情報

最近ここのブログを「ロレックス出荷国」「ロレックス 裏蓋開ける」等のキーワードで訪れる人が多くて、こんなブログでも多少は人の役に立ててると思うとちょっとうれしい。以前、初めて16710をOHに出した際、見積り書に16710Tと記載されていたのだが、そのTの意味がどうしてもわからなかった。それで、ネットで数日調べまくったら、すごく古い2chの記事で、ある人が品番の後ろのTはラグの横穴無しモデルに付くのだと書いてくれていて、その意味を知ることができた。その時は素直にうれしかった。ありがたいと思った。そんな思いがこのブログのベースに多少はある。

だが、私の場合、もう一歩、そのTは何の略かを知りたくなる。それについてはいまだに不明のまま。以前記事にした16710A、16710Bも同様。ロレックスフォーラムで、AはCOKE、BはPEPSIカラーだという記述によって、その意味はわかったのだが、何の略なのかはわからないままである。前々回記事の、ギャランティー裏のラベルの違いも同質。ロレックスに勤務する人とお知り合いになりたいと心底思う。

ロレックスが好きな人は世界中にたくさんいると思うのだが、意外とそういうことに触れてくれているHPやブログは少ない。もちろん知ったからといって、生活の何の足しにもならないのだから、そこで思考をとどめればいいのだが、私の場合はどうにも知りたくなってしまう。あまり認めたくないし、そんな風にこれまで思ったことがなかったのだが、私はオタッキーな資質充分なのであろう。こんな私がアンティークにはまると正にドツボである。絶対に避けなければならない。発売初年度(1963年製)のミントな1016が実は欲しいなど絶対に思ってはならない。

1016.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR