徒然に

ロレックスの値上げが確定的なようだが、相変わらずスポロレは枯渇しているようで、正規品を狙っている人には落ち着かない日々が続いていることと思う。まったく罪なことである。こういうタイミングこそ、きっちりとマーケットに物を供給して、必要としている人に届けてあげて欲しいものだ。

私は6桁は射程外なので影響はないし、最近は5桁チェックもおざなり。ここしばらくは所有するロレックスの手入れに凝り、さらには付属品やロレックスの販促品をこそこそと収集している。やはり私は愚にもつかないコレクターの資格充分なようだ。そのことはいずれまたここで公開することとする。いやはや、しょうもないものを集めてます。

とはいえ、最低限のwebチェックはしてはいて、面倒だったのでブログにアップしなかったのだが、土曜日にちょっとした出物があったことを一応備忘録として書いておく。

出物というのは、ジャックロードで売られていた中古の旧エクスプローラーⅠ114270のランダム(ギャラ付き)。ちょっと目を疑うような44万円台という価格設定。だが、やはりと言おうか、日曜日の昼頃には早々とwebから消えた。個体次第だが、購入できた人はラッキーだったのではないか。114270のGシリアルやランダムは海外でもほとんど売られてはいない。日本では70万円近い価格で売っているショップがふたつほどあるのだが…。

今日は土曜日に続いてGMTマスター16700をつけて職場へ。この時計はフル駒で13のところ、6時側は5駒、12時側は6駒と、それぞれひとつづつ外して着用している。クラスプは一番狭いところで調整。これだとやや緩くて時計が動くため、前回書いたようにFFからカチャカチャと音がして、それが何ともチープでよい味を出している。何度も書いているが、これは今から14年も前に製造された時計であるにも関わらず、手持ちの中で最も優秀な個体であると感じている。それはあくまで感覚的なものでしかないのだが、繊細な機械式時計を使うにあたっては、その感覚というのは大事だと思っている。これは複数所有できたからこそ感じ得ることでもあり、そう思える時計は大切にしていきたいと思うのだった。とりとめのない文章となったが、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR