FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然に

今日は日記のごとく徒然に。冬は決して好きではないが、真夏にヴィンテージ時計の使用を控えている私にとっては楽しみな季節でもある。高温多湿の日本の夏は古い時計には劣悪な環境だと私は考えており、5月から10月ぐらいはほぼ16600一本で通している。さすがに毎日つけていると新鮮味もなく飽きてくるが、そこはグッと我慢。10月に入り涼しくなると、普段は棚の奥に収納し月に2回だけ除湿を実施している時計ケースをおもむろに取り出し、一本一本の竜頭をゆっくりと巻き、そしていつでもピックアップできるよう乱雑にトレイの上に並べる。それが私の少し早い冬支度の儀式であり、これら発売から30年、40年経った古い時計たちの出番となるのだ。逆に半年近くの時をともに過ごしたシードとは暫しの別れ。来年の5月までさらば。またあのキラキラと輝く初夏の日差しとともに会おう。

そして今は12月。大して寒くはない東京の12月。師走。いやはや早いものだ。

先々週六義園に紅葉を見に行った。東京住まいではない人に説明すると六義園(りくぎえんと読む)は忠臣蔵に出てくる柳沢吉保が所有していた庭園で今ではライトアップで楽しめる紅葉の名所。若いころは花や木々になどまったく興味はなかったのだが今はやばいほど胸にしみる。無常を想うということか。時計ブログゆえ写真のアップは控えておく。多忙な人こそ、たまには立ち止まって、今の季節をしっかりと感じ取ったほうがよい。時はあっという間に過ぎ去ってゆく。

話題を変える。最近のウォッチ・ザ・ウォッチでの販売では何といってもオメガのジェミニ4号が個人的にはピカイチだった。あれは仕入れに苦労したのだ。随分と前から自分が持つ海外のネットワークにオメガ・スピマスの「イタリア限定」と「青ジェミニ4号」の網を張っている。開業直後だからかれこれ1年。これらは中々引っかかって来ないのだ。高額で商談が成立しないのではなく案内そのものが来ない。つまり売りに出ない。前者は500個限定、後者は2005個限定と元々数が少ない上に、モノが良いので所有者が手放さない。ようやく入ってきた青ジェミニはマジで格好良く店に出すのが惜しいと思ったものだ。でも、これは開業時からとってもお世話になっている方に買ってもらえたからすごくうれしかった。ナイスガイだからあの青は似合うだろうなあ。スピマスの限定モノは本当に格好良いのが多い。カードギャラのエルプリデイトナなどもそうだったが(こんなのもう二度とお目にかかれない)、これからもみなさんに「おおっ!」と言ってもらえるものをがんばって仕入れていきたいと思う。
omega gemini 4 apollo 11 -2
写真は販売商品とは別。左がジェミニ4号、右がアポロ11号。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。