カジュアル時計としての114270~旧エクスプローラーⅠ

このブログを訪問してくれる人の検索ワードで多いのは圧倒的に16610lvと114270である。シードゥエラーやオイスターパーペチュアルでここにたどり着く人がほとんどいないことは少々さみしいが、それだけ旧グリーンサブや旧エクスプローラーⅠが人気モデルだということだ。今日は114270について少し書いておきたい。

これはすでにディスコンとなったモデルなので、さすがに新品の供給は減ってしまったが、このゴールデンウィーク中、吉祥寺DUELで新品が49万円で売られていた。この価格はディスコンとなった今はお買い得であったと思う。シリアルも高年式のV番。このショップは昔からとにかく114270の入荷には力を入れているので、シリアルや出荷国ナンバーにこだわって探している人は相談してみるとよいのではないだろうか。今は5万円上がって54万円で販売中である。ディスコンとなって久しく、その内に供給が途絶えて買いたくても簡単には買えない時期が来るのだから、新品にこだわって探している人は今の内に買っておくべきである。つい1年半前に新品が29万円で買えたという事実には目をつむるしかない。

以前記載したように、私はこのモデルのデッドストックG番をすでに売却している。だが、手放したことについてはやや後悔している部分もある。私はシンプルなこの時計が好きだし、36mmのケース径は細目の自分の腕周りに合っているからだ。従って、普段使い用に買い戻してもいいかなという気持ちもあるのだが、その場合には中古で価格も20万円台が妥当だろうと考えている。少なくとも40万も50万も出す時計ではないと、実際に過去そういう価格で購入した者として、そこは強調しておきたい。この時計はロレックスの中ではカジュアルな位置付けの時計だし、玉の少ない旧グリーンサブのように、将来に渡って高いリセールヴァリューを持ち続ける個体でもない。気軽にガンガン使うべき廉価モデルであり、その表現はこの時計への褒め言葉だと自分は思っている。

r_114270_2 - コピー
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR