久々の更新

久々の更新。しばらく書かなかったのは、特段忙しかったからというわけでもなく、ちょっと思うところがあってロレックスから離れてみたのだ。離れるというのは具体的には、夜な夜な時計ショップのHPを巡回しないこと(JFKさん等いくつか例外はある)と、ebayやヤフオクで時計を検索しないこと、自分のブログ更新をさぼること、その程度のことではあるのだが、そうしたらまるで流行風邪が治ったかのような、妙に清々しい気分であったことは書いておきたい。

ロレックスにハマるというのは、それを使い込むことで深まっていくのではなく、多かれ少なかれ購入依存傾向に陥っていくことなのであろう。少なくとも、この2年間の私はそうであった。

冒頭に書いた“ちょっと思うところ”について書いておく。昨年末に、その時点でターゲットとした時計はすべて手に入れたという感覚を持った。それは、GMTマスターⅡ、シードゥエラー、旧エクワンであり、もうこの3種をすべて入手したことで、自分の中の達成感は満たされたということである。特に最後のエクワンは500円玉貯金によるあまりにも遠い道のりだったことで、さすがにひと息ついたということ。

だが、ご多聞に漏れず私は次なる道をごく自然に考えた。驚くほど自然に湧き出たのだ。デイトナや金無垢、他の雲上モデル、アンティーク…、こういう道筋があるのだということを知った。事実そういう人は多い。私もそれぞれにそれなりの魅力を感じることは否定しないし、別にそれらに蓋をすることもないが、あえていま身を投じることもないと考えた。自然体でいいではないかと。内なる小さな欲求をあえて増幅させることもあるまいと。今はこの充足感を味わおうと。

というわけで、年末から私はオンはシードとエクワン、オフはGMTを使い回した。楽しいか?いや面倒である(苦笑)。私はおそろしく不精であった。薄々感じてはいたが、ここまでとは思わなかった。止まった時計の竜頭を巻き、それから時刻を合わせるのがもう面倒で面相で仕方なく、そうか私は不精だからコレクターだったのかと思うほどである。前に書いたように、感覚的にワインダーも苦手。どうやら私には普段使いは精々2本が限界のようである。それと恥を忍んで書くが、私は秒針が0秒のときに分針がぴったり来ないと駄目な細かい性格である。はっきり言って、こういう男はモテない。

というわけで、基本的にシード。たま~にエクワン。それでもってGMTはまた時計ケースに戻った。まあ何事も自然体でいいかと思う。その内、また心境の変化も起きよう。

最後に、いまebayでGMTマスターⅡ16710の最終M番が出品されており、ギャラ無しだが60万円というお買い得価格でとどまっており、あと2時間ほどで終了する。ちゃんと見てるじゃないかというツッコミはなしで。

寒い日が続いているので、みなさんご自愛のほどを。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR