ヴィンテージ時計について2

前回の続きを少しだけ。一時期はそれなりにはまっていくつかのショップを巡った際にとても多くのマズイ個体を見た。マズイ個体などと書くと大仰だが、やはり“あれら”はそう記述せざるを得ない。針だけが生っ白いルミノバに替えられたアンバランスなヴィンテージ時計。みなさんもネットや実際のショップでよく目にするアンバランスな例のアレ。

おそらくは日本ロレックスでのオーバーホールにこだわった結果、半強制的に針を交換させられたものと推測される。あるいは深く考えずに日ロレに持っていき、よくわからないまま針交換を受け入れてしまった人もいるかもしれない。決して暴論ではなく、どうしてもその時計を手放せない事情や愛着があって、もしも針交換が不可避となる事態に直面したならば、私はダイヤルも一緒に交換した方がまだマシだと考える。それぐらいに焼けたトリチウムのインデックスと交換された白いルミノバ針は違和感が強い。はっきりと書くならば歪(いびつ)だとすら感じる。私なら絶対にノーだ。自分の時計がこうなるのも嫌だが、こういう時計を買うことはまずない。それぐらいに避けたい個体である。

5513.jpg

中にはまだトリチウム時代に針やダイヤルを交換した個体もあり、完璧なオリジナルにこだわる人はそれだってアウトだろうが、両者(針とインデックス)のバランスが取れていることが多いそれらのほうが私にはまだ好ましい。オリジナリティーよりもデザインや色彩のバランスを重視する性質である。

昨年末、日ロレにて我が1680のトリチウム針は何とか交換を免れた話は書いたが、たぶんギリギリのラインだったと思う。キズミがなくても針にややサビが浮き上がっていることはわかるので、多分次は交換となろうが、そうなると上に書いた問題に私も直面する。そして針と一緒にダイヤルも交換したならば、交換用ダイヤルに赤表記はないので私の赤サブは白サブになってしまう。ヴィンテージはそろそろヤバいと書いたのはそういうこと。現実に60年代のキャリバーのいくつかのOHは受付が終了しているし、ミルガウスや手巻きデイトナも同様だが、私が言いたいのはムーブメントのOH受付云々ではなく、針(特にそのサビ)がOHに耐えられない個体が多くなってくるのではないかという意味。これまでは何とか通っていたOHも、製造から半世紀近くを経た多くの個体がそろそろアウトになるのではないか。そうなると正規OHを通るヴィンテージ物はあのおかしな、針だけが白い、とてもじゃないが大枚を払えないフェースのものが増えてしまう。

前回も書いたように熟練者は自衛手段をいくらでも持っているだろうが、素人が入っていけない世界になりつつあることが問題。やはりヴィンテージは結構な局面を迎えているのだと思えてならない。このテーマはあと一回だけ続く。

本題と関係ないが、昨夜の地震は嫌な感じだった。3.11を思い出した人も多かったのではないか。大きな地殻変動の周期に入っていることを自覚しないといけない。自宅における水の備えはとても大事なのだそうだ。でかいのが来たら時計がどうこうなど言ってられない。そんなことが起きないことを願うが、地震大国日本では数年ごとにどこかで大きなのが来ていることは事実。備えること、油断しないことは大事である。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR