またまた日記風に

ようやくここ数日でひどかったアトピーが沈静しつつある。全身にひどい痕跡が残っていて、これは数ヶ月かかって普通の状態に戻していかねばならず、その間に再発しないように注意が必要。指先の爪はほぼすべて普通に剥がれかけている。これは就寝中にかくからで、爪がはがれるほどのひどさというわけ。難儀なことこの上ない。時計ブログに関係ないとはいえ、こうなると時計などどうでもよくなる。さすがに仕事は放りだせないが。

珍しくまともな時間の帰宅。自宅近くで仕事のイベントがあっての直帰。22時過ぎだが家人にマジで「どうしたの??」と驚かれる。時間があるので久々にショップのHPやブロガー記事をじっくりと過去にさかのぼって。デュエルさんのvintageのところで、デイトナ16520L番4列225タキが368万円、R番段落ち200タキが468万円(税抜)。むぅぅ、すごいな。なぜって旦那、両方とも商談中ですぜ。それに税抜ってことは、消費税で30万円近い(笑)。

そういえば先週野暮用で中野へ行った際に覗いたジャックさんで1000万円超えのポールニューマンがふたつ仲良く鎮座していた。合わせて2000万円。オーラ?私は感じなかったが、オーラは対象物が放つものではなく、こちら側の心が作り出すもの。私はその感性を磨いてもいないし知識もないので当然のことである。20,000,000円。とはいえ私はそういうものを否定しない。あって良い。絵画につけられる値段だって本質は似たようなものだ。原価の問題ではない。生前、ゴッホの絵だって2枚しか売れなかった。相変わらず現行116520ぴっかぴかのデイトナはずら~っと。

シード4000。実はバーゼル直後私はこれを買おうと思っていた。ラグも小ぶりだし、何より旧型の歴史が継承されていることに好感を持っていたので。だがしれっと100万円もの価格設定をしたロレックスを受け入れたくないというか、同意したくないというか、とにかく入手後に納得できる気がしなくなってしまった。優しくないなと。誠実じゃないなと。まあこのあたりのことは個人的な感覚。購入された人に気を悪くしてもらいたくない。現行も値上がり、5桁も値上がり、ヴィンテージも値上がり。困った状況ではある。

秋口までは忙しくなる。本当はここ数日でいろいろと思うこともあり、書きたいこともまた同様なのだが、またおいおいと。鬱陶しい時期ですがみなさんご自愛のほどを。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR