ヤフオク

ヤフオクは見ているぶんにはとっても楽しい。時計に限らずだが、ヤフオクにおけるロレックス売買は最上級のおもしろさである.
ヤフオクの醍醐味はやはり個人の出品物。法人の出品はまったくおもしろくない(1円スタートのジャックさんは別)。下手をしたら、そのショップ自身のHPの方が安かったりして(手数料分)。ヤフオクはやはり個人出品に限るが、その個人出品も90%はつまらない。今日はその文句を書く。

最も駄目ダメな出品は、店(マーケット)と同じ価格での出品。まったく何を考えているんだか。例えば今なら旧エクワン114270のV番がショップ売りで48万円ぐらいだとして、個人がその価格で出品したら駄目だろうということ。正直な話、「強欲だなあ」と思う。買う側のリスクを少しは考えてみたまえと言いたくなる。個人売買である。個人間トラブルが起きてもYAHOOは何もしてくれない。買う側のリスクは計りしれないが、それでもなぜ買うかといえば、もしかしたら相場より安く買えるかもしれないという期待があるからだ。何が悲しくて無名の見ず知らずのあなたからショップと同じ価格で保証すらない物を買わなくてはいけないのだ。

114270V番の平均市場価格が48万円だとすると、個人が店に持ち込んでの買い取り価格は良くて40万円、普通は30万円台後半ぐらいであろう。そうすると買う側売る側双方に妙味があるのは40万円台前半である。これが良いオークション。しかし競りには魔物が潜んでいるので、1円スタートで終了間際に熱くなったバイヤーたちが競り合って、40万円台後半にもつれ込めば売り手はウハウハ。逆に妙に静かに終了してしまって38万円ぐらいで落札出来てしまうこともあり、そうなると買った側はハッピー。これもオークションの正しい姿。最初から48万円は駄目。

次に(個人的に)駄目なのは、最低落札価格が設定されたオークション。売る側にリスクがなく、買う側に夢がないオークション。私は最落設定されたブツは見向きもしない。前述の個体で、最低落札価格46万円とかのエクワンのオークションなど嫌でしょう?

次に駄目なのが、終了間際に取り消す出品者。何年前だったか、競っていたらいきなりオークションそのものが消滅したことがあって呆然とした。かなり貴重な廃盤CDだった。それと市場価格の上昇を狙ってか、クレイジーな高値をつけたまま半年一年放置の出品者。デイトナのパトリッツィダイヤルに300万円とか、普通のエルプリA番に意味不明の180万円とかの個人出品者。なぜ店より高い?宣伝しての市場価格の吊り上げ?ハハハ。無理無理。ロレ病患者たちは心こそ病んではいるが、結構眼力と情報は持っているのだ。まあこういうのもオークションの風物というかおもしろいなあとも思う。

逆に売り手の立場に立つと、これまた面倒な購入者というのもまた多いようだ。私は評価は90ぐらいで、そのうち出品によるものは15回ぐらい、貰い物の酒や本、時計ではタグホイヤーをいくつか。一度タグで難癖をつけられてしまったことがある。カレンダーがずれているので返品したいというもの。私自身認識していなかったのに、まるでまがい品を売りつけたかのようなメールが来て、妙にいや~な気分だった。返品された商品には、ささやかだが私がオマケでつけたプレゼント品と落札者が外した駒が欠損してしまっており、さらに着払い、そういう人なのだろうと思うことにした。そういう人というのは、言葉通りなのだが、まあデリカシーに欠ける人ととらえてもらっても構わないし、優しさに欠けるでもいい。

私はebayerでもあるのだが、こちらのほうがトラブルは少ない印象。ヤフオクと違って良い評価が90%以下の出品者などほとんどいない、というか見たことがない。基本的にお金のやり取りはpaypal でおこなうのだが、paypalはかなり買い手保護の制度を作っていて、ダマされたりトラぶるとかなりの確率で買い手は返金保証を受けられる。マニアックさでもヤフオクとはレベルが違う。冊子やアンカー、タグ、ボックスなど、ヴィンテージマニアにはたまらない。どうもロレックスに関してのオタク度はヨーロッパやアメリカのほうがディープな気がする。とにかくebay はロレックスの付属品オタクにはお奨めである(ただし高い)。

私は貴重なものを手に入れるにはリスクを冒すことは仕方のないことだと思っている。ヤフオクでロレックスなど信じられない!という人もいるだろうが、私は肯定派。よいブツを手に入れるためにはリスクは冒すタイプ。そうでなければ個人で海外からロレックスを輸入したりはしない。まあ良し悪しあるということで、各人自分に合ったスタイルで行けばよい。

ちょっと仕事を溜めてしまっており更新が滞るかもである。ジメジメと嫌な季節だが心身とも健康に乗り切りたいもの。ではみなさんがんばりましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR