エアキング~114234

031.jpg

最初に購入したロレックス。この時計は今回売却した3本の中で最も残したかったもの。売却したのは、同じドレス系として、オイスターパーペチュアル116034の存在が自分にとってあまりにも大きく、位置付けとして似たポジションのこの時計は売ることにした。

エアキングというのは好きである。質実剛健で最もロレックスらしいモデルだとも思っている。おそらく、生きている間に再びエアキングを買うだろうという予感があるのだが、それが現行の6桁モデルではないことだけははっきりしている。おそらく14000(M)か、14010Mあたりの5桁モデル。

何度もここで書いてきたが、SSモデルの、ノッペリとした感じと、6桁特有のやたらとデカいラグはどうにも苦手で、それは現行エアキング114200シリーズでも感じてきたことであった。それを払拭してくれたのが、WG(ホワイトゴールド)のフルーテッドベゼルで、初めて見た114234に魅せられた。

私の左腕のサイズは16cmである。身長は173cm。今はデカ厚がブームだが、本当に体形と腕周りから合わすのであれば、34~36mmこそがジャストサイズだろうと思う。ガッシリした人は別だが、痩せた人のあまりにも極端なデカ厚時計は、恰好悪いというよりも滑稽に映ることがあるから要注意だ。それとこの時計は女性に似合うと思う。下手なレディースのロレックスよりもよっぽどおしゃれだ。

028.jpg


さて、このエアキングは最も廉価なロレックスと多少低いポジションに位置付けられているが、逆にいえば、無駄なものを一切排し、最古のペットネームを維持した最もロレックスらしいモデルとも言えて、流行にとらわれることなく、エアキングをさらっと着用することは悪くないと思う。

ちなみにペットネームとは愛称のことで、エアキングは現在まで残った唯一のペットネーム。“空気王”の意味は誰にも教わっていないが、おそらくは着けていることを感じさせないぐらいに軽いが、それでいて王のような存在感があるという意味だろう。恰好いい愛称ではないか。

出荷国ドイツ、V番のこの時計、日差もほとんどなく、ストレスを感じることはまったくなかったので、ロレックスデビューとしては理想的だったのかもしれない。着用したのは、2011年の秋から2012年の春までの約半年間。大事にしてくれる人の手に渡ればうれしい。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR