GMTマスターⅡスティックダイヤル

先日、九州のJFKコレクションさんのブログでGMTマスターⅡ16710がアップされた際に、また当ブログがリンク付きで紹介された。⇒JFKコレクションさんブログ

GMTマスターⅡDシリアルのスティックダイヤル。「ここまでで何か変だな~と思われた方は相当のマニアの方ですね。通常の品とは違います。そ、れ、は、ここでご確認いただけます。「オイパペ様」ブログでどうぞ!
当ブログ

いやあ参ったなと。最初はふむふむスティックダイヤルか、などと気楽に閲覧していたのだが、途中であれ?えっ?えっ?と気付いた。何ということか!こんな文字盤は見たことがないのだ。

あの記事は海外のあるサイトをベースに、一応は私なりに裏は取ったのだが、JFKさんのあの文字盤は見たことがない。見たことがないなどという文章をここで気軽にアップすべきではない。リンクが貼られているのだから、買った人が読んで不安になるかもしれないし、店にも迷惑がかかる。まずはあの文字盤探し。大げさではなく、この数日世界中のサイトをまわった。結論からいうと、あの文字盤を他でも見つけたので、この文章をアップしている。

その前にJFKさんで売っていた時計のどこが珍しかったかを書いておきたい。まず上の私のブログへ行ってもらうと、私が勝手に名付けたマーク1から3がある。スティックダイヤルはマーク2と位置付けた。2と3を再度アップする。下記の写真の通りだ。上がマーク2のスティックダイヤル、下段がマーク3。これが普通。

stick-dial_20130828012029c5f.jpg
mark3_20130828012032a5c.jpg

マーク2と3はⅡの書体が違う以上に、GMTのGの書体が違うことがわかる。次にGMTとMASTERの間の横棒が、マーク3は左側に寄っていることが見てとれるはず。さらにそのふたつのワードの間隔の真下がマーク3はOFFICIALLYのYがきている。

次に文字盤の上部へ行くと、PERPETUALとDATEのスペースがマーク3はとても広い。これらが2と3の主要な違い。

以上を踏まえて、興味のある人は上のリンクをたどってJFKさんのD番を見て欲しい。GMT MASTERⅡのⅡ(スティック)がRからすごく離れているように見える。最初にこれで気付いたのだ。そして他はすべてマーク3仕様だ。つまりJFKさんのスティックダイヤル仕様は、マーク3でⅡだけがスティックなのだ。

さて、この文字盤探し。結構な時間がかかったが、海外(ドイツのショップ)のサイトで見つけた。⇒ここ

ちょっと画面がぼやけて見づらいが、これはJFKさんのと同じ文字盤だ。chrono24で同じ品を見ることができるのだが、そちらではパーツを拡大して見られるので、そこでも確認した。私が知る限りは貴重な文字盤かと。

私はマーク1、マーク2、マーク3はそれぞれ製造工場が違うのだと想像しているが、もしそれが正しいのなら、マーク3の工場が例外的にスティックダイヤルをプリントしたということだろうか。そのあたりのことはよくわからない。ロレックスは奥が深く、もっと他のバージョンもあるかもしれず、安易に知識をひけらかしてはいけないと反省した次第。今回はお詫びと訂正。

ちなみに上記のドイツのショップでは、16710Zシリアルのcal.3186が売られている。7,590ユーロだから約100万円。
スポンサーサイト
プロフィール

オイパペ

Author:オイパペ
ロレックスとともに

カウンター
最新記事
リンク
検索フォーム
PR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR