サブマリーナ~14060M入院

ある日仕事で打ち合わせをしていたときのこと、何かとても小さな物が机の上で跳ねる音がした。極小なビーズか何かのような音。あまり気にせずにいて、ふと時計を見ると何かがおかしい。でもよくわからない。それで打ち合わせが終わったあと、ようやくに気付いた。どうにも間抜けなフェースだと思ったら、ルミナスポイントが取れている。

前にも書いたように、基本的に普段使いはサブノンデイト14060M。トップの逆三角のところにはまっている例の丸いものが取れていたのだ。さっき座っていた場所に戻り、這いつくばって眼鏡を外して裸眼で床をくまなく探し、結構な苦労の末ようやく発見。オイオイという感じ。

かなり程度の良い中古として手に入れたのが約1年前。何かにぶつけたりした訳ではないから、こんなに簡単に取れてしまうものかとショックというより少々驚いた。

ギャラの保証期間内ではあるが、セカンドオーナー故、まず無償修理は無理だろうと思うが、一応日本ロレックスに電話をかけた。

まず修理費用は13,000円。取れたルミナスポイントの持ち込みは不要で、ベゼルごと交換とのこと。ベゼル代金が8,000円、手間賃5,000円。街の時計屋なら、ただでやってくれそうな内容。一瞬、ベゼルを手に入れて自分でやろうかと思ったが、傷だらけにするのが関の山、やめた。

まだ買って一年なので保証は効かないのかと一応言ってみたところ、速攻で聞かれたのがショップ名。これは瞬間的に、国内の有力正規店購入なら無料にするのだなと感じた。たぶん間違いない。レキシアさんだが、入手は中古だと告げると、少しの間のあとで、「申し訳ございませんが、外装部の故障は保証対象外です」。それでよい。扱いにそれぐらいの差がないと、正規店も、正規店で買った者も浮かばれない。

後日、仕事の合間を縫って丸の内の日本ロレックスへ。ここは土日休みで、平日も16時半で営業終了と、勤め人泣かせの会社。ここへ持ち込むことで、同社のコンピューターでは今の所有者として私が登録される。驚いたことに、お預かり期間が2週間。このぐらいその場でパパッとやってくれないものかと思うが、そこはグッと我慢。結構酷使したので、少しぐらい入院させてやろう、きっと洗浄され綺麗になって戻ってくるに違いないと思い直す。

表へ出ると、初春の並木道はきれいで何となくいい気分。さてさてサブ入院中はどのロレックスを使おうかと考えながら、仕事場へと急いだのであった。

日本ロレックス丸の内
東京丸の内 日本ロレックス

スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR