6月、梅雨、やっぱりシード

ニッポンの夏はイイなあ、などと能天気に書いたら、いきなり関東梅雨入りである。そうなのだ。日本の夏にはその前にきわめて鬱陶しい梅雨というものがある。梅雨と言えば雨、降らなくても曇天、ジクジク、暑くて蒸し暑い。まあやっぱりシードだろと書きたくて更新。

それで終わるわけにはいかないのでたまには新しいシードについて書いておく。後継でディスコンとなった116600は、確かにあそこまで不人気であるべき時計ではなかったように思う。6桁サブに比べるとラグはすっきりしていたし、高級感もグンと増していた。それでも売れなかった最大の理由はやはり1,069,200円という驚きの定価だったに違いない。忘れてはいけない事実だからしっかりと書いておくが、前作の16600は税込で609,000円である。175%アップ。この1,069,200円という定価は原価から積み上げたというよりは、闇雲に値上げしたサブデイトとディープシーの間で設定するしかないという事情によるものであろう。サブよりは高くしなければいけないし、ハイスペックなディープよりは安くしないと辻褄が合わない。「まあ他も上げちゃったし、こんなとこでいいんじゃね」と決めたに違いないと私は確信している。メーカーの定価設定なんていい加減なものだ。あなたや私がいい加減なのと同じように、ロレックスの社員や役員だっていい加減なのだ、きっと。ついでに書いておくと、あなたの上司とかだって偉そうに振舞っているかもしれないが、かなりの確率でいい加減なはず。ちなみに、「いい加減」という言葉には、良い湯加減などと同義に良い意味を込めて使われることもあるのだが、私がここで言う「いい加減」とは、「適当」とか「だらしない」とかそっちの方であるよ。

この時計は生産期間が短かったこともあり、プレミアム化を期待している所有者も多いかもしれない。どうだろうか?可能性はあると思う。特に保護シールが付いたデッドストックはそうなる気はする。が、数年後に実際どうなっているかは正直なところは、梨地・鏡面含めてよくわからない。

そして最新の赤シード216600。定価は更に騰がって1,166,400円成り。この時計はまだ現物を手に取ったことがないから詳細は書けないのだが、おそらく質感は前の116600と似ているはず。セラミックベゼルに大きなドットインデックスと太い針。6桁以降の正統派ロレックス。いまだになぜこの時計にサイクロップレンズが付いたのかよくわからないが、まあ付いているものは今さらあーだ、こーだ言ってもしょうがない。いや別にロレックスの時計にサイクロップレンズが付いていても構わないのだが、これまではそれの有無がサブとシードのすみ分けだったのは確かなので、この会社の考えていることはよくわからない。だが、正直なところ行き当たりばったり(要するにいい加減)の会社でもあるので、実は深く考えていない気がする。世界中のロレオタたちの方がよっぽど深く(無駄に)考えている。このキャリバーがどうだとか、字体がどうだとか、マークいくつだとか。そこが面白くもあり滑稽でもあり、そんなこんなを喧々諤々やりながら、日々が流れていくのも悪くない。とりあえずの私の関心は早く梅雨が明けて欲しいということである。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR