ロレックスを洗浄した

これまで一度もロレックスを洗浄しなかったのは、過去にちょっとしたトラウマがあったからで、それは確かにリューズを閉めたはずの自動巻きタグホイヤーの風防が洗浄後に曇ったあげく、動きが止まってしまった痛い経験である。

夏が終わったら実行しようと決めていたシードの洗浄を先週末に実施した。ブログにアップするほどのことでも、そのためにわざわざ写真を撮ることもないとは思ったが、ロレックスの洗浄は初めてなので、記念ということで。

使用したバネ棒外しはベルジョンではなく、最近購入したお気に入りのBAMBI製。通常よりはゴツ目。私は腕周りは細いのだが、手はデカいので、小さな工具だとやりづらいのだ。

001_20131020201733a47.jpg


まずはクラスプのバネ棒を外す作業から。次にブレスを本体から取り外す。シードのV番はラグに横穴がないタイプなので、お約束のセロテープによるマスキング。面倒でもこれはやった方がよい。いや、絶対にやるべきだ。手が滑ってケースに無用な傷をつけると結構ヘコむものだ。この作業は最初はひどく苦労したものだが、どうやらコツを完全に掴んだようで、自分でも驚くほど楽勝である。鼻歌を歌いながらカチャカチャカチャと。1分もかからずブレスを外す。

003_20131020201846f52.jpg
004.jpg
005_201310202018500ec.jpg


水道水からのぬるま湯でまずはブレスをジャブジャブと洗う。次に液体石鹸を手に取ってゴシゴシと。さらには歯ブラシでブレスのすき間を洗う。やるなら徹底する。泡が真っ黒、と言いたいところだがそんなことはなく白いままで、やや拍子抜け。ただ多少ぬめりのようなものは感じる。これが油脂なのかどうかはわからない。折り返しのあるクラスプは特に念入りに洗う。

次は本体。これもまずはぬるま湯で軽くすすいでから、また石鹸を手に取って、ケース裏、サイド、風防、ブレスとのつなぎ目のあたりもゴシゴシ。本体には歯ブラシは使わなかった。そして一応はリューズを下にして泡を丁寧に洗い流す。水圧はややゆる目に。終わったら各パーツをタオルの上に置いて乾かす。この工程は写真を撮り忘れた。

006.jpg
007.jpg


せっかくだから他もやろうかと。オイパペ116034M番、GMT16700A番、GMTⅡ16710M番。ただすべてブレスを外すのは面倒なので、もうそのまま石鹸で丸洗い。これまでの躊躇は何だったのかという思い。洗い終わってから、すべて並べて記念写真。どれもが元々mintなので劇的な外見の変化はないのだが、びっくりするぐらい精神的に気持ちがよく、これは癖になってしまうかも。最後にシードのブレスを付けて終了。これまた楽勝。両側合わせて、1分もかからず出来るようになったことは喜ばしい。

終わって感じたこと。いちいちブレスを外す必要はないかなと。確かに本体とブレスのつなぎ目のあたりは特に汚れが付着しやすいのは確かだが、半年か1年に1度で充分ではないかと感じた。液体石鹸がベターかどうかはよくわからない。今後は2ヶ月に1度ぐらいのペースで実行していく予定。大事なものであるがゆえに、自分で洗う。基本的なことだったのだなと今は思う。

008_20131020201930bb3.jpg
010.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR