反省

それにしても前回の文章は下手だ。あの日、というのは7/1の土曜日の夕方のこと、予定外に仕事が早く終わったので、たまには更新しようとがんばって書いていたのだが、途中で飽きてしまい(すまぬ)、さらに腹が減り、かつ仕事が終わったので無性にビールも飲みたくなってしまったのである。それで、何と言うか、適当というか、かなり雑にそそくさと書き終えてアップ、近所の鄙びた中華料理屋へ行って長崎ちゃんぽん&ギョーザセット・ウイズ・生ビール(生ビールはお代り有り)を。いい気持ちになり、事務所に戻ってグースカピーと寝てしまったのである。今読み返しても支離滅裂だとは思っていないのだが、かなり乱暴な文章であるのは間違いない。

前回の記事で書きたかったのは、自分を含む多くの時計好きは余計な観念に捉われ惑うものだが、そういうものから解放された時計というのは良いものだと、そこで終わっていればスッキリしたのだが、ツラツラと余計なことを書き足すものだから、今読み返してもとても分かりづらい。相変わらず文才欠如である。そういう本当に好きな時計を得たにも関わらず、我は相変わらず余計な観念に縛られているよなあ、でも趣味って結局はそういう「しょうもないこと」に縛られるものだよなと、その堂々巡りぶりを書いたつもり。自分で言うのもなんだが大した内容ではない。だが、「あっ、時計屋のためになっている」…の下りは「ふぇふぇふぇ、我ながらおもろいやんけ」と自画自賛したことをここで告白しておく。ダウンタウンの松ちゃんがギャグを口にして言い終わっていないのに、その面白さについ自分が先に笑ってしまっているのと同じ構図。それに、たまにはこうやって自分で自分を褒めないとブログなど面倒くさくてやってられないという側面もある。

今日の東京は梅雨の中休み。日差しが眩しかった。暑い日が続くので、5桁以上の時計(スポーツ系)はたまには水道水でじゃぶじゃぶ洗うことをおすすめする。やってみると分かるがとっても気持ちよい。細かいことは気にせず、手洗い用の石鹸の泡でゴシゴシ洗ってよい。ただし竜頭はしっかり閉めること、これ大事。そして、多くのロレ好きはもう決して若くはないのだから過信せずお互い身体には気をつけたいもの。夏は大雨による天災やら事故が多い季節でもある。小さい子どもがいる人は特に。平凡な日常こそがありがたい。では、また次の更新で。

【質問への返事】
1675のMK2はシリアル51~の77年製はあると認識している。下記リンク先はMK2のシリアル51~である。針が交換されているので本当にオリジナルダイヤルかと問われたら断言はできない。基本的にMK2は1971年頃の個体に多い。参考になれば。
https://www.hqmilton.com/timepieces/80x7g53r/1978-rolex-gmt-1675-3390
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR