出会いと別れと

今年も残すところ後1日となり、ああ1年が終わるのかと、それなりの感慨に。13名の仲間のうち8名が年内で職場を去ることになって、つい数日前に送別会があったのだが、年を取っての別れは真につらく沁みるようになった。青春期の別れはどれだけ感傷的になっても、双方に若さゆえの希望や夢のようなものがあるが、もうこの年齢になると、別れは本当に今生の別れとなってしまうこともある。送る側、送られる側とも涙に暮れたのも仕方なしだった。

さて年末年始の休みは今日と2日だけ。今日は年内最後の更新を。もう何年もロレックスに嵌っている気がするが、たった2年のことでしかない事実にはやはり驚くと同時に、よくここまで嵌ったものだと我ながら感心もする。このブログも前回の記事で100回目の更新。

ここ最近はあまり更新していないし、途中からはもう売買のすべてを書くことはしていないので、実は手持ちは大きく変動している。GMTは2個しかないし、500円玉貯金による旧エクワン114270G番はすでに手元に来ている。追い追い時間を見つけて書いていこうとは思っているが、来年もこんな調子になると思われる。あまりにもロレックス中心の思考や生活は駄目だと思うようになったので。年齢的に仕事でもうひとがんばりしたいという思いも強い。

この2年を経てここ最近のマインドとして確かとなったのは、6桁にはまったく関心がなくなったことであろうか。6桁現行ロレックスは自分にとっては関係のない別物となりつつあり、実際にあのラグをはじめ、やたらとごつく華美になった6桁は時計としても、そのデザインの観点からも好きではないのだが、むしろロレックスという企業の理念や哲学にはまったく共感できなくなったことの方が大きい。

かつてがそうであった、最強の実用時計としてのロレックスをこそ愛するのであって、世界中の富裕層をメインターゲットに雲上を目指すブランドというのは自分とは無縁でいい。人生においてそういうことに価値を置いて来なかったし、そもそもそんな柄でもまったくない。私は私は自分のスタイルでこれからも生きていきたい。

先日訪れたデパートの時計売場の店員さんによるとまたロレックスは値上げをおこなうかもしれないとのこと。またこの前のような狂騒となるのだろうか。ある意味、付いていくのも大変だろうと思う。

来年は基本的には仕事を真面目にがんばりながら、まずは手持ち5桁を大事にしていこうと考えている(もちろんそれなりに売り買いはするが)。今年はGMTマスターⅡ16710のことばかり記事にしてきた気がするので、来年は愛用しているシードのことをもっと書こうと思うのだが、シードの良さだけは文章ではなかなか伝え切れないのがもどかしい。腕に装着し、実用して初めてこの絶妙のバランスやつけ心地の良さがわかる。本当にすばらしい時計である。来年はそのことにチャレンジする。

人と人に出会いと別れがあるように、人と物にもあるわけだが、別れを前提とした出会いはやはり嫌だなと思う。それは時計にもいえるかなと。今、縁あって手元にある時計たちを大事にする、そんな基本的なことから来年は始めたい。ということで今年の更新は終わり。


今年1年お世話になりました。多くの方に感謝します。こんなブログでしたが、毎日たくさんの人が訪れてくれることがありがたく、特に最近検索でロレックスの出荷国を調べてここへたどり着く人が多いことを知ってうれしくなりました。ほんの少しでも人の役に立てればうれしく、そう思ってアップした記事だったので。2014年まずは皆さんとご家族、ご友人が健康でありますように。そして少しでも世界が調和に向かいますように。

今回の記事のコメント返信はしません。1年間ほとんど家族サービスをしなかったので、今日はこれにてパソコンを閉じます。コメントの承認制は臨時で解除しました。また来年!みなさん、どうぞよい年をお迎えください。

006_201312311725560d9.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR