2016年7月頭の雑感

私にとって苦行のようなチュードルの記事が終わって一息つき、このままだと又更新が滞りそうなので軽く記事を。イギリスのユーロ離脱によって、時計業界がどうなるのか、明確なことはわからないが、値段が今より下落することはまず間違いないと思っている。昨今の日本市場における時計の価格は明らかに中国の爆買い需要によるものであり、それが関税強化によって静まり、更にはここへ来てのユーロ離脱による円高傾向。今後当面は日本人を主要顧客と考えるなら、今の値付けはやはりあまりにも高い。問題は高値で在庫を抱えたショップさんがそれらをどうするのか。まずは買い取り価格の締め付けから始まるだろうが、6~7月の需要期を過ぎた秋口にどうなっているか、なかなかに難しい局面である。個人的には、今は買いの時期ではないし、売りの時期でも又無いと感じていて、有体に書くならば静観するしかない。ただ、それが買値であろうと逆に売値であろうと、70万円だった時計が60万円以下になったとて、もちろん10万円は小さな額ではないとはいえ、はっきり言って個人にとっては大騒ぎするほどのことではないと感じている(目玉の飛び出るようなヴィンテージを持っている人にとっては大したことであろうが…)。経済というものは誠にもって生き物のようで、誰もハンドリング出来ないところがおっかなくもあり、面白くもある。と書きつつ、値段が下がるならエルプリ・デイトナ後期黒をこの機会にと探してみれば、値段が下がっているどころか、そもそも物が無い。無い、無い、無い。あってもギャラ付きだとむしろ価格は上がっていて170オーバーである。みんな考えることは同じであった。嗚呼、我は凡なり(苦笑)。新しいデイトナがなかなか恰好いいからこそ、おそらくはたった10年ちょっとしか生産されなかったこのモデルの価値もまた上がっていってしまったということか。今回は取りとめのない内容だったが、下書き&見直し無しの一気書きの証として改行無しのアップ。鬱陶しい季節ではあるが、みなさんご自愛のほどを。嫌いな人もいるかもしれないが、夏はもうすぐである。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR