好きだが買わない時計

今は自粛期間で時計探しもおざなりなので、自分が買わないだろう“好きな時計”について書いてみたい。まず新型グリーンサブマリーナ116610lv。あの文字盤のグリーンは実に美しい。6桁特有のラグがデカいというマイナスを補って余りある。ちなみに最近のロレックスの座布団とも揶揄されるデカいラグは、何度かの研磨に耐えうるようにああなっているという書き込みを読んで、思わずハハハと笑ってしまったのだが、あながちウソではないのではと勘ぐってしまう。所有者の多くが述べているように、たぶんあれには慣れる。人間は慣れる生き物。新型グリーンサブの奇抜な色だって、出た当初は不評だったはず。

この新型グリーンサブは本心からすばらしいと思うのだが、前にも書いたように、私にはまったく似合わない。別に必要以上に自分を卑下するわけではないのだが、何というか輝きの薄い人間というか、華のない人間には似合わない気がするのだ。私は中学生の娘から、「パパは黒か茶色系の服以外は似合わないよ」と言われた男だ。自分でも納得。

同じ理由でおそらく買わないのが、ヨットマスター16622。ジャックロードで初めて見たときに、何て恰好いい時計だろうと思ったものだ。あのキラキラしたプラチナベゼルと赤い針の配色、そして鏡面仕上げのブレスが、高級感と恰好良さのバランスを絶妙に保っている。このシリーズはメンズ、ボーイズ、レディースと3つがあり、家族揃ってヨットマスターを身につけるというコンセプトがある。週末に葉山のヨットハーバーへ行くようなファミリーはぜひ。私には無縁だ。ちなみにこの時計はネットや雑誌の写真より、実物は数倍恰好よい。

少し渋いところでは、先ごろディスコンとなったターノグラフ116264。これも赤い針が映えておしゃれなモデルだが、この程度ならそれほど抵抗はない。並行輸入品のターノが30万円台で買えた時代に、真剣に買おうかと悩んだことがある。ロレックスに興味を持ち始めた頃だ。この時計は最後の最後まで不人気モデルだったが、その理由は何となくわかる気がする。ケース径が今の時代にしては小ぶりだし、スポーツ系でありながら、フルーテッドベゼルがオジン臭さを出しており、そのアンバランスさがどの世代にも受け入れられなかった要因ではないか。若者にとってはオジン臭く、オヤジにとってはガキっぽいというか。だが、このモデルは将来高騰すると当たらない予言をしておく。これも現物のほうが数倍見栄えする。オイスターブレスの黒文字盤が好みだ。

次にデイトジャストⅡ116333グリーンローマン。これは痺れるほど恰好いいと思うのだが、いかんせん存在感があり過ぎるというか何というか。とにかく圧倒的な時計。恰幅が良くて、ブランドのスーツをばっちり着こなし、苦み走った色男がこの時計を左腕にしていたら最高だ。自信のある人は是非とも。

好きだが買わない時計といえば、今のところはこの4つぐらいだろうか。以下、逆にあまり関心がないモデルについて。

ディープシーは私の細腕ではさすがにアウトなのだが、一時期真剣に欲しいと思ったことがある。こういう究極的なまでのスペックは好きだからだ。だが、某時計店でもの凄く下品なオッサンがこの時計を買って大騒ぎしているのを目撃してから一気に冷めた。そういうのって分かる人には分かってもらえると思う。その御仁の写真が今も時計ショップのブログに掲載されているのだが、さすがにリンクを貼るのはやめておく。私にとっては、ディープシーイコールその下品なオッサンのイメージが出来上がってしまった。不幸なことだ。

エクスプローラーⅡは不思議と食指が動かないモデル。たぶんあのベゼルが駄目なのかとも思うが、現物を見てもこれまで欲しいと思ったことが一度もない。サブマリーナデイトは旧型16610lnの購入を考えたことがあるのだが、あまりにも典型的なロレックスのスポーツモデルで、おもしろみを感じることがなかったのと、周りにこれを持っている人があまりにも多いので、新旧ともにパス。ロレックスの王道モデルであることに異議はない。ミルガウスもいい時計だとは思うのだが、やはり私には遠い時計。これについては上手く言い表すことができない。

デザインに対して非常に好き嫌いがはっきりしているだけに、過剰なまでのロレ沼にはまらないで済んでいる気がする。それと好きなデザインが自分には似合わないという分相応な意識。これにも助けられているかと。ただし他人がつけているロレックスについて、あまり否定的に感じることはなく、むしろ「おっ、ロレックス!」と反応することの方が多い。

それとロレックスが本当に好きな人と、単にステータスとしてとりあえずロレックスを身につけているだけの人、この違いだけは嗅ぎ分けられるようになった。どちらがいいとか悪いとかの問題ではない。今日はこのあたりで。

116333.jpg
デイトジャストⅡ116333グリーンローマン(持っていないので、ジャックさんの画像を借りました)
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR