道具の奴隷となるなかれ

予告したのになかなか記事をアップできずに誠に申し訳ないと思い、とり急ぎ今日はオメガ・スピードマスターについて。今後の射程に入れてもいいかなと思う人向けの記事であり、深い知識をお持ちの御仁には無用な記事であることをまず書いておく。

speedmaster 1back case straight


写真は自己所有の145.0022。いわゆるスピードマスター5thの最初期。1969年製造で、ご覧のように裏蓋に特別な表記がある。omega speed master straight writing というもので、ややレアなモデル。これはある伝手でフランス在住の御年70になるご老人(米国人)から譲ってもらった。1972年に新品購入して、1979年にサブ5513を買うまでのたった7年間しか使っていないというワンオーナー、フルオリジナル品である。ケースは傷だらけであり、プラ風防に大きな欠けがある。そこがまたいい。

私はここ1ヵ月というもの、この時計しか腕には巻いておらず、手巻きであるから毎日決まった時間、14時にジーコジーコと手で巻いている。使った感想としては、もう最高である。サイコー。それまでのロレ熱39度が微熱の37.5度に下がったほど。私はこの時計をこよなく愛し、帰宅してこれを外すたびに、決して大げさではなくため息をつく。格好いいなあ~、おい!、と。だが、この時計のどこがどういいのかを文才のない私が文章にするのはとても難しい。

今、それに挑み、30行ぐらいの分量を書いた文章をあっさりと削除した。やはりうまく書くことはできない。要するにカタルシスなのだ。浄化ともいう。この時計を所有することによって、私はようやくにして本当に時計を愛することが出来たとすら思っている。虚飾の向こうに突き抜けた思い。それ以上の言葉を今の私は持ちえない。誠に申し訳ない。

スピードマスターの基本は手巻きである。もちろん自動巻きもあり、何を選ぶかは当人の自由だが、スピマスの基本は手巻きである。スピマスには数えきれない種類のモデルがあるのだが、大まかに書けば文字盤にprofessional の記載があれば手巻き、automatic とあれば自動巻きだ。最初にスタンダードな手巻きを買うなら、3570.50 という数字を書き記しておく。まず間違いはない。そして念のために書いておくと、残念ながら私が経営しているショップに在庫はない。

大事なポイント。クロノ針がずれている個体が多い。だが、これはOHで直るので、あまり神経質になり過ぎなくてもよい。傷も似合う時計なので、私はそれもあまり気にしない。ブレスの伸びについても汎用ブレスに代えればよいし、上の写真のようにNATO ベルトという手もある。デッドストックで置いておく必要もない。どうせリセールは大したことはない。また、この時計には最終品番という概念もない。オメガは、オメガという会社が存続する間、ずっとこの同じデザインのスピマスを馬鹿正直に作り続けるはず。たぶん半永久的に。購入価格(30万円前後)に比べてOH代(8万円ほど)が高いので、壊れたら買い替えるのも手だ。そう、使い倒せば良い。つまり、細かいことを気にするなとこの時計は強いメッセージを発している。

ロレックスをはめた左腕を郵便ポストや自販機に突っ込むには躊躇したものだが、この時計はそういうことから我々を解放してくれる。たかが、時計に付く小傷。それは値段が違うからだと主張する人もいるかもしれないが、私はこの時計に80万円を払っており、私の中では成り立たない理屈である。ただの時計であり、ただの道具なのだ。道具ごときの奴隷になるなかれ。ギャラも要らない。古い時計のギャランティーなどは保証期間の過ぎたただの紙やプラカードだということに気づかせてくれる。

もちろん同じオメガでも、100万円を超えるイタリア限定とかを所有すると(もちろん所有していないが)、たちまち私もまた自販機には時計をはめていない右手を突っ込むのだろう。情けないがそう思う。こう書いていくと、自分が(個人の時計好きとして)、いかに時計のリセールに縛られていたかということを思い知る。つまりは損得勘定である。私たちは本当に時計が好きなのであろうか。少なくとも私にとってはそういうことを考えるきっかけとなった。マンズ・マンズ・ウォッチ。男の中の男の時計。この武骨な時計を腕に巻きながら、私は当分の間、そのことを考え続けるだろう。自分よ、オマエは本当に時計が好きなのか?

こういう時計を売りたいものである。不要な方はぜひ当店へ。だが買取りは安いぞ(笑)。あー、いやいや、ウソウソ、がんばる。ロレックスもいい。だが、他のブランドにも色々な価値がある。広げていくと、多分この趣味はもっと楽しくなる。そう思う。

追記:4月は忙しくて1日、しかもたった10分しか店に顔を出せなかったのだが、4月5日にオープン半年を迎えた。時計好きの人たちにとって、ちょっと気になる店という立ち位置を目指してこれからも地道に背伸びせずやっていく所存である。買っていただいた方、売っていただいた方、委託に出していただいた方、その他多くの方々に感謝である。ありがとうございました。

IMG_2441_20170425015436de9.jpg

スポンサーサイト

ヴィンテージ新説となかなかハマらないベゼルのはめ方について

私がこれまで書いてきた記事で実は密かに自慢に思っていることがあって、それはサブマリーナ1680は最初は赤サブのみで販売され、かつそれは1969年からだと言い切ったこと。それまでの定説はどちらかというと、赤サブは希少であり、多くの白サブが赤サブに書き換えられたのだとか、店のHPで1967年製の1680などという表記もあったりしたので、一応画期的であったと自画自賛しているし、以降も様々なサンプルでそのことを検証しているが、どう考えても正しそうである。1680は当初赤サブでのみ発売され、その初年度は1969年である。くどいので今どこからか下駄が飛んできた気がする。

で、今日は画期的な第2弾。たぶんほとんどの人が興味はないだろうが、やはりここは自分のブログなので公表しておく。

古いサブマリーナのベゼルに極太フォントのマーク1など存在しない。

さらっと書いたが、我ながら大胆である。ではこの写真は何なのだ。このブログでも何度か極太フォントを紹介してきたではないか。どう考えても太いではないか。有るものを無いと言い切るのはどういうことだ。では書いていく。

まず1960年から70年代にかけてのサブのベゼルには大きくわけて次の種類があるのが定説だった。
マーク1:極太フォント(スーパーファットフォント)
マーク2:ロング5(5の下のカギの部分が長い)
マーク3:まあまあ太字の最もポピュラーなベゼル
マーク4:80年代や交換パーツであるすべての数字が細字で4が台形。
*スキニー4という希少ベゼルは脇に置く。
写真の手前から奥に向かって、マーク1, 2, 3, 4 だ。
bezel rolex
(勝手に海外サイトの写真を拝借。すみません)

で、新説を披露する。レッドトップ以降の60年から70年代前期のサブのベゼルは基本2種しかない。マーク2(ロング5)とマーク3だけだ。マーク1は文字がただ滲んで太くなっただけ。どうだろうか。

いや、実はこれ、海外フォーラムの受け売り。まあそれを発見しがんばって翻訳した努力だけ認めていただきたい。一応自分で検証もした。たぶんこの説は間違っていない。私も前から不思議だったのだ。KISSING 4 のチューしている間隔が個体によってバラバラであることに。完全にくっついたディープキス状態のもの、チュッとフレンチキス、そしてほっぺの前で躊躇して止まっちゃいました、もある。これは一体何なのだと。簡単である。経年、紫外線、その他の外的要因と内的要因によって文字の部分が滲んだだけ。マーク1(極太フォント)というのは、マーク2又はマーク3の文字が滲んで太くなっただけ。ハイ、新説終わり。

最近特に面白いのがGMT(1675)のベゼル。コソコソといくつか買い集めた。何が面白いって、ベゼルを替えるだけでまったく違う時計に変身するのだ。ベゼルが3個あれば、1675を3個所有する気分になれる。本当である。以下に実例を示す。

1675-1.jpg1675-3.jpg
1675-4.jpg1675-5.jpg


どうだろうか。左上が元のベゼル。面倒なので2枚目以降はただベゼルを乗っけただけだが、違いがわかってもらえるだろうか(社外品も交じっているがご容赦)。個人的には下段の褪せたベゼルはかなりいい。だが、元のも悪くないし、気分で黒に代えるのも有りだ。こうなると前に紹介したフクシアベゼル(紫)も欲しくなるが、これはもうヴィンテージにドハマリの兆候以外のなにものでもない。困ったものだが楽しい。いや、実は困っていない。ただ楽しい。そして「色よ、褪せよ!」と、いくつかのベゼルを陽の当たる窓枠に置いていることを告白しておく。とりあえず東京オリンピックまではがんばろうかなと。アホである。ちなみに上の写真は自己所有の1675だが、神保町にはこれより数倍かっちょいいミラー&金彫りの1675が置いてある。軽く200万超えの個体だが、ご来店の折りにはぜひ見て行って欲しいとちゃっかりセールスしておく。特別にチラ見せ(実物はリベット付き)。

1675m-1.jpg


ついでに今日はベゼルインサートのはめ替えについても書いておく。これに苦労している人も多いのではないかと。実を言うと私が苦労したのだ。古い時計の一部は簡単にインサートがはまらないのだ。手ではめ込んでいっても最後にある一か所が浮いてしまってはめ込めないことが多い。あるベゼルインサートなど朝までかかってもはまらず、翌日は右上腕部がひどい筋肉痛になった。下記を見て欲しい。無惨である。押し過ぎて、斜めの山が真っ平らになったそれを。これ私は自分の筋肉でやったのだ。ちなみに海外から8万円も払って入手したマーク3。作業中に貴重なトリチのルミナスまで取れてしまったではないか。そう、はまらないインサートははここまでやってもはまらない。
IMG_2311.jpg


ある記事にムースの蓋で押し込むと良いと書かれていたので家じゅうの蓋というフタを探したのだがサイズが合わず、女房殿に41mmぐらいの蓋のムースをスーパーで買ってきてくれと頼んだら、あっさりと「いいよ!わかった」と返事をくれてから数週間音沙汰無し。アホらしくてスルーしたに違いない。そこでややサイズの小さい蓋を自分で見つけてきて(女性用のわきの匂い防止スプレー・笑)、それで上から押し込んだところ蓋がバキッと壊れた。コスト削減は駄目だろうと毒づいたのだった。ところがである。私は簡単にベゼルをはめ込む方法を知ってしまった。感動的なほどである。あまりにも感動的だったので簡単に書きたくない。興味がある人は下記のブログランキングを!って参加していないので仕方なく、もったいぶらずに書く。ペンチで挟む。わはは。簡単であった。パチンと。拍子抜けとはこのこと。3秒かからない。あの数日続いた筋肉痛は一体何だったのだろうか。そしてなぜ誰もそれをネットで教えてくれなかったのだろうか。

今日のまとめ。サブのベゼルに極太文字などない。ただ滲んだだけ。GMT1675はベゼルを替えると楽しい。ハマらないベゼルインサートはペンチを使う。

まとめたらこんな簡単に終わるのか。これもまた拍子抜け。ペンチではめたベゼルみたいなものだ。ということで今日は終わり。誰かの為になったことを祈って。謙虚にさらっと書いたけど、今回の記事は結構血と汗と努力の賜物であるのよ。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR