114270について再び

相変わらず、ここへ検索でたどり着いてくる人の検索キーワードの最上位は「ロレックス 値上げ」か「ロレックス 高騰」である。それについての有益な情報は何もないので、申し訳ない次第だが、またここでこのワードを書くから、さらに負のループに陥ることになってしまう。今後は自粛しよう。

個々の時計ではやはり114270が多い。今の主流ではないだけに、この品番で検索すると結構このブログが表示されてしまうのかもしれない。ずっとGMTマスターのネタが続いたし、コメントももらったので、今日は少し114270について書いてみたい。

最初に私は114270を今は所有していないことを改めて記載しておく。春先にデッドストックを売り払ってしまった。

だが、そのことは少し後悔していて、500円玉貯金が貯まったら買い直そうと思っていることは前に書いた。私の左腕はひじょうに細い。シードの取れる駒は全部外して、クラスプを一番狭い箇所に調整し、なおかつ逆付けにしても、指2本は入るほどである。おそらく16cmぐらいかと。また夏になると痩せる傾向にあるので、今はもう少し細いかもしれない。

少し話は逸れるが、騎手の武豊は自分のウエイトは手首でわかると言っていた。自分の手首を握ると、痩せたか太ったかがすぐにわかるそうで、それぐらい肉付きに最も敏感な場所なのだそうだ。

私は、身長は平均よりやや高い程度だが、全体的に骨格が華奢なのである。従って、ケース径の小ぶりな時計というのは、どうしても一本は持っておきたい。そうなると選択肢はエアキングか旧エクワン1かデイトジャストあたりになるが、デザイン的には断然114270(又は14270)である。

私の知り合いに時計コレクターがいて、その彼が少し使用感のある114270のGシリアル(!)を持っているのだが、実は先々週にそれを貸してもらって、いま私の手元にある。汗をかく季節なので外では使わない約束。了解を得て、彼の目の前で駒調整をおこない、しかもブレスを逆付けして、はめてみたところ、見事にジャストフィット!ちなみに114270はフルで13駒だが、逆付けにして6時側5駒、12時側6駒、クラスプ位置は狭い方から2段目。これが私の腕にちょうどよい。

前に持っていたといっても、保護シールも剥がさなかったので、私は駒調整した114270をきちんと腕にしたことがなかったのだ(情けない)。もう感動的なまでにピッタリである。思わず、これをゆずってくれと頼んでしまったほどだ。よかったら売ってあげてもいいよと言われた額は、まあまあの価格だったが、我が500円玉貯金では遠い道のり。丁重に断るも、いつかそのぐらいが貯まったらまた頼んでみようと密かに考えている。

はっきりいって、シードやサブのような男らしい派手さはなく、シンプル過ぎて物足りないことは事実。だが私にとって、この時計のフィット感や軽さ、シンプルさは理屈抜きに好ましく、その男らしい時計の対(ツイ)としても持っておきたいなと思うのである。大きくデカく派手な方向に振れている現在のロレックスは、これから先こういうシンプルさにはもう向かわないと思われるので、そういう意味でも、古き良き時代のロレックスを愛する者としては押さえておきたいモデルである。

前にも書いたが、この時計は自分の中ではカジュアル時計の位置づけ。他人と被ることはあるが、つけていて嫌味のないデザインである。この1本だと少々寂しいことは事実なので、ロレックスの王道であるサブやシードとともにシーンに合わせて使い回したいモデルである。アンティークの1016もいいと思うが、数字(369)のデザインは丸まった1016よりこちらのほうが好みである。

各ショップでは中古の114270はじんわりと価格が上がったままとどまっていて、比較的高年式のZやMシリアルあたりでも30万円台半ばが相場。V番なら30万円台後半。Gやランダムは、私のような希少好き馬鹿者のお蔭でえらい高値であり、かつめっきり市場に出てこなくなっているので、そこにこだわるとなかなか入手は難しい。Gやランダムだと出てきても50前後か、もしかしたらそれ以上するのではないかと推測する。

シリアルにこだわらないのであれば、Z番あたりでよいと思うし、使用頻度が少ない個体ならもう少し古くてもよいのではないかと。30万円で新品が買えた時代があっただけに悔しいのはやまやまだが、もう過去を振り返っても仕方ないので、この相場感の中で出来るだけ状態のよい物を選んでいくしかない。

“出来るだけ状態のよい物”、それもまた主観の世界。一般論を述べても仕方ないので、私個人の感覚であることを前提に書くと、リューズの巻き上げが重い個体は避ける。ロレックスはブレスも高額なので伸びにも要注意。ゆるゆるで付けていた人のブレスはたった数年で伸びる。具体的には駒と駒の間隔が空いてしまう。それと小さなキズには目をつぶるとしても、ケースのへこみや打ち傷、風防の欠け等は避けたい。落下やひどくぶつけた可能性があるので。繰り返すがあくまで個人的な判断基準である。ひじょうに売れたモデルなので、程度にばらつきが多く、中古の購入は個体をよく見極めて慎重にすべきかと。

いま市場にはこれといって目をつけている個体はない。まあ当分買う予定もないので真剣に探していないだけなのと、場合によってはいくつか市場に出ているもうひとつ前の14270のミントや未使用を買って、すぐにOHに出してもよいかと考えているからだ。いやいや本命は、いま我が腕にあるGシリアルか。がんばって貯金貯金。この時計は週末に返却予定。ちょっと情が移ってしまっている。

114270-G.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR