ビジネススタートのお知らせ

予告した通り、時計のバイセル(buy & sell)を行うこととなった。昨年長く勤めた会社を辞めて独立したときから考えていたことで、それで食べていくといった大それた構想は持っていない。あくまで今も継続してやっている本業の脇でしかできない。当初は個人でネットを使ってソロリソロリやってみようと思ったのだが、色々な経緯があって結果的には現物を見てもらうためのスペースを確保し、人も雇い、もちろん古物許可証も取得して臨むことになった。場所は東京の千代田区神保町である。が、私は毎日はいない。

スタート時はセールで安く出すが、安売り競争に参入の意思はなく、地味にかつ堅実にやっていくし、資金が尽きたらあっさりとやめるということを決めており、それはメインバンクにも伝えてある。前に時計にだって道はあるに違いないと書いた。私も大好き、皆も大好きな時計のやり取りを通じて多くの人と良い関係を築いていきたいと思っている。オープンは10/4の火曜日。当面は私の手持ちもいくつか放出するので、良いモノが出る(と書いておく)。最初の2~3個は相場より安く出すので、どうか大事な逸品を下取りさせてもらいたいと、ここで営業しておく。

単に売り買いだけではなく、メンテも含めて時計との付き合い方を深めていきたいと考え、いくつかの工房をあたり、提携していただくことになった。機械技術の面で私は素人だが、そこは安心していただける体制が出来つつある。時計のメンテの持ち込みも歓迎する。

ビジネスであってボランティアではない。当たり前のことだが利益を求める。その利益で最低限に抑えた固定費を賄えれば、次の仕入れへの投資となり、より良い商材入手への道となる。利益と顧客の満足度のバランスは、どっちにブレても仕事としては失敗するだろう。誠意や良心は決して失わずに、それでも事業として存続させていくことが当面の目標である。

少ない資金は時計に回したいので、拙いながら自力でHPを立ちあげた。古物免許も司法書士には任せず、この暑かった夏に何度も警察署や各役所に足を運んで取得した。スペース(店舗)は当然狭い。千代田区という都心のど真ん中で10万円以下の物件にたどり着くのに、数えきれない数の物件当たった。まったく激ヤセの2016年夏。安い代わりにそこはある会社の一室間借りゆえ、18時以降と土日は表からは入れないという不便さ。隣室の話し声が漏れ聞こえてくる壁の薄さ。これも最初は仕方ない。ショーケースもオンボロ中古、PCは自前。それでも開業前に資金の多くがすでに無くなった(笑)。

忘れていた。屋号は「ウォッチ・ザ・ウォッチ」。場所は古書街が近い東京は神田神保町、日月は休み。火から土曜日の10:30~19:00。事前にメールで連絡をもらって都合がつけば私も駈け付けるようにする。時計好きたちと会えるのがとても楽しみである。同時に、多くの良質な時計たちと出会えるのもまた楽しみ。普段は店長さんが店にいるのでこちらもよろしくお願いしたい。

ウォッチ・ザ・ウォッチ

最初のブツは年々希少になりつつあるエルプリデイトナとした。U番トリチウム白ギャラ付き。ピカピカのワンオーナー物をオープン記念として相場よりもかなり安く、120を切って出す。自分で言うのも何だが、程度が良いのでお買い得。まあ最初なので。上記リンク先のHPは明日の10時30には公開できる予定。

では、この船が何とか沈まぬよう私もがんばり、ここを時計好きの人たちのひとつの拠点としていきたく、みなさんにもご協力いただければ幸いである。よろしくお願いします。オイパペ
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR