青サブを見に中野へ

本格的な夏に入る直前のある日、たまたま知り合いがつけていたチュードルの青サブ(79090)を見て、言い方は悪いが、そのちょっと安っぽいところに魅かれ、それ以来密かに内偵(笑)していた。青サブを売っているところはほとんどないので、楽天での過去の販売履歴や、取り上げているブログなどを参考にさせてもらって、悪くないなあと。少し前ならおそらくは20万円ぐらいで中古が買えた時計。高くなったとはいっても、ロレックスに比べたらいい価格感であるし、現行の6桁スポロレ高級ギラギラとは対極の味わい。これがもし豊富にあったらそうでもないだろうが、とにかく売っていないので、出てきたら買ってしまうかもという予感がするほど思いが高じたのは久しぶりな気がする。

週末、仕事の合間に遅い昼飯を摂ろうと店に入ってオーダー後のスマホチェックでかめ吉で新着を発見。ギャラ付きで45万円弱。注文直後だったので、「用事を思い出したので取り消してください!」とオーダー中止で中野へ。こういうところの行動力は我ながらなかなかのもの。

長針に割と大きな剥がれがあって非常に目立つ。買うか買わないかのポイントは、今後文字盤を眺めるたびに目が行くこの剥がれを許容できるかどうかだろうと思って入念に眺めた。う~ん、結構な剥がれ(もしくは腐食か)。ギャラは1994年。20年前の時計なのでヴィンテージと呼ぶべきか微妙、B5番台ならもう少し状態は良好であって欲しく、やや安めの価格設定もこの傷が要因だなと認識。他がきれいなだけにちょっと目立ったかもしれない。竜頭はやや重いがまあこんなものだろう。

結論から書くと私は買わなかった。ハンズの剥がれは何とか許容できると思い至ったのだが、他の理由で私は買うことをやめた。それは何というか、ときめかなかったのだ。左腕に乗せてみたときの感覚。少し拍子抜けしたというか凡庸に思われた。ブルーのベゼルはいい感じだったし、針以外に大きなマイナスポイントはなかったが、華を感じるところが薄く、それは概念ではヴィンテージに魅かれるくせに、実物にはそうでもないという私の本質を改めて認識させられた気がする。それと、これは書いても仕方のないことだが、希少であっても青サブに45万円の価値が見いだせなかった。18万円ぐらいだろうと書くと、チュードル好きの人に怒られてしまうかもしれないが、私は馬鹿にしているわけではない。その時計の格というものがあり、20年前のスポーツ系中古チュードルはそのポジションでこそ光り輝くのではないだろうかと書いておきたい。それと、18万円の時計はたいへんな贅沢品だという当たり前の感覚はまだ私の中には残っていることも併せて書いておく。

まだ売っていると思うので、探している人は行って見てくるといい。前述の通り針に剥がれが有るほか、10時位置の文字盤と風防の境目に埃の付着が有り、ブレス(オリジナル巻きブレス)は12時側の伸びがそこそこ大きい。ケースとブレスの傷は驚くほど少なく、よく磨かれている印象。あの針だと、たぶん日ロレのOHは通らないが、店がOHは済ませているとのこと。79090の青サブは、他では宝石広場で売っている(針はルミノバに交換されている)。

ついでに見た他の店で、初めてこの目でポーセリン(エナメル)ダイヤルの16520エルプリデイトナを見た。700万円台。文字盤は確かに美しいが、大事なきらきらベゼルに傷が多くそこはひじょうに残念。隣にやはり200タキ&段落ち(フローティン)のギャラ付き白が368万円(これはすごく良好な個体に見えた)。やはり200タキには4ラインより段落ちが似合う。ポールニューマンや正規ギャラ付き手巻きデイトナもある。時間がなかったので、速攻で退散。そうそう、大黒屋にシードのV番があった。120万円台だったと記憶する。

青サブへの関心が無くなったわけでもなければ、買うことをやめたわけではない。また違う機会に、違うマインドで違う個体に出会えば、違う結果もある。時計趣味などそんなものだ。それと、ここへ来てのチュードル狙いは、我ながらなかなかであったと書いておく。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR