FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッションズ

missions.jpg

オメガの限定版には熱いのが多い。中でもこのミッションズシリーズは商品企画としてとても秀逸。合計23本のうちの1本は記念すべきスピマス1stのレプリカ、残りの22本にはアポロ、ジェミニ、スカイラボという各宇宙計画を象徴するイラストが文字盤左のインダイヤルに刻印された。合計23本が限定40セット。それらの時計には、ラグ裏に・・/ 40 の数字が刻印されている。各プロジェクトの飛行船は、無事に月に到達してミッションを達成したものもあれば、爆発炎上して失敗したものもあるが、挑み続けた系譜こそがNASAの栄光であり、そこに供給し続けたオメガの誇りでもある。収納ケースは宇宙服と同じ素材で作成されているという凝り方。殿様商売のロレックスはこういうことは絶対にやらないだろうしやる発想すら持ち得ないだろう。みんなが不快に思う品薄商売が関の山だ、となぜか今日は少々手厳しい。話をオメガに戻す。発売は1998年。こんなオモロイ企画をコレクターが見逃すわけがなくその40セットは速攻で売り切れたという。販売終了後は世界中から再販の要望があり、それに応える形で各モデルが150本限定で復刻された。こちらにはラグ裏に限定の刻印はない。たった150本であるから当然入手は簡単ではない。

missions-2.jpg
アポロのエンブレム。他にジェミニ、スカイラボ計画のエンブレムがある

22種のエンブレムはどれも個性があって面白く、好みが分かれるところで、かつセンスが問われる。ただでさえ入手困難な中でも、その22種にはやはり人気のランクというか、激レアなものがあって、これまで売られているのを一度も見たことがないモデルも多いし、モノによっては軽く100万円を超える値付けがされている。日本ではその状況を把握していない個人や店が安価で市場に出してたりするのが面白い。こういう現象は人気が行き渡ってしまっているロレックスではまず見受けられず、そういう意味でも他のブランドに目を向けるとこの趣味の楽しみはもっと広がる。まだ店に卸していないミッションズが何本か私の手元にあり、いずれ販売するが、激レアがあるのでお楽しみに。

せっかくなのでもう少しオメガの話題を。オメガの限定版が注目されているのは世界的な現象で、かつては比較的安価に入手できたアラスカプロジェクトや丸井限定あたりも2倍近く高騰してしまった。私はイタリア限定(下記写真)が好みで個人的にずっと欲しい欲しいと思っていたが、何せ500個限定なので滅多に売りに出ない。先般ようやく海外のショップで出て、その販売価格は130万円。eBayでは250万円。ここまで幅がある理由は数が少なすぎて相場を形成できないから。こういうのが本当のレア品というのだろう。個体によってはもっとアイボリーに変色しており、同じ白系でもどこか冷徹で剛な印象を与える三越限定やアポロ11号とは違って、柔らかみというか妖艶さというか、イタリア向けというだけあって何とも表現しがたいヨーロッパ的な美をまとった時計なのだと絶賛しておく。こういうのは個人的にも欲しいが、仕入れて売ることができたらちょっと鼻が高い。いやはや惚れ惚れするフォルムだ。「ロレックスだけが時計ではない」キャンペーン中。
Speedmaster_Professional_3593-2000_Italian_Albino.jpg
イタリア限定500個 アルビーノ 3593.20 手巻き
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。