水戸にデイトナという店があり

水戸にデイトナという名の店がある。ロレックスで検索すると結構引っかかってくるので、知っている人も多いと思う。ここはもうしばらく更新がされていないのだが、魅力的な中古やアンティークがたくさんあり、表示価格も円安で上昇する前の設定となっていて、ずっと気になっていたのであった。→ロレックス機械式時計専門店デイトナ

変な店でなぜか熱帯魚屋がメインで、小動物と一緒にロレックスを売っているらしく、グーグルのストリートビューで見ると、確かに熱帯魚と高級時計という文字が店の看板に記載されている。さらに調べると、ちょっと行ってみようかと思った。

私はフラッと競馬や観光目的で地方都市へ出かけたりすることは嫌いではなく、よく金曜日の夜に思い立って電車に乗って遠出する。そういう気ままなところがある。そんな調子で、ある土曜日の朝、上野から特急に乗って、この店へ行ってみたのだ。確か2月の終わりか3月の頭ぐらいのことだ。

HPではディープシーやヨットマスターが60万円台で掲載されていて、まあさすがに今もその値段では売ってはいないだろうと思いつつも、多少の山っ気はあって、もしかして本業の熱帯魚や小動物の販売が忙しくて、時計のことは放りっぱなしだったりはしないだろうか。参ったなあ、またコレクションが増えてしまう、などとご気楽なことを考え、そのもしものために鞄にはそれなりの金を突っ込んで行ったのだった。上野から水戸は特急で1時間ぐらいだったろうか、11時前には到着し、店のオープンは11時ということは確認済みだったので、少し駅で時間を潰してからタクシーで向かった。車で15分ぐらいの距離、帰りがやや不安。

店はとても大きく、東京によくあるディスカウントショップ並みの構え。ビルの上の方には大きい文字で「高級時計」と書いてある。オープン直後のまだ誰も客がいない店内に足を踏み入れると、店内にはずらっと水槽が並んでいて、とても時計屋とは思えない。入ってすぐ、正面の大きなショウケースが時計売り場。しかし、しかし、あるのはロレックスの空箱だけ。時計は見当たらない。嫌な予感…。

店内を見渡すと少し離れたところの脚立の上で水槽の中に餌をやっている男性(おそらくオーナー)と目が合い、ロレックスのことを尋ねると、彼は申し訳なさそうに「時計はおやすみしています」と言う。おやすみ?ひとつも置いてないの?と尋ねると、彼は申し訳なさそうにコクリと頷いた。マジですか…。

水戸まで時計を見にきて、売っていないという間抜けさ。店内は広く、熱帯魚だけではなくフクロウや猿などもいる。参ったなと思うが、事前に確認しない自分が悪い。でも何となく笑ってしまった。熱帯魚とロレックスを併売していたオーナーもおかしいし、朝っぱらから、こんなところまで来た自分の馬鹿さ加減も同様。

外へ出ると、外はビュービューと風が吹いていて、だだっ広い国道をダンプがガンガン走っている。タクシーも来ず、仕方なく記憶をたどりながら駅まで歩くことに。「何にもない、何にもない~♪」とハジメ人間ぎゃーとるずの歌を歌いながらの、そこから駅までの道のりはたいへんなものだったのだが、そのことは置いておく。水戸駅へ戻り、駅ビルの和幸でトンカツを食べ、偕楽園に行く気にもならず東京へとんぼ帰りしたのだった。

血眼で安いロレックスを探している人のために言っておきたい。水戸のデイトナという店にロレックスは一個もない。箱だけだ。以下、削除。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR