海外のショップサイト

久々の更新である。前回のコメントで空気王子さんからリクエストがあったので、今回は海外のサイトについて書く。その前に改めて書いておくと、私が関心のあるロレックスはそう多くはない。具体的には旧シード16600、GMTマスター16700、16710、旧グリーンサブ16610lv、旧エクワン114270、旧エアキング14000M、これぐらいである。最後の14000Mを除くとほぼすべて持っているか、又は持っていたものばかり。

他のモデルにはほとんど関心がないので、購入予定があろうがなかろうが、これらモデルの最終品番であるシードのV番、GMTcal.3186。旧エクワンやグリーンサブのG番、ランダムを探しているだけである。従って、私の持つ情報は、そこそこ深くはあっても、決して広くはない。というかかなり狭い。

以前の記事で、モデルの好き好きは究極的にはデザインの好みであろうと書いたが、上に書いたモデルはまさしくそうで、つまり好きなデザインばかりであり、機能や性能を考慮してのものではない。従って、私がロレックスに求めるのは実用品としてではなく、身につける相棒的装飾品としてなのだということはその時の記事に書いた。

デザインには私はとてもうるさい方である。仕事で制作に関わっているため、デザインの重要性については自分なりの考えを持っているが、ここでそれを書くとキリがないので省略。単に好みでいえば、114270のシンプルさが私は一番好きである。

ターゲットはすべて5桁(旧エクワンも私の中では5桁モデル)であり、上に記載したモデルはすべてディスコンであるがゆえに、その中で最も新しいものという単純な理由で私は最終品番を求めているだけである。極めてシンプルな動機だと自分は思っている。また最終にこだわることで、それらは容易には手に入らないという意味において、自分の欲求を抑えている側面もある。このタガがはずれると買い漁ってしまう怖さが自分にはあるので。

上に挙げたモデルの最終品番は今や日本のマーケットには滅多に出てこないものばかりなので、それゆえ以前から私は海外のショップをネットで徘徊することが多い。ただしロレックスを海外ショップから直接買い付けたことはない(オメガやタグホイヤーはある)。

さて本題。まず私は英語でキーワードをずらずらと並べ立てて上のモデルを検索する。あまりにも古い情報を排除するために、yahooの「条件指定」のページ最終更新日で時期をせいぜいここ3ヶ月ぐらいに設定する。最近発見したショップのサイトを以下に貼ってみる。

まずこのイタリアのショップ。ここではGMTマスターⅡZシリアルcal.3186が売られている(上から5番目)。ここには英語でVATを控除して売ってもらえないかとメールを送ったが見事に無視。価格は良心的(と私には思える)5900ユーロ、日本円でだいたい820,000円。⇒Master time

次はギリシャのショップで、この秋にGMTマスターⅡMシリアルが60万円台で売られており、タッチの差で買い逃したが、3週間ほど前に10万円ほどアップしてまた掲載された。今は売り切れたので、その個体を見ることはできないが一応載せておく。この店はひじょうに丁寧なメールをくれた。⇒Chronos ora24

おフランス。ここではシードのVシリアル。すでに売り切れ。価格は確か中古で90万円台だったかと記憶する。このV番は半年ぐらい売れ残っていたかと。⇒Explorer watch

香港。ここは前に記事に書いた「君の英語は悪くないよ」とメールで励ましてくれたショップ。GMT16710Zシリアルcal.3186でのやり取り。ここは確かchrono24からたどり着いた。⇒Alex Pig

アメリカ。このショップも16710Zシリアル。すでに売り切れとなっているが、この時計は購入直前までいっていたもので、支払い方法の確認中にSOLDとなってしまった。⇒bernardwatch

イギリス。ここにはつい先日までシードVシリアルの中古が出ていた。価格は90万円台。前にVAT(付加価値税)の記事で書いたように、ヨーロッパは日本でいうところの消費税が20%近いことを考えると、この価格もあながち高いとはいえず、海外ショップの価格はそのことを忘れてはならない。⇒Watchfinder

最後に大物を。ここはすごい出物がさらっと置いてある。一例を挙げると旧エクワン114270ランダム、旧サブデイト16610lnランダム、そしてシード16600Vシリアルが2個!、すべてデッドストックである。だが怪しさも満点。サイトのどこを見ても正確な住所の記載がない。ノースキャロライナ州の北ノースキャロライナ大学本校がある美しいチャペルヒルにあるとしか書いていない。紹介はするが、ここで買うことはお奨めしない。ノースキャロライナ州に行く人はぜひ見てきて欲しい。私が行くことがあれば見て来よう(ウソです)。⇒THE GREEN GMT HAND

他にはebayやrolex forumsでも結構な出物があって見ていて楽しい。英文を見ただけでアレルギーが…という人には厳しいかもしれないが、日本と海外の嗜好の違いもわかってそれなりに得ることもある。それと今さらであるが、英語の勉強にもなる。総体的にエクスプローラーⅠは海外では不人気で、逆にGMT16710は大人気である。今日はこんなところで。

追伸:前回記事へのたくさんの拍手に感謝します。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR