オリジナリティーについて

一度だけ訪問したことがあるリベルタスさん。最近、同店の記載で「針は消耗品のため交換されていてもその価値は減りません」というのを何度か目にした。「針の色が文字盤のインデックスと合っているかどうかが大事、塗り直しもOK」と断言。さすがである。同社こそが日本のヴィンテージ市場のマーケットリーダーであるがゆえにだ。パーツすべてがオリジナルであることが好ましいという考え方を否定するつもりはない。むしろ正しいと思う。だが、もはや半世紀を経ようというヴィンテージ時計の更にこれからを考えるならば、どこかで考え方を変えるというか、許容の幅を広げていかないと今後の市場はどんどんと狭くなるばかりだ。何せ、時計はその多くが消耗品で成り立っている「精密機械」なのだから。

何度も書いてきたように、私について書けば、徹底したデザイン至上主義なので、個人的には針どころか竜頭や他のパーツが交換されていてもさほど気にはならない。私が気にするのは発売以来一度も手を加えられていないかどうかではなく、古い時計であっても視覚における色彩や形状のバランスがきちんと取れているか、である。従って、文字盤のインデックスは焼けているのに針だけが生白くルミノバに交換された個体を受け入れられないのは、それがオリジナルではないからではなく、色彩のデザインがあまりにもアンバランスだからである。又、チュードルのサブマリーナではオリジナルのデコボコ&ガビガビの文字盤をよく見るが、あれなら純正のきれいなサービスダイヤルに交換されている方が私には好ましい。

そういう指向であるから当然私はオールニューもリダンダイヤルも否定しない。古いオイスターデイト等における、宝石の付いていないブルーグラデーションダイヤルは過去ロレックスから発売されたことはないので、たまに目にするそれはすべてリダンだが、機会があれば手に入れたいすらと思っている。

オリジナルにこだわる考え方も、またそうではない考え方も、ともに個人の自由である。ただ、私は自分の基本的なスタンスというのは持つべきだと思っている。スタンスはポリシーと言い換えても良い。昔、私がまだ競馬をやっていた頃のCMで、「自分のスタイルを見つけると競馬はもっと楽しい」というキャッチフレーズがあった。これは至言で、あらゆることに通じる。自分のスタイルを持つこと、それは趣味における最高の自己追及&表現であり、またこだわりともなる。誰に惑わされる必要もない。世間に流される必要も、お店に踊らされる必要も、隣りの誰かさんの顔色を覗う必要もない。邪道と言われようが、自分の金と時間を費やしての趣味なのだから、ひたすら自分の好きな道をゆけば良いし、同じ意味において、私は他人が自分とは違う趣向を持っていても、それを批判することはしないし、したくないと思っている。色々な人がいても良いではないか。

「自分のスタイルを持つと時計はもっと楽しい」

亡き私の父は生前古いカメラをこよなく愛し、私ら家族に多くの写真を残してくれた。当時ですら時代遅れのごっついカメラをどこへ行くにも持ち歩き、家では頻繁に手入れしていた姿を思い出す。幼かった私がいじっても怒りはせず、フィルムを抜いていつまでも遊ばせてくれた。今でもあの硬質な手触りと、レンズを覗いたときに香る皮とメカ独特の匂いを思い出す。詳しくないのでモデル名はわからないが、普段は収納されているレンズ部を外に出す箇所が蛇腹になった古い仕様のカメラだ。父は登山とスキーをこよなく愛したので、数え切れないモノクロの山岳写真が実家のアルバムに収まっている。それと同じぐらいの大量の家族の写真もまた。古い道具を愛することは私にはとても人間らしい行為に思えるのだが、それは在りし日の父の姿が今も記憶にあるからなのかもしれない。

随分と話が逸れた。今日はヴィンテージのことをテーマにもっと掘り下げようかと思ったし、悪意ある上塗りや後乗せなどについても触れようと思ったが、書いているうちに面倒くさくなった(苦笑、すみません)。結論、人それぞれの自分のスタイルで楽しもうではないか。横目で他人の人生を覗き込み、それを羨んだり、その価値観を批判したり、又押し付けたりする必要もない。人はそれぞれの人生をそれぞれの価値観で生きているのだから。誰の人生も面倒なことや嫌なことが余りにも多く、思い通りにならないことだらけであろうが、だからこそ数少ない楽しみである個人の趣味ぐらい、人目や世間の常識に縛られずに、自分のスタイルで好きに楽しめばよいと思う。他の嫌なこと?それは仕方ない。自身の運命を受け入れ、独り歯を食いしばって乗り切るしかなかろう。人生なんてそんなもんだ。幸いあなたや私には最強の相棒がいるではないか。未知の世界へ挑む潜水士や冒険者という名の。左腕のこいつらとともに乗り切っていくしかない。
スポンサーサイト

ヴィンテージはどこへ

以前、製造から半世紀近く経った1960年代70年代の時計のパーツ、特に針がそろそろヤバいのではないかという記事を書いた。トリチウムが焼けたオリジナルの文字盤に真っ白いハンズのバランスはとても恰好悪いとも。

今回は他のパーツの話。少々マニアック。「いつまでも交換用パーツがあるわけではない」がテーマ。一例を挙げる。まだ記事にしていないが、デイトナ16520のサファイアグラス(風防)は私が探した限りではどこにもなかった。これはちょうど2年ぐらい前、仕事でアジア中を飛び回っている多忙な友人からOH代行を頼まれたときのこと。軽い気持ちで引き受け、代理で日本ロレックスにOHに出した際、後日ロレックス社から電話がかかってきて風防の交換を勧められたのだ(絶対条件ではなかった)。サファイアグラスの交換などもっての外だと思った。なぜなら、ご存知のように初期のエルプリは当然透かしの王冠マークなし、日ロレで交換すると王冠マーク付きの風防にされてしまうからである。しかも交換したことがわかる、王冠の下のスペースにSが横向きに記載された変な王冠マークに。預かり物にこんな処置を施すわけにもいかないので風防交換は断った。書き忘れていたが、預かり物は黒文字盤の初期225タキ4ラインである。針や文字盤はもちろん、竜頭もプッシャーも交換無しだから極上品といって良い。いつかこの時計を譲って欲しいとあれから2年経った今もそう思っている。

それでOH期間中に正規品の風防をどこかで入手して、日ロレ以外の工房で交換しておいてやろうと、まあ親切な私は考えたわけである。そこで色々と探したのだが、王冠マークのないオリジナルパーツの風防25-295(サイクロップ無し)はどこにもないのだ。私が甘かった。八方手を尽くしたがどこにもない。有名なメンテ屋さんに問い合わせたがどこも「在庫なし」。海外もない。いや海外は怪しいのならある。ひとつだけ香港のショップでそれらしい中古を見つけたが、純正品の保証はないし、WEBでは傷の有無もよくわからず断念。仕方なく先ほどの連絡のあと、OHが上がり、その受け取り時に日ロレのカウンターで相談。そうしたら白衣の人が出てきて、「いえね、この風防は他の16520のとちょっと違うんです。かといってマガイ物や社外品と断定するには質があまりにも良すぎるんです。このモデルの最初期には他にもちょっと他と違うところがある(変な日本語で申し訳ない)んですが、全貌はもうわからないんです。だから先日電話で交換のお話をさせていただきましたが、ワタシ個人の見解としてはこのままでいいと思います」。このコメントはマジで現役の日ロレ技術者の言である。深いなあ。80年代後半の時計でこれである。まあ頻繁なオーバーホーラー(ハハハ)として優遇されているのかもしれない。いや実際のところ、恐ろしくて計算していないが、私が日ロレにOHに出した数と金額はなかなかスゴイゾ。

少し話が逸れたが、今回書きたかったことはデイトナ5桁のオリジナル風防の入手がきわめて困難というかほぼ不可能だということ。ロレックスのオリジナルパーツの豊富さには自信があるという某工房もこれには「う~ん無理です」と。もちろん、あるところには有るのかもしれないが、私が探した範囲ではどこにもなかった。ついでに書くとフラッシュフィット503も入手は難しい。503Bではない。初期3駒ヘアライン・シングルバックルブレス用のフラッシュフィット503。つい先週、私が見る限り初めてヤフオクに出てきて結構な入札が入り、2万円近い価格で落札されていた。何度も書くが、80年代後半の時計のパーツでもこんな具合である。60年代となると…。

後日談。デイトナを返却するときに、上の経緯を話すと、所有者は海外のショップに頼めば風防なんていくらでもあるよと。げっ、そうなのか。ヴィンテージはネットワークさえ持っていれば、まだまだ全然オッケー、大丈夫だとも。それに風防など社外でもいいのだ、意外と細かいことを気にするのだなとも。そ、そうなのかー。

これからのヴィンテージはどうなるのだろうか。発売から結構な歳月が経った今は曲がり角なのだろうか。いやたぶん曲がり角なのは我々の側なのだろうという気がするが、そのあたりは次回に。
IMG_2162.jpg

つぶやき2

せっかく順調だったのにまた間が空いてしまった。そこそこ下書きはあるのだが、いかんせん殴り書きのような状態なのでそのまま掲載はちょっとまずい。まずいというのは、自分の文章が誰かを極端に不快にさせたり傷つけたりしないかどうか、あるいはショップさんに迷惑がかからないか、これらは一応気にしている。このブログにそういう意図はまったくないので。だが、その一方であまりにも無難な内容というのも、これまた書いていてもおもしろくないし、読んでいてもそうだろうから、そのあたりのバランスは結構難しい。実は委託手数料×%(すごく安い、5%よりも安い、おわかり?)などという真っ赤な嘘を公言している店があって、さすがに腹が立って、今日はそれを糾弾する詳細な記事を書きかけたのだが思うところあってやめた。皆の衆、騙されては駄目だ。柄にも合わず私は簿記資格を持っていて、自分で言うのも何だが数字にはすごく詳しい。騙す方もイカンが、騙されるほうも又ダメなのだ。その騙しの鍵は消費税だ。美味しい話には必ず裏がある。

今日はつぶやきスタイル。続ける。
新型GMTマスター青黒がいきなり中古ショップに並び始めた。つい最近まで価格コムでは正規店で探し回っていた人たちの書き込みで溢れていたが、おそらくは供給が増えたのだろう。良いことである。デイトナも欲しい人は多いだろうからそうなれば良いと真に思う。並行店でサクッと買って喜びに浸るのも又良しだ。特にお金のある人。有り余っている人はぜひ天下の回り物としてお金をグルングルン回して欲しいもの。個人的には白が格好いいと思う。

夏は白文字盤と言うが、確かになあと思う。夏の日差しに、例えばエクツーの白は映えるだろうな。私が所有する白文字盤はエルプリデイトナだけ。こういうときに手放した時計のことをフト思ったりするものだ。前のエアキング(114234)とか。でも、もうすぐ夏も終わりだ(笑)。

最近、海外のサイトで旧GMTマスターⅡ16710のキャリバー3186が急激に増えてきているのだが、これがどうにも怪しい。Zの6番台が出始めたのだ。ご存知の通り、M番はすべて3186だが、Z番に限っては8か9の一部に搭載。たまに7でも散見されるのだが、6番台というのは以前はまったくなかった。最近、キャリバー3186のムーブメント単体が出回っているので、乗せ換えの可能性があるのではないかと疑っている。もちろん実際のことは不明だが、私ならそんなリスクは絶対に回避する。高くても狙うなら、やはりM番だ(個人的見解)。

せっかく触れたので最終シリアルのことを。実に馬鹿馬鹿しいと私も思っている。だが、時間を知る道具に数十万円、場合によっては数百万円をかけている時点で、すでに馬鹿馬鹿しい輪っかの中にいるとも言える。私のデスクの上にある、時間を知るための時計(クロック)は1200円であって、時間は実に正確で見やすい。少なくともデイトナよりも見やすい。ロレックスだパネライだパテックだと、原価の百倍ぐらいのブランド使用料に大枚を払っている時点で、まあ全員同じ穴のムジナであるし、その中でもスパイダーだ、フルオリジナルだ、ミラーだと、様々な価値を見出す馬鹿者がいるからこそのマーケットであり、多少大げさに書けば文化でもあって、馬鹿馬鹿しいと思いながら私は今でも最終品番が心底好きであるし、誰かに踊らされているとも思っていない。それに希少であるがゆえに、安易に時計を手放すことの歯止めにも充分なっている。←ハハハ。自己弁護、自己弁護。笑って下され。

先週の休暇中にヴィンテージ物の巻きブレスの駒詰めに挑戦。これは難事である。時計職人ですら嫌がるというこの作業。実は中野の某ショップで青サブを買った際にやってもらった時も、実は少々いびつな仕上がりだった。これはマジで難しい。一応やるにはやったが、やはり完璧には出来なかった。私はハードブレスの予備をいくつか持っているので、巻きブレスはこれかNATOストラップに替えようと思い始めている。しかし、この巻きブレス、びっくりするぐらいに安っぽい。安っぽいのに中古で買うと10数万円。まったく難儀な趣味である。4桁、5桁ではなく、現行だけを追う人の気持ちがよくわかる。最新こそ最良。うむ、うむ。

今日はこんなところでお終い。つぶやき程度での更新は楽であるナ。もうすぐ夏が終わり秋になる。少し名残惜しい。最後に、関係ないが、映画の『シン・ゴジラ』が面白いらしい。日曜日に娘と行こうと思ったら、友だちと花火大会に行くからダメーと。ショボーンである。昔はきゃあきゃあ言いながらついて来てくれたのに。本当、ショボーン(しつこい)。ではまた次回!

夏季休暇

昨日の金曜日は久々の休み。平日に休んだのはいつ以来であろうか。仕事をしようと出社したのだが気が変わったのだ。この土日は休みと前から決めていたのでこれで3連休である。昨年私は永年勤めていた会社を辞めて独立し、ひとりで働いているので今は完璧に自由なのだ。やろうと思えば何でもやって良い立場になり、それならば念願だった時計ビジネスでも始めようかとも画策しているがそれはまた別途。会社を辞めるということは上司がいなくなるということを意味するが、もう少し突っ込んで書くと、あらゆる会社のルールというものは、基本的には怠惰な人間を縛るために権力者が自身の利益保護のために作ったものだということがよくわかる。要するに自己管理が出来るなら、本来人はもっと自由に働いて良い。

ということで昨日は完全オフ。ランチはビール付き。プハーーーー!っと葛城ミサト状態。ハハハ。昼間のビールは実に旨い。お代わりまでしてしまったではないか。暑い中ふらふらと散歩をし、ほろ酔いのまま事務所に戻って、今度は缶チューハイ。それで競馬でも観るかと思ってテレビを付けたらやっていない。そうだ、今日は平日だった!いやあ、贅沢だなあと、またうれしくなってしまい、昨日着用していた16710のM番を鼻歌を歌いながらゴシゴシと洗浄。何だかんだと複数本購入したM番の中で最初に手に入れた最も思い入れの強いブツ。このブログで以前裏蓋を空けた写真を公開した。更に置きっ放しにしている古いチューサブも。さすがにヴィンテージの本体は洗えないので、巻きブレスだけ外して、そのすき間を歯ブラシでゴシゴシと。時計を洗うというのは実に気持ちが良いもの。私も一時期はそうだったから偉そうには書けないが、時計など自分でブレス調整をし、自分で洗わないとダメだ。所詮はモノである。腕に付けるよりも、収納したそれを眺めている時よりも、私はブレスを外したり洗浄している時にこそ自己所有の実感を強く抱く。

そのあとは、夏だからとオーディオでビーチボーイズをかけソファーにごろんと。いやあ夏休みだよ、サマーヴァケーションだよ、楽しいなあと思って(ただの酔っ払い)「サーフィンUSA」などを聴いている内に、やがてグースカピーと昼寝(ぜいたくダナー)。

夜はテレビでオリンピックを観ながら今度はウオッカのコーラ割り。帰宅するタイミングを失ったのでそのまま夜中も観戦。柔道、アーチェリー、競歩。そして最後は錦織のテニス。観た人は分かると思うが大接戦。最後はテレビの前で立って応援。がんばれー!がんばれー!今年の日本人選手はがんばっているなあ。終わったら朝の6時過ぎ。倒れ伏した。昼に起床して寝惚けまなこでONOMAXさんの16520A番黒158万円を発見。これは買いだなと思い、トイレに行き、コーヒーを入れてデスクに戻ったらHOLD。は、はやい。恐るべし、ロレ好きたち!

高校野球もオリンピックも宴たけなわ。お盆が来て終わると、夏も終わる。花火も海水浴も、今年もまた夏らしいことは何もせぬまま終わるのかとしみじみする。子どもの頃は夏があんなに楽しかったのになあとも。盆休みの人はどうぞ良い休暇を。仕事の人は誠にお疲れ様である。それぞれの夏である。

クロノグラフ

IMG_2141.jpg

あまりこのブログで自分の時計を紹介しなくなって久しいが、たまにはということで、写真は何年か前にベルギーから個人輸入で仕入れた16520初期225タキ4ライン。自分の記憶に間違いがなければ、ここで披露するのは初めてかと。好き好きはあろうが、私はデイトナはどの型番も白のほうが好みである。さすがに猛暑の今はケースにしまい込んでいるが、他の季節では結構普段使いしており、満足度も高い。満足度は高いが視認性は悪い。はっきり書くと、時計なのに何時かよくわからない(苦笑)。もはや腕に付けたアクセサリーであるが、時計はそういうものだと今は思っている。ついでに書くとハック機能がないため、時刻合わせもしづらく、使わない機能もたくさん付いていて、まあはっきり書くと見栄っ張りが買う時計である。

それで何を書こうとしたかと言うと、遅まきながら黒も欲しくなったのである。後継の116520は白黒ともギラギラ感が半端ないので、やはり狙うはエルプリデイトナ。白が初期のL番なので、どうせなら黒は後期のUかAのトリチウム仕様と思って今日いくつか店を回ってみたのだが、どこも在庫はほとんどない。かめ吉さんに170弱のギャラ付きがあったぐらいで、ここ数ヶ月でいきなり姿を消した感じ。ただし、本来は希少なはずのP番はちらほら見かける。これから価格が下がることを見越してコレクターが手放したのだろう。面白いものだ。Pだとだいたい200万円台前半という高値。回し者ではないが、かめ吉さんのA番デイトナ、将来的にエルプリデイトナを買おうと思っている人は狙って良いと個人的に思う。ちょっと悩んだが、私は見送った。

と言うのは、久々に某店で見たチュードルのカマボコ・クロノグラフ(クロノタイム)がやたらと恰好良かったからだ。以前、ゴツいという理由で見送ったのだが、腕に巻いてみるとそうでもない。おそらくはディープシーもそうだが、真上からの視覚ではまったく問題ない。要するに厚みが問題なのだが、カマボコは割と軽いので、それほどの威圧感もない。

エルプリデイトナ16520は後継の116520に比べると地味ではあるが、それでもきらびやかな時計である。前にも書いて、もしかしたらその際に顰蹙を買ったかもしれないが、私はデイトナが似合う人にほとんど出会ったことがない。私がイメージするデイトナが似合う男はどれもが優男のイケメンである。当然自分にも似合っていないことを私は痛切に自覚している。いや、恰好いい男だってそうそう似合わない。トラック野郎を演じた文太さんが付けていてもどこか違和感があるし、健さんだって傷だらけのエクワンは似合ってもギラギラのデイトナは似合わないだろう(もちろんただの主観)。

それに比べてチュードルのカマボコは無骨であり、圧倒的に男らしい。女にもてることなど、はなから拒絶するかのような超然とした佇まい。いいな、これ。私の腕がもう少しごつければ是非とも押さえておきたい時計である。知っている人には無用の情報だが一応記載しておくと、チュードル791~のクロノグラフには79160, 79170, 79180の3種があり、それぞれベゼルが違う。プラ、回転、ステンレスベゼル。人気はプラスティックベゼル79160の前期型で、これはカレンダーに枠(黒文字盤では白枠、白&シルバー文字盤には黒枠)があり、インデックスが台形の形をしている。前後期では他にも多々違いがあるのだが細かいことなので今日はやめておく。もう女なんて面倒くさくてどうでもいいやという剛毅な男にカマボコは超おススメ。いや、やっぱりまだまだモテたいですぅ~という軟弱者にはデイトナ(笑)。私・・・?書くまでもない。決まっている。聞くだけ野暮ってものだ。では、今日はこの辺りで。(おいおい、どっちだよ?!)

79160-1.jpg
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR