ロレックスの偽物を買うということ

今日は仕事で新宿へ出る用事があったので、少し足をのばして中野へ。正味30分程度の滞在。ある古い時計の「トリチウム針の夜光修正」というものがどんなものかこの目で見たくての中野行きだったのだが、ガラス越しではなかなかわからなかった。古い時計について知りたいことがたくさんあるが、実践することはなかなか困難。どこかでヴィンテージ時計についての講習会でもあれば喜んで参加するのだが。

目を養うにはヤフオクも侮れない。これモノホン?と言いたくなる個体の出品も多い。サブ系の怪しいのはだいぶ見抜けるようにはなっている。それもこれだけ多くの個体を見て回ったお蔭かと。それにしてもヤフオクでは、偽物、パチ物、フェイク品、どれも同じ意味だが、それらがあまりにも多い。いわゆる「タイプ品」として堂々と売っているやつである。曖昧で卑怯な表現。ただの偽物である。偽物は出品する者も買う者も駄目。場を提供して野放しにしているヤフー(利益はしっかり取っている)も駄目というのが私の持論。

決して大げさではなく、意匠権や著作権に対する意識の高低はすなわち文化レベルの差であり、アジア諸国がどれだけ経済的に発展しようと、はっきり言うがまだ二流の後進国でしかない。周辺国がどれほど巨大になろうと私はたじろがないし、日本人が自信を失う必要もないと思っている。国家の本質は貿易収支やGDP(国内総生産)だけで測れるものではないから。ルールを守る、他人を信じる、優しくする、約束を守る、順番を守る、お礼を言う、自分の意見を持つ&他人の意見にも耳を傾ける、他人の所有権を認める、嘘をつかない、そして“目に見えない他人の価値を尊重する”…。国民のあらゆる局面におけるレベルの高さが伴ってこその先進国。海賊版が横行する国など二流以下の発展途上国でしかなく、そんな国からは人のこころを豊かにする芸術や文化など絶対に生まれては来ない。あっても所詮フェイクだ。

これ以上続けると今日もまた絶対に長くなる。中途半端だが今日はここまで。タイトルは「ロレックスの偽物を買うということは」としたが、それに続く答えは各々がご自由にどうぞ。「あなた自身が偽りである」とか、単に「ダサイ」とか、あるいは「女にもてない」とか。明日から師走。そして週の始まり。引き続きご自愛のほどを。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR