時計という趣味は良いものである

いつかは出る出ると皆が期待するも、ここ数年出なかったSSデイトナ新作が出たせいで、結構な盛り上がりを見せているロレックス市場。欲しい人がたくさんいるのだからもっと供給してあげればと思うのだが、これも同社のマーケティングなのであろう、なかなか入手は難しいようで、中古ショップや並行店では200万円近い値付け。定価からすると高いなあと思うし、腹立たしい人もいるだろう。

よく「並行ショップに踊らされて~」という記述を目にするが、私にはやや違和感があって、人を最も踊らせているのはロレックス社ではないか。マーケットで飢餓感を煽るのは、企業にとってメガヒットが出たときに、売上だけではなく、もっと高い見地からの企業ヴァリューを最大化するための割とありきたりな手法で、ロレックスの得意技でもある。大ブームのときのたまごっちと同じ。高度に技術が発達した現代社会において、いくらクロノグラフだからといっても工業製品の大量生産はいくらでも可能なはずである。ここ数年はパッとしなかったが、やはりさすがロレックス。デイトナ欲しい、デイトナ欲しい、でも手に入らない!が世に蔓延していけば、企業ヴァリューはどんどん上がる。今年のデイトナ新作によって、他のメーカーはこの先数十年は追いつけない、企業としての決定的な差をつけられたのではないだろうか。パネライしかり、オメガしかり。

ランダム番導入以降、ロレックス社は富裕層取り込みに主眼を置いた高級化や宝飾化を図ってきたが、いまひとつ効果を上げることができなかった。手巻きデイトナへのオマージュとも思える今回の新デイトナ活況によって、同社の方針が変わる可能性は大いにある。振り返ると意外と柔軟に同社は過去に評価されたヴィンテージモデルの要素を積極的に取り入れて来た歴史がある。エクスプローラー文字盤ブラックアウト、ミルガウスの稲妻針など。今後はサブマリーナやGMTでのラグジュアリー化も見直され、ヴィンテージテイストに回帰していくようなデザインのスポロレ新作が出てくることで、6桁初期のスポロレは早々と陳腐化していく可能性も有るかもしれない。あー、もちろん、無いかもしれない(笑)。

写真を見る限りでは214270から改良されたエクスプローラー1が良さげに思えるのだがどうだろうか。私のように15cm強しか腕周りがない人間には114270の方がベターだが、それなりの体格の人にはやや小さく映るのも確か。針の長さが改良されたことで文字盤全体のバランスはとても良くなったように感じる。前の214270を持っていて、同じように感じる人は多少売り値は下がろうとも躊躇せずにGOして良いのではないか。

新作を追っかけるのも良し。古いのにこだわるも良い。私はどちらも否定しない。私個人について書けば、新しいものはいつでも入手の可能性があるので、程度の良い古いサブや黒いエルプリデイトナのほう、つまりはヴィンテージ志向バリバリである。先日、海外のサイトでちょっと魅力的な赤シードを発見して、ようやく冷ましたはずの1665熱が再燃してしまった。高いんだなあ、これが。新作を追うのも大変、古いのを追うのも大変ときた。まったく難儀な趣味である。だがやはり時計はいい。心からそう思う。物が無かったり、高かったりして、実物を買えずに妄想しているだけでもこれだけ楽しいんだから、ある程度の理性さえ持っていれば健全な趣味なのかなと思える。さてさて、ふと気づくと子どもたちは夏休みだし、戸外ではミーンミーンとセミが鳴いているではないか。梅雨が明けきらないとは言え、はや夏の到来であったか。年を取ると本当に時が経つのが早くなるなと実感。今日はこの辺りで。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR