新シード4000

そういえば、年末に書き忘れたトピックスがあるので、ついでにそのことを書いておく。年末に銀座レキシアで手に取らせてもらった新シード4000のこと。実は前段があって、海外のフォーラムで16600と新しい116600を買うならどちらがよいかというスレッドが立っていて、もう全員一致で新シード推薦。ダイヤルがマキシだしとか、セラミックベゼルがどうとか、ブレスがどうとか、やはりそういうものかと。最新こそが最良。そのフォーラムの影響ではないが、そう遠くない内に新シードは入手するつもりだったし、実は昨年JFKさんからデイトナを購入させていただいた際もデイトナと新シードの2択だったのだ。デザインは前の16600を踏襲しているように思えたし、何よりも座布団ラグではなかったことが最大の決め手。またそのモデルを購入することによって、現行にも付いて行っておきたいという思いもあった。その前段があっての実物拝見だった。

それで、手に取ってわかったのは新シード116600は前モデルとはまったく別物だということ。セラミックベゼルは驚くほど艶やかで、文字盤は逆にくすんだマット調(ひとつの表面におけるここは対比となっていておもしろい)、そして前モデルより重たい重たい。とにかく高級感は抜群。何とも言葉で表現しがたいのだが、手に取ること、至近距離で観ること、重さを実感すること、それらから新生ロレックスの目指している方向は確かに伝わってきた。で、「ああ、これは駄目だ」と。思っただけではなく、店員さんの前で声に出してそう言った。駄目だというのはもちろん時計がではなく、私にはという意味。これは私が憧れたシードゥエラーではない。これは正真正銘ピカピカの高級時計。だが、本物の金持ちは買わないだろうし、庶民が手に入れるには100万円はいくら何でも高すぎる。何とも中途半端な高級スポーツウォッチ。ちくしょう、俺のシードをこんな風にしやがって!(意味不明。後で議事録から削除)

100万円越えの定価だから、それなりの造りにしないといけなかったことはわかるし、こういう路線こそが好ましい人というのもいるのだろう。とにかく高級感は抜群で、よく見てみると、新型のエクワンやサブも同じコンセプトだということがわかる。いずれにしても、新シード4000を実際にこの手に取ったことは、今後の方向を決定付けた気がする。あ~あ、これでとうとう現行で欲しいロレックスは一本もなくなってしまった。でも、まあ、もう若くないし、あれこれ迷わなくて済むと前向きに考えよう。それにメーカーの方向性などコロコロと変わるものだし。

もちろん個人的な感覚であり、十人十色。現行が好きな人はガンガン行けばよい。特に、若くて(別に若くなくてもいいけど)ビジネスの才能と充分な金がある者は。今あのブランドはそんな人を求めているのだから。過去にとらわれているような古臭いお客は邪魔だよなあとも思う。PさんやNさんと外に出ると、花の都東京ザギンは余所の国の買い物客で溢れかえっていて、一抹のさみしさを感じながらも、こうやって歳月は流れていくんだなあと感じたのであった。シードはなあ、男らしく生きたいと思う男のための時計なんだぞ(涙)!


【後書き】
新シード持ってる人、すんません。。。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR