FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回記事の補足として

これは前回記事の補足でもあるのだが、実際に4桁や5桁は市場から急速に消え始めている。コレクターが手放さないことと海外への流出という2つの要因によるもので、欲しいものがある人は押さえるべきだと書いた。また、チュードルのスポーツ系(サブ&クロノタイム)は鉄板だとも。これは決して煽りではない。もはや世界的な事象である。

ロレックスの購入を投資と見做す人、あるいは結果として差益にとてもこだわる人が想像以上に多いというのが時計ビジネスに手を染めてわかったことのひとつ。その是非はともかくとして、そういう人はおそらくチュードル・スポーツ系の高騰は見抜けていたはず。中古ロレックスの異常なまでの高騰、さすがに手の出なくなった層にとって、ロレックスの弟分であるチュードルのスポーツ系に目が行くことは自然な流れだった。チュードルの青サブやカマボコが良い例。春先ぐらいまでは結構安価に購入できたはずであるが、今や70万円前後、驚異的な180%アップほどの値上がり。クロノタイムに関しては、カマボコ791~はもちろん、後継の792~シリーズも良い時計である。まだ比較的こちらのほうは買いやすい価格で推移しており、何度も書くがタイガー以外なら買っておくのは有り、おそらくは早晩騰がっていくだろう。私は個人的にチュードルのスポーツは理屈抜きに好きである。青サブは持っているが、クロノタイムも個人的に所有しておいてもよかったかなと今は思う。とにかくチュードルのいい意味での軽さや安っぽさは(私には)最高である。

【オマケ】
本日、ショップHPにアップした116034を見ていただけだだろうか。このブログのドメイン名でもあり、私が最も愛好したモデルのひとつである。開業して以来、この時計を販売するのが私のささやかな夢でもあった。海外に持っているあらゆる伝手に情報の網を張っていたのだが、やはり難易度高く、これまでこの時計はまったく引っかかって来なかった。過去に個人として所有していたが、理由(わけ)あって手放してしまい、違うシリアルであってもこのモデルの実物を再び手にすることはないと半ばあきらめていたのだ。従ってこの時計を買い取らせてもらったときは感激だった。この場を借りて、まず買い取らせていただいた方に感謝、そしてご注文いただいた方に感謝。お二人ともこれまで過去にも購入や下取りをさせていただいており、大事なお客さんから大事なお客さんにつなぐことが出来たのもまたうれしいことであった。時計屋冥利に尽きた1日だった。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。