バブルの頃とは位置づけが変わったロレックス

私はバブル期に社会人となった。当時は「新人類」などといわれ、日本経済は世界を席捲するかの勢い、夜の街は活気にあふれ、深夜のタクシーは止まってくれず、先輩が本当に一万円札をかざしてタクシーを止めようとしたことを良く覚えている。給料も年に10%近く昇給していた記憶がある。1980年代後半から1990年代前半の話。都内のマンションは億に近くなり、それでも誰もがもしかしたら自分も手が届くのではと妄想した時代。株価は3万円を超え、至るところに土地成金や株成金が発生し、街の様子は開発によって月単位で変わっていった。当時のロレックスといえば、コンビのデイトジャストが定番。夜の街で何本のそれを見たことか。30代でバブルは弾けたが、まだ日本は裕福さの余韻の中にいた。

バブルの時代、日本の農協のおじさんたちが胸にメイド・イン・ジャパンのカメラをぶら下げ、傍若無人にパリやロンドンを闊歩し、彼の地の人々の眉をひそめさせた、同じことが今はトーキョーで起き、我々は近隣諸国人の振る舞いに眉をひそめる。ノーベル賞を受賞したディランが半世紀も前に「時代は変わる」で予言したことを我々はいま経験している。そうそうボブ・ディラン。ここのブログタイトルは彼の曲「watching the river flow」から拝借している。

本格的な曲がり角はネットと携帯電話が普及してからという気がする。物を売ることで成り立っていたあらゆる業種崩壊が始まり、次には情報に金銭価値を付与していた企業が致命傷を受けることになった。考えてみて欲しい。つい20数年前、私たちは時間や天気を知るにも、117や177で電電公社に金を払っていたではないか。今ではそれらどころかあらゆるニュースや情報も無料で手に入る時代に生き、情報を売りにかつては花形産業であった新聞社や出版社が存続の危機にさらされている。それに、何よりもネットは不正やまやかしのベールをはがした。企業が勝手につけた価値(value)が実はそれほどではないことを露呈した。世界はすさまじい勢いで変化を続けている。そういう意味でインターネット革命は18世紀の産業革命よりはるかに巨大な変革であった。利便性の代償として人は貧しくなる。何と大きな代償であったことか。

だが、私はこうも思っている。物を売り、お金が豊かになると幸福になれると信じて頂きを目指した日本人はバブルのあの時代、モノやカネでは幸福にはなれないのだということを知った。その頂きで呆然となった。限りある命を生きる人間はそういうことでは幸福にはなれないのだということを最初に知ってしまった人種ではなかろうかと。今、新興国はかつての日本の行った道をたどる。たぶん彼らもまた彼らの頂きにおいて、そのことを知るに違いない。

かつては富の象徴であったロレックス。だがもう違う気がする。バブルのあの時代とはあらゆるものが変わったのだ。最も優れた種は「変化に対応する種」だと言う。たぶん、我々もまた変わらなければならない。もう我々が生きている間に、日本経済が復活することはないかもしれない。だが、そんなことは関係ない。結局最後は個人の問題であり、個人の戦い。国のせい、社会のせいにして不満を書き並べても意味はない。最後は自分だ。自分の境遇と運命を受け入れ、でも努力の余地はあると信じ、自分のため、家族のため、仲間のため、人のためにと懸命に働き、生きる人の勲章としてのロレックス。ロレックスの位置づけもまた変わったのだ。神田神保町にはそういう人が求める勲章を置いておく。自分自身もまたその渦中にいる人間からの、「お互いがんばろう!」のメッセージとして私は良質な個体を集め、誰かの代人としてそれを手渡したいと思っている。「お互いこれからもがんばろう」と。それが、私が始めたことの最大の意味であり意義である。
スポンサーサイト

相場の話(改改定版)

モノを売るにあたって一番大事なのはプライシング(値付け)である、と私は常々思っている。私は前職で専門家に就いてプライシングを徹底的に勉強した。その商品が売れる売れないの大方は値付けで決まる。逆に書けば、商品の値付けを最初に間違えると、それを売り切るのは至難の業となってしまう。

まず市場価格というのがある。実勢価格や相場ともいう。ネットを叩くと楽天やヤフオク、あるいは各時計ショップのサイトや楽天あたりで該当時計の相場は瞬時にわかる。だがしっかりと書いておく。ネットを叩けばいつでも買える時計の価格、あれらが「適正価格」なのではない。それは絶対に違う。では、あの価格は何なのか。私個人の見立てとして以下に書く。

あれらは単に「昨日も今日も売れなかった時計の価格」でしかない。昨日も買え、今日も買え、たぶん明日も買える価格。いや、下手をすると一か月前にも買うことができ、そしてかなりの確率で一か月後にも買える時計の価格でしかない。つまりは初動に失敗した売れ残りプライス。良い価格の時計など、下手をするとHPに出した午前11時の1時間後に売れて、昼過ぎには売っていた形跡すら無くなったりするのだ。ONOMAXさんが良い例。私は楽天でいくつかの時計をアラート登録しているが、朝にメールが来てすぐにスマホでその店のHPに行っても、良い値付けをされた時計の大抵はすでに売り切れている。まだ寝ている時間に人が買ってしまうというわけ。朝が遅い夜型人間には少々つらい。そうやって足の早い時計は私や皆さんが知らないところで売れているのだ。ネットで世界がつながってからは良くも悪くもそういう時代になった。

今は時計も二極化の時代。すぐに売れる時計といつまでも売れ残る時計。なぜか。価格が今の日本人の財布に見合っていない、つまり高いから。そして残念ながら供給が需要を超えているから。前述のように良い値付けの時計、状態が抜群のヴィンテージ時計、希少モノなどは出てきたらアッという間に売れてなくなる一方で、ありきたり価格の時計はダブついてしまっている。従って、そういった「売れ残りプライス」を相場だと思って個人がヤフオクや委託でその価格を付けてもなかなか売れない理由はここにある。

賃貸物件などもそう。郊外ではなかなか借り手が見つからないし、都内でも事務所物件は空き家だらけである。いつも不動産屋のガラスに貼ってあるものの多くは売れ残り物件。良い物件は時間勝負で契約が決まっていると懇意にしている不動産屋のオヤジさんもそう言った。不動産屋滞在中に、ガガガガガとFAXで送信されてきたり、添付メールで送られてくる新着の中に勝負に出たオーナーによる出物物件があり、それは時間や分単位で仲介会社たちの取り合いになるそうな。ここも二極化。本質的には中古時計業界とまったく同じではないか。

結局インターネットが世界を変えたのだ。こいつが登場する前、顧客は圧倒的に不利だった。情報を持てなかったからだ。自分の足で店を回ってもせいぜい数店舗、それでは本当の横の比較はできない。だからメーカーも小売りもある程度は意のままの値付け、つまりは利幅の高い値付けができた。だが今は違う。劇的に違う。情報は世界に公開され、比較されてしまう。横暴なプライスなど見向きもされない。顧客は情報を握り、前回書いたように今や個人も事業者となり、ひんぱんに売買をおこなう時代である。労せず無料で手に入る情報などたかが知れているのだ。

インターネットはあらゆる既存価値(ヴァリュー)を破壊した。つまりこれまでプライスが付いていたものを無力化したと言っても良い。ネットで世界中のニュースが無料で手に入る時代に大手新聞社が青息吐息なのは当然のこと。この大きなうねりは既存のビジネスを直撃し、あらゆるビジネスが薄利になったのは、もはや世の流れ。郊外や地方のみならず都会でも小さな商店はどこもシャッターが閉まったまま。それが良いとはまったく思わないが、リアルにそういう時代がやってきたのだ。

今日、ヤフーオークションで、あるヴィンテージロレックスが80万円台で落札された。出品者が付けた価格通りであっさりと売れるのなど珍しいことだが、モノも良かったし、価格も「相場」よりは15万円は安かった。あるべきオークションの姿だと私は思った。そしてその時計よりも15万円高い「相場」通りの時計たちは今日も売れ残り、そしてたぶん明日も売れ残る。長くなったので今日はここまで。また改めてプライスについては思うところを書きたい。

個人事業主

前回の記事で私は「やってみてわかったことがある」と書いた。その内のひとつを書いておく。それは、みなさん時計好きも実体は時計売買の(個人)事業者なのだということ。そう言われても???と違和感を覚えるだけかもしれないが考えてもみて欲しい。みなさんはコンビニで買ったパンやチョコレートやジュースをリセールしているだろうか?それらは消費して終わっているはずで、そこにおいてみなさんは確かに消費者である。コンサートチケットを買えば、基本的にはライブを見にいくし、ランチを食べれば食べて終わっている。つまり最終消費者であり顧客である。だが時計は違うはず。100%純増を貫いている人は別だが、時計に関しては、大抵の人が買うと売るを繰り返している。私もまた法人化して買うと売るを繰り返している。つまり同じ立場なのだ。友人同士での個人間売買であろうともヤフオクでの売買であろうとも、通常の店舗での売買であろうとも、ロレ好きたち(過去の私も)がやっていることはほぼ時計売買であり時計ビジネスである。

私も数カ月前までは自分を消費者だと思っていた。マーケットにおける客だと思っていた。だが、これまでの個人としての時計売買をきちんと記載してきた私的な過去のエクセルシート見れば、これ義務として課せられている法人の「古物台帳」とまったく同じではないか!確かに、私は個人として買い手でもあったのだが、しっかりと売り手でもあったのだ。いや、実際のところ新たに事業として未知の世界に飛び込んだつもりが、何だか今までとあまり変わりはないというか、ハハハ、書いていて笑ってしまうな。いやそれが実感なわけで…。

法人や事業を馬鹿にしているわけではない。確かに責任の重さは個人とは違う。だが何というか、本質だけを見据えれば同じだと思えて仕方がない。ここに集う多くの時計好きは個人とはいえ、すでに相当なプロフェッショナル。日々ショップのHPをチェックし、ブログを読む多くのロレ好きは法人と変わらぬ情報をしっかりと持っているし、相場観も持って動いている。私よりも深い知識を有する者も山ほどいることだろう。ナンダそうだったのか。本質は時計を買って売ること。過去の私個人も時計を買って売る、皆さんも時計を買って売る。本質を見据えれば法人だろうが個人事業者だろうが同じ。それが前回書いた、やってみてわかったこと。これは法人化しなければ、少なくとも私は気づけなかったと今も思う。

ひとつ補足。私はサラリーマンを辞めてからは個人の確定申告を税理士に依頼しているが、個人の時計売買の申告はしっかりとさせられている。マイナンバーで今や全員に網はかかっていると考えた方が良い。年間トータルの差益が20万円を超えたら要申告だ。そこにおいてお上の認識もまた、時計売買を行う人は個人事業者なのだ。「並行店が値を釣り上げて」「プレ値をつけて」という記述をよく散見する。確かに値を釣り上げているショップもあるのだろうが、顧客もまた売却時には少しでも高く売り抜けたいわけで(今のヤフオク個人出品の多くは法外な値付けであることは周知の事実)、そんなこんなの皆の思惑が混然一体となって、たぶん誰もが高いと感じている今の相場を形成している。ひとつのショップが、あるいは個人が価格を左右することは無理だ。需要のない法外な値付けなど無視されて売れ残るだけ。今はネットで世界はつながっており、もっと巨大なうねりのような流れ、ありとあらゆる人間の欲望を抱合した大きなうねりが相場を作る、まさに「神の見えざる手」。その相場については思うところあるが、それは次回。

法人としてやっていくと決めて実際に動き出した以上、私は少しでも長くこのビジネスを継続していけることを目標としているが、皆さんもまたこの先時計を趣味として続けていく以上、この大きなマーケットを構成する重要な一員(マーケッター)という認識を持って良いと私は思う。大事なのは情報とネットワーク。その広さ、多さ、深さ。それが個人のハッピーにつながる。そして何よりもそのネットワークは親しくフレンドリーな関係であったほうが良い。それが最も大切なことかもしれない。最後の最後、商売というのは人と人との向き合いだと思うので。私もまたこれからそういう人脈を築いていかないといけないのだなと痛切に感じている次第。今日はこの辺りで。

一か月が経ち

ショップ宛に届くメール、あるいは訪問者ご本人から決まって「ブログを読んでいます」「ブログのファンです」とありがたい言葉をいただく。うれしいやら恥ずかしいやら。人気上位ブログではないのにやっぱり素直にうれしいのである。続けてきてよかったなあと思える。人に喜んでもらえることが何よりうれしくなるのは年を取ったからかもしれない。腰痛のお見舞いのメールもたくさん頂き感謝。もう出歩けるようになっている。

今日でオープンから丁度一か月。あっという間だったかというとそうでもなく淡々と流れた観。たった一か月なのに、やってみてわかったことがたくさんある。ふむふむ、そうだったのかと。これまでは砂浜から海を眺めていたのが、今は海から浜辺を眺めるごとく見える景色はまったく違う。今の私は前と真逆のポジションからかつての私を眺めている。

新しい時計が入ってくるとわくわくする。それが最も楽しいこと。使い込まれた時計、大事にされてきた時計、さまざま。今さらながら私は自分が時計好きなのだと知る。6桁も良い。先日売れたヨットマスターなど、眺めているだけで吸い込まれそうになるほどの美をまとっていた。ヴィンテージもまた。今日アップした手巻きデイトナ6263など見た瞬間言葉無く、ただ「・・・」と唸ったのだが、それはある種の畏怖にも近い感情であった。古き良き時代のロレックスの凄みと言おうか。ヴィンテージ時計は工業製品でありながらも、経年による芸術品でもあるのだと改めて知った次第。

WEBや店頭に出していない時計が実はたくさんある。チェックやメンテが追い付いていない。中にはなかなかの秘蔵品やレア物もあるし、私個人が大事にしてきた所有時計ももう少し出していく予定。まあゆっくりと進もうと思っている。ちなみにこれまでに販売した時計では、最初のシードV、チュードル青サブ、チュードルカマボコが私個人の愛用品だったもの。どれも極美品だったはず。大事にしていただけるとうれしい。

委託品が増えてきて全部を展示できなくなりつつあり、基本的にそれらは銀行の金庫に保管しているので、ご来社前に連絡していただいたほうが確実。その委託、大大大歓迎なのだが、これから委託品を提供していただける方に値付けのことでひと言。いや、また長くなりそうなのでそれはまたの機会に。何はともあれこの一カ月に感謝申し上げたい。人とモノと運と縁に。ありがとうございました。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR