクスプローラー114270

昨夜久々にネットでいろいろなショップのHPやヤフオクを見て、旧エクスプローラーⅠ114270の中古価格がすごく上がっていることに驚いたのだが、まさか今さらキムタクの影響ということはないよなあと。いくつになろうとキムタク(のような男)がモテるのだとしたら、大部分の男は立つ瀬がないなと、まあ私もう50を超えたから、そっちはどうでもよいが実にそう思う。でも男は見てくれではないのだよと、一応自分のブログなので遠吠えておく。じゃあ何かと問われたら、まあいろいろだと言うしかない。本題から外れるが、この前の食事会以降色々と考えてコメント欄は閉鎖することにした。本当はそこでのやり取りはすごく楽しいのだが、もうブログそのものをやめるかなということも含めて考えに考えた末にそう決めた。その代わり、これまで書けなかった角度から書けるようにはなるかと思うし、また今後はどう変わるかはわからない。

話しを旧エクワンに戻す。円安の影響で全般的に高騰傾向にあるとはいえ、ここ1ヶ月ぐらいのことでいえば、114270の高騰はかなり顕著ではなかろうかと思う。旧シードやGMTあたりは落ち着いているようにも思えるから尚更。昨年末に知り合いから譲ってもらう直前、私はこのモデルを真剣に探していたので、当時の価格感はよく覚えていて、高年式のVで30後半、MやZなら30前後、D以前だと20後半であった。20~30%ぐらい上がったことになる。このモデルは生産年も長く、よく売れたので高騰することはないと思っていたのだが…。

とは言え、この時計一押しである私にとっては何だかうれしい現状でもある。色々な時計を買ってきたが、それこそ他メーカーも含めると、軽く50本は超えると思うが、114270はこの先絶対に手放せない時計であることは間違いない。今日は仕事で難しいこと、困難なことがあるとわかっているという日の朝、私は必ずといっていいほどにエクスプローラーを選ぶ。私にとってはそういう時計。逆にちょっとウキウキするような日はGMT、と今書いて、一体自分は最近何にウキウキしただろうかと思い苦笑を禁じ得ないが、まあ時計屋さんを回るとか(苦笑)、う~む!、ほかには・・・、中学に上がった娘と最近出かけることも減ったし、まあぶらっと小旅行に出たり、地方のライブハウスに行ったり、たまに競馬場に行ったり、よかった、よかった、無くはない(安堵)。そういう時は確かにGMTが多い。

114270は径が小さいこともあって、決して目立たないし平凡ですらあり、正直なところ所有の満足度は高くないが、それでもこの時計は旧シードと並んで最も男らしい時計だと自分では思っている。デザインは究極的なまでにシンプルであり、そして強固な意志のような何かを感じる。

今のエクワン114270は2本目で、最初に持っていた頃、オイスターパーペチュアル日本限定116000も所有しており、このそっくりだと言われていた2本を並べてみて、強く実感したことがある。その感覚が私を6桁から遠ざけたのだが、116000はやはり現行特有のラグ。径は1mmか2mmしか違わないのだが、やはりボッテリなのだ。だから似ているようでも印象は全然違った。エクワンの方が締まっている。クロノグラフもデイトもないシンプルな3針モデルは34や36mmまでだと、あくまで個人的な感覚としてそう思っている。
116000-3.jpg114270-3.jpg
写真の角度は違うが、ラグの形状の違いをわかってもらえるだろうか。


しつこいがキムタクなあ。テレビドラマでキムタクがはめたから(14270の方らしいが)、30%も高騰するのかよ。そう考えると、ロレックスの相場を支えているのはしょうもない見栄や虚栄心や個人の欲望やら、そういうものなのかと考えたりする。キムタクがタグホイヤーやオメガをはめたら、やはり売れるのだろうか。売れそうで怖い。

今日は昼に中野へ。相変わらずにぎわっており、価格も高値安定。マイブームのヴィンテージ物を眺めてきた。いつものことだが、メインは40前後が多く、若者は決して多くはない。今の日本の全人口に占める中高年の割合は70%を超えており、少子化傾向に歯止めがかからないために、これから人口分布図は見事な逆三角形になっていくのだが、日本人の金融資産の大半はやはり上の世代に行けば行くほど握っているという事実がある。中高年と位置づけされる40歳以上の世代には、ロレックスは高級ブランドとしてのイメージが定着しており、要するに今後価格が極端に下がることは無いと考えたほうが良さそうであるということ。私の回りでも現行の6桁ロレックスが今一つ好きではない人間は多くいて、そうなると中古の需要はますます高まり、程度が良くて、メーカーでOHが受けられる5桁の中古市場はこれからも活況を呈する気がする。まさに欲しい時が買い時かもしれない。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR