中野へ、そして上野へ

昨日は時計仲間の小さな集まりがあったのだが、その集合時間前に30分ほど中野へ。目的は前回書いた大黒屋さんのGMTマスターⅡ16710M番を見ておこうかと。こういう行為はもしかしたら信じられない人もいるのかもしれない。買う気がないのにわざわざ時計ショップに行くのかと。知らない人のために書いておくと、中野ブロードウェイというのは変態が集まる場所で、時計以外にもアニメやらアニメやらアニメやら、とにかく変な店と変態客が集まっている古いショッピングモール。私も又そうであるということ。


まずは1Fの大黒屋。M番はショウウインドウの真ん中に飾られていた。表通りに面したガラスケースなので、ここならいいだろうと撮った写真を載せておく。日本正規ギャラ&OH済み。

daikoku16710m.jpg


その隣にデッドストックの16710のA番。いかにデッドでも128万円は高いぜよと思って左を見ると何と現行ギャランティー、これには恐れ入った。約15年間正規店に眠っていたというわけ。欲しいかと問われるとそうでもないが、こういうブツは見ていて楽しく、出てきただけで何だかうれしいものである。記念に掲載。

daikoku16710a.jpg


店内へ入ると、旧シードV番(166万円)が箱しかなかったので売れたのかもしれない。その近くになかなか目を引くブツが。旧グリーンサブ16610LVのFAT4、ビッグスイスのいわゆるマーク1。しかもY番。正規ギャラ他付属品ほぼ完備90万円強。やかましいことこの上ない隣のアジア人グループがipadでバシャバシャ写真を撮っていたどさくさに紛れて私も一枚撮ったのだが、こちらは店内展示物なのでここでの掲載はやめておく。かなり褪せた正統ライム。探している人もいるのではないか。今の相場からは安いと個人的には感じた。

3Fへ上がってジャックさんカメ吉さん他をざっと見てから上野の集合場所へ。サテンドールさんに旧エクワン114270のランダムが数本(内一本はデッド)。その隣に久々にG番を発見。前にも書いたが、やはりGの後は0。114270のGシリアルは0番台しか生産されていないのはほぼ間違いないかと。←誰も興味ないだろうが(笑)。

今回、いくつかの店舗で眺めていて改めて気付いたことがある。サブやGMTで比較したのだが6桁と5桁のデザインはあまりにも違う。インデックスがでかくて、針がやたらとぶっといのだ。視認性向上なのか、より派手な方向に舵を切ったのか。もちろん前から理解していたのだが、ある店舗でひじょうに比較しやすい近い場所に陳列されていたことで、新旧の違いを改めて強く認識することができた。私は絶対的に5桁派である。5桁のほうがスマートでハンサムに思える。ただ6桁の方がいい、好きだという感性もわかる。派手でごつくてラグが太くて、文字盤のパーツすべてが大きい。それを好む人の感性もわかるな。個人の好き好きであろう。

飲み会のことは割愛。今回もまったり楽しい時間を過ごさせていただいた。ブロガーの話をいくつか教えていただき、へええとかほぉぉとか、たぶん私は間抜けな反応をしていた気がする(なにぶん疎いので)。まあ、みんな仲良くなあ。当日の上野は休日最後の花見とあってかすごい人出。たいへんな活気であった。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR