バーゼル2016

バーゼルのことも少し書いておく。完全に忘れていて、えーすさんのブログで知り、おお!と独り盛り上がった。多くの人にとって“待ちに待った”SSデイトナの登場。喜んでいる人も多いのではないかと思われる。手巻きデイトナへのオマージュ。なかなか恰好いい。私は現行のロレックスを追いかける気はあまりないし、ここ数年の新作はあまり好きではなかったが、何でもかんでも現行を否定する気はない。良い物は良い。今回はデイトナだけではなく、エクスプローラーⅠの針が長くなったこと、エアキングが見事な大変身を遂げたことも楽しく眺めた。

デイトナは、旧モデル時代から今回のも含めて、そのサイズがやや小ぶりであることと日付表示がないことには賛否あると思うが、私は肯定派だったので、それらに変化がなかった今回のリニューアルは素直に良いと思う。元々デイトナは白好み、今回もまた同じ。価格も抑えめなので、これは争奪戦であろうな。ここでしつこいぐらいに書いてきたことだが、何度も正規店に足を運ぶぐらいなら、サクッと並行店で買えばいいと思う。現行を追いかけるのなら、欲しいときこそが旬(しゅん)。今年の夏にばっちり腕にはめてワクワクしたほうが良いぞよ。モテること間違いなしだ。いいなあー、ヒューヒュー。

エクスプローラーのシンプルな3針デザインに、39mmのケース径はややアンバランスだと常々思っていたので、針の改良があっても古い114270のほうが私には好ましいが、そんなことは人それぞれ。みんなが???と感じていたことをきちんと改良したのだから、企業の姿勢としては正しいと思うし、そうかそうか、ロレックス社もやはり「この針はさすがに短いよなー」と思っていたことがわかって何だか安心したというか。おそらくいずれは214270も長い針への交換を受け付けてくれるのではないだろうか(これは勝手な予測)。

そしてエアキング。地味な田舎の高校生が都会に出てきて、いきなりファッションに目覚めたような可笑しさ、微笑ましさを感じるが、一見奇天烈なこのデザイン、見れば見るほどに味がある。「ばさら」な感じがとても良いな。そして、何といってもこのロレックス最古のペットネームが復活したことは実に目出度いではないか。これなら買ってもいいかなと、自身は地味なくせに派手好きの私は思うのだが、実際にくそったれオヤジの私がこれを腕にしたらちょっとばかり滑稽だろうから、もし買ってもここのブログで公表するのはやめておこう(笑)。

この数年、頑なに宝飾系に寄っていたロレックスだが、やはりというかきちんと実を取りに来たのは、昨今の見通しが立てづらい世界同時不況が影響していることは間違いない。ロレックスに限らずスイス時計の出荷先はかなりの割合で中華圏が占めているのだが、当の中国の経済が失速しはじめたいま、ロレックスも理想から現実へ路線変更したということだろう。いや、せざるを得ないほど、ロレックスを始めとするスイス時計業界の内情は厳しいのかもしれない。

スポロレはSSこそが基本。その思いはずっと変わらない。そして、みんなががんばれば手が届く(かもしれない)ロレックスという立ち位置こそがこのブランドの本分であるという思いもまた。300万円もする金無垢GMTペプシには違和感が拭えなかった。さあ、デイトナは100万ちょっと。エアキングは50万円ちょっとだ。これなら若いやつらも目指せる。買える者は買う。背伸びすれば手が届きそうな者はがんばって背伸びする。手を伸ばしたって、ジャンプしたって今は到底届かない者は、頭上を仰ぎ、「ちくしょう!俺だっていつかはロレックス!」と誓う。そういった立ち位置こそがロレックス。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR