忘れ得ぬ写真

忘れ得ぬ写真がある。それは海外のサイトで、もう思い出せないし辿れないのだが、その写真は鮮やかに我が記憶に残っている。南国のリゾートっぽい場所のバルコニーだろうか、手前にはテーブルがあり、その向こうには海が、さらにその向こうには茜色した夕焼け空が広がっている。テーブルの上にはブルーハワイのような色をしたカクテルが2つ、その横にシードゥエラーが竜頭を上にして無造作に置かれている。頭の中でチャックスフィールドの「引き潮」のメロディが勝手に流れるようなきれいな写真だった。

私はその写真で想像をたくましくした。彼は日々を忙しく働く真面目な男だ。毎日がんばって働いている。ホワイトカラーかもしれないし、ブルーカラーワーカーかもしれないが、そんなことはどちらでもよい。多忙な日々における彼の相棒はあの写真の傷だらけのシードゥエラーだ。そんな彼が家族なのか恋人なのか、ともかく愛する人とともにつかの間の夏のバカンスを楽しんでいる。滞在型の長期バカンス。場所は地中海のマルセイユだろうか、マルタ島かもしれないし、ハワイやフィジーあたりかもしれない。それもまあどこでも良い。大事なことは、彼がまじめな労働者であり、やっと訪れた場所で昼から旨い酒を飲んで酔っ払い、そして奇跡的なぐらいにきれいな夕焼けに遭遇し、すべての景色がオレンジ色に染まる荘厳な景色の中で、そばには愛する人、そして共に長い時間を過ごしてきた相棒(=シード)がいることだ。すべてはとってもシンプルなことだが、どれも人生において簡単に手に入るものではない。もちろんこれは私のイメージでしかないが、このイメージが私にはなぜか強烈なのだ。飛行機が大の苦手な私の憧憬なのかもしれない。

前回の記事で、欲望にだけ任せた時計趣味は飽きると書いた。そして時計にも道があるのではないかと多少堅苦しく大げさにも書いた。実のところ、茶器の話などはヴィンテージの世界にそっくりである。独自の環境において、独自の経年変化を遂げたヴィンテージ時計は世界にふたつとないモノとして私たちの前に現れる。それに対峙したときに私たちは自らの感性が問われる。私たちもまた世界にふたつとない存在として。時計を長く続ける人が最終的にはヴィンテージという方向に向かうことはすごく良くわかるのだ。

時計が富の象徴であることもわかりやすい。それで良いと思う。原始の時代に人が獰猛な動物を倒した象徴としてその牙や骨をアクセサリーにしてジャラジャラ首からぶら下げているのと同じこと。下品だと思う人もいるだろうが、世界は残酷であり、不公平であり、そしてリアルである。金持ちもいれば貧乏な人もいて、金持ちはいい家に住み、銀行にはたくさんの貯金があるのだろう。それが現実。その金の使い道として高級な時計を買うことが悪いことでは決してない。それらを否定すれば資本主義社会も競争社会も成り立たず、最後は僧籍にでも入るしかない。平等社会など嘘である。50年も生きてみろ、人生がどれだけ不平等かわかる(笑)。不平等だからこそ、一生懸命働き、少しでも多くの金を稼ぐことが悪かろうわけがないし、その金を遣わずに貯金しようが、車や時計、旅行に遣おうが結局は同じことだ。だが、それらを踏まえた上で、私はただ欲にまかせてモノを買い漁ることは虚しいと感じて、前回の記事を書いた。それは時計の処し方というよりは、生き方として書いたつもりである。

冒頭の写真は、おそらくは実現することのない私の憧れの心象風景なのだろう。前回私は「65ぐらいで一線を引く人生設計を持っているのだが、少なくともその間は時計を愛好する日々を送りたいと思っている。」と書いたが、書き終えた翌日にこれは違うと感じた。正確に書く。私はいつか時計は一本にしたい。その一本への道を往きたいと思う。それまでは迷走するだろう。散財もするに違いない。一本への道も道だが、それがゴールではなく、そのまた先の人生はその一本とともに往きたい。今はまだ妄想で良い。その道の中継地点にあの黄金色に染まった写真の風景がある。

前にこのブログで軽く告知したが、近々時計ビジネスをスタートさせる。本業があるのであくまで緩く。まだ準備に少し時間がかかるが用意が出来たらここでお知らせする予定である。それもまた私が考えた道といえば道のひとつ。週末は仕事で札幌へ。飛行機がダメなので当然、電車で行く。私には黄金色の風景はいろいろな意味で遠い(ハハハ)。今日はこの辺りで。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR