バーゼルワールド2014

バーゼルでの新作が公になったようでちょっとだけコメントを。

シードゥエラーは本当だったのかと。これは心が動く。理由はひとつだけ。前から書いているように、今の16600のブレスがどうしても私の腕にはフィットしないので。昨年の夏に少し体重を落としてから手首周りがさらに細くなったためである。ナイロンベルトに変えようかぐらいに考えていたところに、新型ブレスの6桁登場、しかも心なしか写真からはラグがデカく感じない。デザインの大きな変更もない。4桁、5桁時代の基本デザインは踏襲されている。価格は90万円前後だろうか。ただ欲しい割になぜか気持ちがさほど高揚しない。

GMTマスター赤青については最初から興味なし。もう6桁になった時点でデザイン的に私は駄目なので。それでも多くの人がこの配色の新作を望んでいただけに、SSで発売すればいいのにとは思う。ロレックスも世界中の多くのロレファンがPEPSIカラーの登場を望んでいたということをわかっていたはずである。それに対して、おそらくは300万円前後はするであろうWGで出してきたというのは、相当なメッセージであり、意思表示である。今のロレックスの思想、戦略、向かおうとする方向を強烈に指し示している。簡単に&極端に言うと、金がないやつは買わなくていいヨ。これである。数年後にSSを出すかどうかは結構疑問、個人的な見解として。

今回、結果的には情報が洩れていたわけだが、このリークが意図的だったとすれば、今のロレックスは実に嫌味な会社である、というのはあまりにも穿った見方だろうか。

5桁時代を代表するシードゥエラーとGMTマスター。前者はまるで歴史の時計を逆回しにするかのように古典的なスタイルで再発し、後者は手の出しづらい金無垢モデルで発売する…。今日はこれ以上の勝手な深堀りはやめておく。

だが、ああ、このあたりのことが、感覚的に自分はちょっと引っかかっているのだなと書いていて気付く。今日は久々にすご~く仕事に疲れたので、このあたりで。また自分の気持ちもいろいろ変化するだろうし、どうせ新型シードはなかなか手に入らないのだろうから、あまり考えても仕方ないし、もう寝るか、ということで今日はこの辺で終わり。ちょっとドキドキだった2014年バーゼルでの新作発表、みなさんお疲れ様でした。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR