中野の様子

ここ数日、微妙に腰痛が。年だなあ。花粉、くしゃみ、腰痛という悪循環。大人しくしていようとも思ったのだが天気もよく、昼過ぎに仕事を切り上げてブラブラと中野へ。

数週間ぶりかな。ジャックさんのヴィンテージロレックスの棚がスカスカ。お隣の中国の人たちが根こそぎ持っていったのだろうか。前回はあんなにあったのに。現行や5桁だけではなくヴィンロレも?と、ちょっと衝撃ではあった。5桁もタマは少なく、希少な時計などほとんどない。

某店の店員さんと話したところ、GMTマスターⅡは入ったらすぐに売れるとのこと。特に横穴無しの高年式でPEPSIカラーだとD番あたりでも70万円台だとか。D番だったらちょっと前まで35万円ぐらいだったと記憶するのだが、いやはや怖ろしい高騰ぶり。出世したもんだなあと感慨深い。言われてみれば、最近は16710のZ番もあまり見かけなくなっている気がする。

「今は売り時だと思うんですけど、なかなか皆さん手放さないですね」とも。タマがないせいで、GMTや旧エクワンは古い品番の価格までもが騰がってしまっているのだとか。15年以上も昔のU番、A番あたりの高い値付け(16710のA番が68万円とか、14270のU番が38万円とか)が不思議で仕方なかったのだが、そういうことだったのかと実感。慢性的なタマ不足による価格上昇というシンプルな図式。一番おいしいのはそういう古いモデルの所有者かもしれない。10年前15年前に20万円台、30万円台でスポロレを買った人は今売ると差益が出るかも。

そんな状況と対照的に、正規店には出て来ない現行のデイトナ116520が相変わらずずらっと並んでいるのがちょっと可笑しい。すっごく沢山ある。新品、中古、白黒と選び放題。

帰りに1階の大黒屋さんへ。シード16600V番デッドが1ヶ月前と変わらず1,660,000円。シャレではなかったんだ。私が知る限り世界で一番高い(笑)。大して意味のない、つまらないレポートだが、今日はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR