消えたシード4000

今日も休めることになり、今の内にがんばって更新、更新。

いやはやすごいなと感心していることがある、何がって、シード4000のことである。絶版になり後継が43mmにサイズアップされ赤文字が復活したことに何も驚きはないが、そのお蔭で不人気だったシード4000がお宝になったとか。これも並行ショップが煽ったとか言われているのだろうか。私もその端くれだが、煽るどころか知らなかった(笑)。クォークさんや宝石広場さんが煽ったのだろうか。以前に安く売りに出していた4000を隠すぐらいのことはしたかもしれない。前に、個人の時計好きも「時計事業者」と同じだと書いたが、私は今回のことでやはりその意を強くしたのだった。売り手も買い手も、法人も個人もみんな「時計事業者」のようなもの。時計市場に存在する多くの意思、それは個人の消費者も含んで、皆の意識(つまりスケベ心)が市場を形成する。

面白いと思う。心底おもしろい。皆、抜け目なく、なかなかやるなーと素直に思う。そうか、そうか、あの不人気シード4000がプレ値か。まったく想像出来なかったな。経営者失格だな。

元々、個人的には眼中になかった時計である。実物をレキシアで手に取った話は以前ここに書いた。だが、これからはこの時計をお客さんが売りに来たら、当然私も高く買い取らなければいけないというのが、また面白い。「こんなプレ値を認めんぞ!」などと主張して、以前の買い取り価格を提示してもお客さんはただ中野に逃げていくだけだ。つまりそういうこと。こういう波が来たら、たかが一ショップが抗えるものではない。そして高く買い取ったら、それよりは高く売らなければならない、悲しいかなそれが物の道理。たぶん、こうやって販売価格が上がっても、安かった時期と比べたら利益額は間違いなく下がる。何といっても今をときめく人気モデルだからだ。じゃあ誰得?かというと、まあ色々。少なくとも私ではない。それでも並行ショップが煽って…とか言われたら、これは実に心外である。心外ではあるが、ホントに面白いな、時計市場って。

今回のことで、ロレックスというマーケットが間違いなく資産や投資の側面を持つということが露わになった。だって、昨秋はどこにでも売っていたではないか。定価100万円超えのこの時計は中古ショップでは80万円台で売れ残っていたはず。正規店にスポロレが無い無いと皆が騒いでいてもシード4000とエクツーだけはいつもあったし、多くのデイトナ・ハンターの「デイトナありますか」マラソンを尻目にシード4000は我関せずと、まるで達磨大師のように黙ってケースに鎮座していたはず。超然としていたと言ってもいい。昔学生時代に急遽、数合わせで呼ばれた合コンに途中参加したところ、野郎全員がイケメンでおまけに全員がプレリュードだソアラだの車持ち、会話にも入れずにひたすら黙々と酒を飲んでいた私のようなものだ。人生諦めちゃいかんな、まったく。何がどう転ぶかわからん。しかし、急速に市場から消えたとはいえ、本当に高値でバンバン売れるのだろうか?

シードウェラーか。最近の忙しさにかまけてシードのことなどすっかり忘れていたが、今日街を歩いていてその日差しに夏の気配を感じたことを今こうやって書きながら思い出した。そうか、そうか、またあの暑い夏の季節が来るのか。夏といえばシードだよな。私は自分の旧シードを大事にしよう。そう書いて、これまた新手の煽りだと思われたら、これもまた心外である。

この際だから本音として書いておくと、たかだか個人や時計店がマスを煽(あお)れるようなものではない。大衆の欲望に火がつくのだ。自然発火的に。燃え盛った炎は容易には静まらない。ただ火がついたのだ、たぶんあなたや、そして自分ではないと思いこんでいる私の心にもだ。ボーボーと燃え、あの不人気だったシード4000が世界中で品切れか…。面白い、おもしろ過ぎるではないか。このあと、シード4000がどうなるか、私はそのことにすごく興味がある。新しい赤シードより、そっちの方が余程興味深い。

GWもあと2日で終わり。皆さん、引き続き良いGWを。休みの人も働く人も。今は一年で最も良い季節、窓の日差しがキラキラと眩しい。
スポンサーサイト

トリビア

個人的な話だが、今日私は休日である。窓の外はとても良い天気。一年で最も良い時期かもしれない。

珍しく日を置かずに記事をアップ。今日はトリビア(雑学的な知識)。時計を扱っていて知った豆知識の披露を2つほど。

2002年頃を境にロレックスの風防の6時位置に小さな王冠マークが刻印されていることは皆さんもご存知のはずで、ネットでは偽物を見分ける初歩としてよくそのことが書いてある。キズミで見ると確かにしっかりと見えるし、私は自慢じゃないがほぼ肉眼でも見える。だが、個人としての時計好きの時代から今日までで、私は6時位置に刻印のないロレックスを2度発見したことがある。5桁のV番とランダムである。最初は血の気が引いたものだ。やってしまった!と。だが、持ち込んだ丸の内ロレックスカウンターの別嬪さんは「本物ですよ」と事もなげに言う。「たまに付いていない個体があるんですよ」と。おいおいマジか。そんなのどこにも書いてないぞ。これは奥のカウンターの技術師さんの見立てでもあるから間違いない。ご存知のように社外風防がついていたら即座に指摘される。それから数か月後、また発見。結果は同じ。正規品ですと。従って、新説として書いておく。たまに風防6時位置に、あるはずの王冠マークのないロレックスがある。数百本のロレックス風防をキズミで覗き込んだわけではない中での2本という確率。些細なことだが、結構常識をくつがえす事実ではないだろうか。

次。皆さんがお持ちの70年代、80年代のトリチウムは半減期が過ぎてまず光らないはず。私が個人所有するサブ5513(1983年製), GMT1675(1978年製), デイトナ16520L番(1989年製)もどれもが無反応だ。しかし、なぜか60年代の個体の多く(67年頃まで)は、ブラックライトを当てるとギラギラ光る。これまで私が個人所有するものも、店に入ってきたものもみんな光る。サブ、チューサブ、GMT、デイトジャスト、エクスプローラー…。なぜだかよくわからない。ラジウムが混ざっているのかもしれない。中にはリルミ(再塗布)だと主張する人もいるが、私はそうは思わない。なぜならフルオリジナルの69年製スピマスのインデックス&針も下記写真のようにしっかりとグリーンに光るからだ。新説というわけでもないが、知らない人は知らない事実なので、やはり書いておく。むしろロレックスのミラーダイヤルでブラックライトに反応しない個体のほうが私には??である。

今日記載したことが常識だろという人には申し訳ない。少なくとも最近まで私は知らなかったので、私と同じように知らなかった人のために今日は書いた。そして、特に60年代の夜光が今も光る理由についてご存知の方がいればぜひお教えいただきたい。知るはいっときの恥というが、恥などどうでも良い。真面目な話、ぜひ教えていただきたい。

GWはもう少し続く。休める方はぜひ良い休暇を。本当に良い日和。年を取ったせいか、最近気候が良いとそれだけで幸せな気持ちになる。こんな時期ぐらいは時計のことも忘れて良いのでは、と思ってしまう。

TRITIUM.jpg
光るのはほんのわずかの間で、すぐに発光はなくなる。
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR