げに恐ろしきものは

時計を下取りに出すとき、身分証明書を提出するが、前にロレックスを3個いっぺんに下取りに出したとき、店員さんに「家人に内緒だからダイレクトメールとか送らないで」と冗談めかしく言ったところ、「え?内緒?この時計たちは一体どこに保管されていたんですか?」と驚かれたことがある。

私は現在6個のロレックスを所有しているが、家にあるのはふたつ。後は知り合いの会社の金庫に置かせてもらっている。最初にロレックスを買ったとき、奥さんには堂々とこう言った。「ロレックスをもらった」と。「へええ、よかったね」。2個目のときも「ロレックスをもらった」と言った。「気前のいい人がいるのね」。いやいや、そんな人はこの世にそうそういない。長く生きてきてそんなうれしい目にあったことは一度もないし、これからも絶対にない。世間知らずにも程があるが、さすがに3個目ももらったとは言えず、別の場所に隠した保管したということだ。

一体人はどうしているのだろうと気になることがある。ロレックスを9個所有する私の友人は全部出張先のタイで5千円で買ったパチ物だと言い張っている。ニセロレックスは俺の趣味だと。実際はその100倍ぐらいの金で本物を買っているわけだ。ディープシーを買ったとき、女房殿に「偽物にしては立派な造りね」と言われてドキドキしたそうだ。

冒頭の店員さんは私の説明を聞いた後で、「実は私も自分の時計を車の中に隠しておいたところ、車上荒らしにあってデイトナを盗まれた経験があります」と泣ける話をしてくれた。時計屋に勤務しているのだから、デイトナぐらいよいではないかと思うが、いやいや、それぞれに深い家庭の事情というものがあるに違いない。

なぜに男はこうも女に頭が上がらないのだろう。男の中の男のウォッチ、44mmデカ厚ディープシーとか言っても、女房にコソコソでは時計も泣こうというもの。旦那が何を買おうが、女房殿がどんなブランドを収集しようがお互いにまったく気にならないぐらいの超富裕層ならともかく、中産階級のロレックスはなかなか難しい。

私が尊敬するある老人、齢70にしてたいへんな見識を持った方なのだが、その人はかつて真剣な顔で、当時まだ30代だった私にこう言った。「げに恐ろしきものは女なり」。

ついでに昔みた外国の風刺のひとこま漫画。気が狂った男が街を歩いている。そして吹き出しにはこう書いてある。「やっと女というものがわかった!」と。

そうそう、最後に書いておく。先日奥さんにこう言われた 「ロレックスくれた人に私にも頂戴と言っておいて~」と。ギクっ!ドキっ!!もしかして見透かされてる?

まったくもって、げに恐ろしきものは女なり、である。(掲載期間限定記事) こそっと解除。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR