再び114270、今日はG番のこと

前回、旧エクスプローラーⅠ114270の記事をアップしたせいか、その検索ワードで訪問する人の数が多いようで、これは本当に“売れている”のかもしれないと実感。海外ではまったくといってよいほど人気がないモデルで、日本だけの現象のようである。やはりキムタクか!

今後ロレックスから36mmサイズのスポーツモデルが発売される可能性は極めて低いと思われ、そういう意味ではこの114270は貴重ではある。私も今後は手放すつもりはない。ただこういう流れは読めなかったなあと思う次第である。

何度か書いてきたように、私はこのモデルを2度購入しており、ともにシリアルはG番である。もちろん偶然ではなく狙ってのこと。114270は特に最終シリアルがどうのと言われるモデルではないのだが、このG番の数の少なさは、同じく希少といわれるGMTマスターⅡのM番あたりの比ではない。個体としてはひじょうに少ないと推測される。

最初に入手した個体のGの次の数字は0、現所有のシリアルも0であること、ほとんど市場に出てこないこと、これらを考えると、おそらくG番の最初期のみの極少生産だったのではないかと私は勝手に推測している。ランダムとの関連はわからない。

最近は新着情報のアップはやめていたので、書くかどうか悩んでいた個体があった。昨日3日目にしてようやくHOLDになったようなので、自分への備忘録として残しておく。久々にG番が売りに出ていた。やはりシリアルは0番台。ギャラ付き50.8万円という価格も私の感覚では安い。私の知る限りでは市場に出てきたのは、一年以上前に、質屋の大黒屋で70万円弱という高値で出て以来のことである。ただこのショップでは買ったことはないし、当然個体も見てはいないので、あくまで情報として。

114270 Gシリアル

こんなブログでも毎日見に来てくれている人がいるのに滅多に更新せず、してもこんな内容で申し訳なく思う次第。週末に、これもまた誰も望んではいないであろう、赤サブについての続編をアップする予定。せっかくの3連休にまた台風が近づいてきているようで、大きな災害とならなければよいが…、と思っている。今日はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR